2009年5月21日号。<首都圏の最初の感染者が「検査をしたがすり抜けた帰国者」であったことへの「ヘンな感じ」>。

2009年5月21日号。<首都圏の最初の感染者が「検査をしたがすり抜けた帰国者」であったことへ「ヘンな感じ」>。  3時半起床。  今日は早い便で大阪入りをするのでこの時間に起きなくては日記を送ってから出発できない。もっとも早くしたのには事情があって、番組のせいもあるが少しでも関西の現状を見て来ようと思ったからだ。  今夜の泊まりも局がとってくれてあったホテルをキャンセルして、実家に泊まって新型インフルエンザに対する医療の前線の現状を見聞して来ることにした。  万一ということがあるのでトークショウの前だったら自粛したと思うけど、なんとか無事に終えることができたので。  臨機応変と言えば聞こえはいいが、ではこれまで何年間も税金を使って策定してきた対策は何だったのかという気もする。弱毒性のウィルスの場合の、ソフトな対応のマニュアルというものはなかったのか。  <軽症は自宅療養も、21日にも新た

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。