2011年5月13日号。<「春は名のみの風の寒さや」を知らぬ朝日新聞が囃す日本人の感性抹殺記事>。

 2011年5月13日号。<「春は名のみの風の寒さや」を知らぬ朝日新聞が囃す日本人の感性抹殺記事>。  3時半起床。  仮綴本の情報を厖大にいただいた。ありがとうございます。確かに同人誌やら自分史やらがこれほど作りやすくなった時代はないわけで、そうした需要がたくさんあるのは当然だと思った。  私が早稲田大学少女マンガ研究会にいたころは同人誌を作るというのはまさにインクまみれになるような大変な作業だった。ご想像がつくと思うが私はこうい実務には向かないというかまわりに迷惑をかけるので、そばからゴチャゴチャ言うだけの存在でしたが。今やメールでデータを送れば製本されて完成品が送られて来るんですからね。  「文藝春秋さんだったら出入りの印刷屋で手をあげるところがいくらでもいるでしょう」という声もたくさんいただいた。普通はそうなんでしょうがあそこにいた時の感覚から言うと、戦艦大和みたいなかんじでなかな

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。