2008年10月9日号。<破綻しつつある世界経済の最後の救世主となりうる日本国にふりかかったノーベル賞バブルの不思議>。

 2008年10月9日号。<破綻しつつある世界経済の最後の救世主となりうる日本国にふりかかったノーベル賞バブルの不思議>。  4時起床。  いやはや「とてつもない日本」だ(爆笑)。後期高齢者でアメリカ在住の日本人がまたもノーベル賞を受賞した。  <ノーベル化学賞に下村脩さん/蛍光たんぱく質を発見>  http://www.asahi.com/science/update/1008/TKY200810080238.html?ref=reca  <スウェーデンの王立科学アカデミーは8日、今年のノーベル化学賞を米ウッズホール海洋生物学研究所・元上席研究員の下村脩(おさむ)さん(80)と米国の研究者2氏の計3人に贈ると発表した。下村さんは、オワンクラゲの発光の仕組みを解明する過程で、緑色蛍光たんぱく質(GFP)を分離し、その構造を解明した。GFPは、生命科学の研究で、細胞内で動く分子にくっつけて追

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。