2011年5月16日号。<とうに倒産していておかしくない東電の株が今日も取り引きされているという不正義>。

 2011年5月16日号。<とうに倒産していておかしくない東電の株が今日も取り引きされているという不正義>。  3時起床。  いい時間だった。昨夜は新宿の文壇バー「風花」でわが師である平岡篤頼先生の7周忌の集まりがあった。奥様の不二子さんを囲んで大勢の弟子たちが集まった。  こちらは弟子などとはとんでもなくお友達だった古井由吉先生と三田誠広さんが小説論を交わしている。途中で重松清さんも駆けつけた。そういう方々の会話を私はすべて耳にしている。なぜならば、私はカウンターの内側にいるからだ。  70年代の終わりから80年代にかけて私はまだ学生だったにもかかわらず「風花」に出入りしていた。錚々たる作家や評論家たちの論戦を聞いていた。近くにはゴールデン街というものがあったが、私はそちらはあまり好きではなかった。「論」だけを述べるのではなく「実績」のある人びとが「風花」には集っているのが好きだったのだ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。