2008年11月20日号。<では麻生首相がウォーキングを再開した時には犯人逮捕の目星がついたと思っていいんでしょうか>。

 2008年11月20日号。<では麻生首相がウォーキングを再開した時には犯人逮捕の目星がついたと思っていいんでしょうか>。  4時半起床。  昨日また、日付を間違えていました。正しくは<2008年11月19日号>でした。お詫びして訂正します。  踏襲を「腐臭」と読もうが、酒席でアメリカ大統領からの電話をとろうが、まだマンガもとい、ガマンをしてきた。  しかし、この行為だけは私は看過しがたい。麻生太郎首相は日本の統治者の地位から即刻退場すべきである。  <首相「いたましい事件」/朝の散歩取りやめ>  http://www.asahi.com/politics/update/1119/TKY200811190049.html  <首相はこの日、日課としている自宅周辺での朝のウオーキングを取りやめた。記者団には「(警備に)負担がかかると思ってやめた」と説明した。>  バラク・オバマは自らを狙う暗

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。