2009年1月26日号。<国に食わせてくれと言うならばあなたは国に何をしてきたのかくらいは納税者としては聞きたいものだ>。

 2009年1月26日号。<国に食わせてくれと言うならばあなたは国に何をしてきたのかくらいは納税者としては聞きたいものだ>。  3時半起床。  昨日は何週間ぶりかで休みらしい休み。もっとも私の休みというのは、ひとにコントロールされることなつく落ち着いて資料を読んだり身体を作り直したりできる時間ということだが。  この「ひとにコントロールされる」ということがいまの日本ではひとつのテーマになっているのではないか。「派遣」がそうだ。誰が、何が、自分の人生を決めているのか。  かつて小説や映画のテーマのひとつは「運命に翻弄される」だった。「運命に翻弄される」ヒーローやヒロインがそれに負けずに立ち上がっていくことに人々は拍手した。そしてそれに自分を重ねて負けてはいけないと考えた。  「ひとにコントロールされる」のと「ひとのせいにする」のはは違う。そしてまた「運命に翻弄される」ヒーローやヒロインがどう

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。