2008年8月8日。<北京五輪開幕よりも、毒餃子について日本国政府がどう対応するかを私が見ることができない日本国の新聞は一面にしているのか>。

 2008年8月8日。<北京五輪開幕よりも、毒餃子について日本国政府がどう対応するかを私が見ることができない日本国の新聞は一面にしているのか>。  4時起床。まだマレーシアの田舎町。  支那の五輪の開幕の馬鹿騒ぎは、そのニュースが伝わってこないような辺鄙な場所で迎えてやろうと思っていたが、どうやらほぼ成功しつつある(笑)。  当地は華人が多い場所ではあるが、みんなほんど興味がない。せめて五輪のポスターのひとつも貼ってあるかと目を皿にしたが、これまでのところあの大陸でそうした催しがなされていることを報じるものはひとつも見当たらない。  テレビもそうだ。今日、支那で馬鹿騒ぎが始まるということをニュースは全く伝えない。  それよりも淡々とサッカーやカーレースといった「プロたち」の仕事を流している。  私は日本の外にいる時に五輪やW杯にめぐり合わせたことが何度かあるが、思い返せばW杯には人々は熱狂

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。