2009年6月30日号。<平和都市ヒロシマの市長は民間人の講演に対して事前検閲と言論弾圧を公文書で行う男>。

2009年6月30日号。<平和都市ヒロシマの市長は民間人の講演に対して事前検閲と言論弾圧を公文書で行う男>。  4時半起床。  今年も今日で半分が終わりである。個人的にはまた本がどんどん出るし、考えてみればこの半年の間にニュヨークタイムズと韓国3大紙に拉致された同胞を奪還する意見広告を出せたわけでまあよく動き回ってはいると思うのだが、どうも世の中というか世間的には充実した半年だったという感覚が全くない。なぜかと考えてみて、これはず~~~~っと解散解散と言われ続け、それに伴う場当たり的なバラまきと、信じがたい政治屋の醜態ばかり見せられてきているからだと思い当たった。  よく私はモノを作らない虚業の生産量はGDPに入れるなと言うが、まさに虚政。何ごとも生み出さない馬鹿騒ぎを続けている一方で、後継政権にカネを渡してたまるかとばかりに私たちの財布からカネをやりたい放題抜いていたのが、この半年の日本

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。