2008年10月31日号。<神田高校を立て直そうという校長先生の努力が生んだ物語にあの意外な人物が涙していた!>。

 2008年10月31日号。<神田高校を立て直そうという校長先生の努力が生んだ物語にあの意外な人物が涙していた!>。  4時起床。  解散総選挙はどうやらはるか遠くへと去っていった。  本来ならば今日、麻生さんは解散について触れるはずだったが、彼が語ったのはそれの先送りについてだった。  <麻生首相、3年後に消費税増税/解散は当面先送りの意向 >  http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081030/plc0810302101022-n1.htm  <衆院解散・総選挙の時期は「政局より政策、景気対策という世論が圧倒的に多い」と、当面先送りする意向を示した。>  見出しのもうひとつのポイント、あまりに愚劣な経済政策については、日を改めて書く。  私たちの財布からカネを抜いていって、まわりまわって法華の財務とパチンコ屋経由で金豚にくれてやるつもりらし

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。