2010年10月27日号。<支那の反日デモを反体制運動として見るとき、私たち個人の日々の明日にもかかわってくるのだ>。

 2010年10月27日号。<支那の反日デモを反体制運動として見るとき、私たち個人の日々の明日にもかかわってくるのだ>。  3時半起床。京都。  あきまへん。ガツンと来た。私、これでも惚れやすいんです。それで人生、ずいぶんと無駄…おっと素敵な想いをしてきた。わははははは。特に街と女があきまへん。  実は京都に泊まるということは滅多にない。どうせなら大阪の定宿か実家に帰るのである。しかし今回、珍しく泊まることになった。これで、やられてしまった。  昨夜のことを書こうと思っていたのに、もう今朝の払暁に上書きされてしまっている。5時前ごろ、コンビニに食べ物を買いに出た。宿からはかなり遠いのである。しかし昨夜散歩している私にはむしろその距離が愉しみになっている。この宿がまた、実にいい。全国にある大手のホテルなのだが、客の顔をスタッフがみんな覚えている。タクシー乗り場にいるベルボーイも「お早いですね

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。