2009年10月31日号。<「21世紀のアレクサンドリア図書館を日本国に」という東大教授のまことに建設的で魅力的な提案>。

 2009年10月31日号。<「21世紀のアレクサンドリア図書館を日本国に」という東大教授のまことに建設的で魅力的な提案>。  4時起床。  最近、東京の西側の郊外に行くことが重なっている。『日経パソコン』  http://pc.nikkeibp.co.jp/pc/npcs/aw/  の取材で電機メーカーの研究所や工場に行くのである。  だいたい私の仕事場から1時間ほど。多摩川をわたった西側にある。  昨日は横浜線の鴨居というところにあるパナソニック系列の企業に行った。またも私がヘタを打つやりとりはぜひ『日経パソコン』で読んでいただきたいが、立派な建物群に驚いた。パナソニックだけではない。さまざまな企業が巨大な戦艦を思わせる建築物を並べている。  以前行った別の場所もそうだった。こういうものを見ると、単純な私は日本の経済の底力はまだまだ捨てたものではないと思う。そして中に入って、企業の最前

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。