2008年6月13日号。<富山、鳥取、長崎。私が愛する街は新幹線が通っていないところばかりだなあ>。

 2008年6月13日号。<富山、鳥取、長崎。私が愛する街は新幹線が通っていないところばかりだなあ>。  4時起床。富山市。  宿の窓の向こうには、まだ谷ごとに雪を残した北アルプスが見える。なんという贅沢な借景を持つ街であろう。欧州で歩いてきたいくつかの場所を思い出す。  そういえば昨夜の光景も何か欧州的だった。富山市の建築物は背が高くない。それでいてどっしりと地に根をはったようなところがある。  これは本当に建築が好きな人種が作る建物なのだ。馬鹿ほど上に伸びたがる。東京や大阪の空を見るがいい。  富山の夜は暗い。無駄なイルミネーションがないからだ。そのくせそこここに、ぼうっと温かいタングステンの灯がともっている。この雰囲気も日本離れしている。  富山は持ち家率日本一で、建築道楽の風土で知られているが、なるほどと思った。道楽という言葉は文字通り、道を楽しむのである。カネにあかせて景観を壊す

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。