2011年3月15日号外2。<首都圏のみなさん。消耗品を買う前に立ち止まってまず考えよう>。

 2011年3月15日号外2。<首都圏のみなさん。消耗品を買う前に立ち止まってまず考えよう>。  冷静に、しかし最大限の注意を払って、首都圏のみなさんは福島原発の行く末を見守ってください。  「直接の情報」は政府から出されている。しかしそれが「本当のこと」なのかどうなのかは見極めが必要である。「周囲の出来事」から「中心部で起きていること」を推測する努力をしておかなくてはいけない。  メディアを含めた多くの会社で午後になって帰宅命令が出た。これは放射能汚染を危惧したというよりも、帰宅にこれまでのような大混雑にまきこまれないようにとの配慮もあるだろう。  帰宅時に「買いだめ」をしようと考えている方は、少し立ち止まって思いなおしてほしい。都内ではトイレットペーパー、女性の生理用品などが棚から消えている。「いつもなら買わない」のなら、そちらを選ぶことだ。「自分だけ買い占めできればいい」という考え方

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。