2010年11月29日号。<チンピラ2次団体を破門もできない支那組は親分衆の奔走が忙しいことで(嘲)>。

 2010年11月29日号。<チンピラ2次団体を破門もできない支那組は親分衆の奔走が忙しいことで(嘲)>。  3時半起床。  もはや「情報」や「機密」といったものの概念そのものが根幹から崩れてきているように思われる。  情報を管理することで存在感を示してきた国家や企業などの組織のあり方もこれから革命的にかわっていくのではないか。  ウィキリークスの「予告」に世界中の「管理する側」が戦慄しているさまはそれを象徴しているように私には思われるのだ。  <ウィキリークスが新たな機密文書公開か-外交への影響懸念>  http://jp.wsj.com/US/Politics/node_153140  <オバマ政権は24日、内部告発サイト「ウィキリークス」が米国の外交機密文書を暴露する準備を進めていると議会に警告するとともに、外国政府への通知を始めたことを明らかにした。公開されれば友好国や同盟国との関

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。