2008年12月3日号。<危機こそ果断な改革をやってのける好機。蛮勇振るう乱世の奸雄こそあらわれよ>。

 2008年12月3日号。<危機こそ果断な改革をやってのける好機。蛮勇振るう乱世の奸雄こそあらわれよ>。  4時起床。  年末から年始に向けて臨時の番組などが続々と飛びこんでくる。マネジャーからのメールをあけるのが怖い。「新たな3件について」などとタイトルがあると、読まずにそのまま削除してしまおうかと思う(笑)。  とはいえ身体の許す限り、依頼はすべて受けてしまうんですよね。地方の講演でもさまざまな局のスタジオでも、私の前に並んでくださっている方々の受け止め方の熱さが、最近になって全く違ってきているのを感じて、ここから逃げてはいけないと思うのだ。  さすがに温厚な日本人も堪忍袋の緒が切れたというべきだろうか。  講演を終わったあとや、テレビ局から出た時に、もみくちゃにされて握手を求められるようなことが増えた。  観客のみなさんだけではない。スタジオのフロアにいるスタッフなどが私が喋っている

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。