2009年9月17日号。<「普通の民主主義国家」誕生でアメリカはむしろホッとしているとの声も聞こえてくる>。

 2009年9月17日号。<「普通の民主主義国家」誕生でアメリカはむしろホッとしているとの声も聞こえてくる>。  3時半起床。  あまり寝ていない。昨夜は遅くまで新内閣の面々の会見を聞いてしまった。  惰性ではない。ひとりひとりの言葉が持つ力に、寝ることが惜しかったのだ。  鳩山由紀夫新首相をはじめとして、多くの閣僚がペーパーに頼ることなく、自分の言葉で就任の抱負を語り、記者の質問に答えていた。もちろんいちおう紙は用意されているようで、特にひとことひとことに外国からの注目が集まる岡田克也外相などはさすがにそのあたり慎重だったが、閣僚の何人かはむしろ記者とのやりとりを楽しんでいるようにすら見えた。  一方で紋切り型の質問しかできない記者クラブの皆様の十年一日ぶりもこれまたあぶり出された。  やはりそれぞれの分野で野党として苦労しながら自分の専門をきわめてきた人材を起用したことが生きていると思

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。