2008年11月19日号。<国家が本当に腐敗した時に不幸なテロの季節の幕があく。これはその前奏なりや?>。

 2008年11月19日号。<国家が本当に腐敗した時に不幸なテロの季節の幕があく。これはその前奏なりや?>。  4時半起床。  風邪が抜けない。こんなことは近頃ちょっとないので困っている。  それにもかかわらず今週は、明日佐世保で講演があり、そのまま大阪へ移動して番組、更には週末に身内の義理ごとが二つ重なるという過酷なスケジュールなのだ。  となれば『天国のいちばん底』を書く時間がどうしても見当たらないので、昨日の『ムーブ!』前にホテルの部屋で半分横たわりながら執筆した。更に、またもや月曜日休みのために繰り上がっている『SPA!』も入れる。本当は今日でいいのだが、体調がどうなるか自身がなかったので。  そんなフラフラの状態で出かけた『ムーブ!』だったが、スタッフルームは活気に満ちていた。みんなあと4ヶ月で「歴史に残る退き口」を見せてやろうと燃えていた。  私のもとには読者から膨大な数の、失

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。