2010年6月14日号。<「みんなが小金持ち」という社会を売りつける幻想を共産主義と言う>。

 2010年6月14日号。<「みんなが小金持ち」という社会を売りつける幻想を共産主義と言う>。  3時半起床。  その光芒はまさに私たちの大和魂そのもののように見えた。  おかえり、『はやぶさ』。存在としての君は燃え尽きても、そのすべては日本民族の記憶の中に生き続けている。  <【はやぶさ】カプセルが帰還、大気圏に再突入>  http://sankei.jp.msn.com/science/science/100613/scn1006132308005-n1.htm  <宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると13日午後11時前、小惑星探査機「はやぶさ」の回収カプセルが地球の大気圏に再突入した。エンジン故障や通信途絶など、数々の困難を乗り越えてきたはやぶさは、約7年間の宇宙の旅を終えて帰還した。>  いつも絶望している大マスコミを珍しく褒めるならば『はやぶさ』の報道は各社がそれぞれの腕を競

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。