2008年2月20日号。<あの漁船がテロリストの自爆ボートだったらと、自衛隊は事態を深刻に考えよ>

 2008年2月20日号。<あの漁船がテロリストの自爆ボートだったらと、自衛隊は事態を深刻に考えよ>。  4時半起床。  20年前『週刊文春』記者であった私は、海上自衛隊の潜水艦『なだしお』と釣り舟との事故の取材に走り回っていた。釣り舟の名前は確か第一富士丸だったと思う。  「思う」という書き方しかできない情けなさ。とほほほほほ。  パソコンのクラッシュでネットにつなぐことができないので、こういう時にすぐに確認やリンクを貼ったりすることができないのがまことに辛い(泣)。  今日中には何らかの形で復旧するので、明日からはいつものように電脳の空間を自在に駆けめぐる日記をお送りできるはずだ。  仕事場で書くならばまだアナログな調べ方で資料に当たることができるのだが、出先ではそれが出来ない。いかにものごとを調べるのに、これまでネットに頼っていたかがよくわかった。  もっとも、一昨日からの私は「地あ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。