2010年11月11日号。<「愛国的公開」義士が「名乗り出た」意味について今朝、私たちは子どもたちに語ろうではないか>。

 2010年11月11日号。<「愛国的公開」義士が「名乗り出た」意味について今朝、私たちは子どもたちに語ろうではないか>。  3時半起床。金沢。  彼の義挙はこの行為をもって完結した。  「公開をしたもの、一歩前へ」で、自ら足を踏み出したのである。私たちがなすべきことはその背中を支えることだ。法的に問題であると言うならば、法廷に立たせればいい。裁く側は力を持っている。しかしその力を行使すれば行使するほど、人間としての薄汚さ、惨めさ、そして歴史において真に裁かれるのは誰かというかとが明らかになって来るだろう。  尖閣紛争の真実の映像を「愛国的公開」をしてくれた勇士が名乗り出た。  <神戸海保職員を逮捕へ/尖閣映像流出させた疑い>  http://www.asahi.com/special/senkaku/TKY201011100241.html  <沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐる

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。