2008年8月10日号。<五輪の晴れ舞台で自らの革命の「成功」を喧伝できなかった支那の惨めさよ>。

 2008年8月10日号。<五輪の晴れ舞台で自らの革命の「成功」を喧伝できなかった支那の惨めさよ>。  3時半起床。  第一報を聞いた時は、テロだと思った。なぜ会津若松なのかとも。  しかしすぐに工作員の一人が「あそこには昭和電工があるから」と教えてくれて、なるほど工場で使っていたのかと納得した。  とはいえ危ないにもほどがある。  <ホスゲン漏れ、被害は13人に バルブ誤操作原因か 昭和電工>  http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/080809/dst0808091802009-n1.htm  <福島県会津若松市の昭和電工東長原事業所で9日朝、有毒ガスの「ホスゲン」が漏れた事故で、のどの痛みなどを訴えて病院に運ばれた被害者は13人となった。いずれも軽症とみられる。>  まず言っておくとホスゲンとは、化学兵器そのものだ。第一次世界大戦で使われ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。