2008年4月23日号。<光市母子殺人事件で裁判所に正しい判断をさせたのは世論という名の「裁判員」である>。

 2008年4月23日号。<光市母子殺人事件で裁判所に正しい判断をさせたのは世論という名の「裁判員」である>。  4時起床。  今日と明日とは今年前半の山場だ。今日は『ストリーム』を終えたあと、名古屋へ向かい、パネル・ディスカッションの司会をする。  終わって夜遅くなのだが、最終の新幹線ででも帰ってこなくてはいけない。明日6時の迎えで東京の仕事があるのだ。  さて、このスケジュールで木曜日のノルマの『天国のいちばん底』と明日お送りするこの日記をどこで書くか(苦笑)。  今夜は眠れないかもしれないなあ。  日本国民全員が、ひとあし早く裁判員を見事に務めきった。  光市の母子殺人事件の差し戻し審での、事実上の死刑確定判決を、私はそう評価するものである。  <光母子殺害、元少年に死刑判決/広島高裁差し戻し控訴審>  http://www.asahi.com/national/update/042

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。