2009年6月2日号。<金融機関ではなく製造業の破綻を政府が救うという、資本主義は私たちの知らない新しい段階に入った>。

2009年6月2日号。<金融機関ではなく製造業の破綻を政府が救うという、資本主義は私たちの知らない新しい段階に入った>。  4時半起床。  都内で朝日新聞をとっておられる方は、昨日の夕刊をちょっと見ていただけますか。  地域によって違うのかもしれないが、私が都心で受け取ったものは真ん中あたりに旅行会社の広告が掲載されている。  見開きに何社かが入っているのだが、右側のページが「半分しかない」んですね。いや、広告が「半分しかない」のではない。ページそのものが「半分しかない」のである。え~、説明しにくいな(苦笑)。つまり紙がいつもの4分の3しか使われていないわけ。右側のページが半分、ばっさりと切れているんですよ。  長年さまざまな新聞を見てきているが私の記憶では紙そのものを切ったなどというのははじめてだ。広告が入らなくて新聞社が厳しいとは聞いていたが、その中でもまだ余裕があると言われる朝日でも

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。