2007年12月3日号。<北京に五輪旗はためく時もチベットでは武装警官が僧侶たちを殴りつけているのを国際社会は許すのか>。

 2007年12月3日号。<北京に五輪旗はためく時もチベットでは武装警官が僧侶たちを殴りつけているのを国際社会は許すのか>。  3時半起床。  昨日の日本対韓国の野球はついつい見てしまった。  デッドボールに無理やり当たっていくというような、日本人の感覚ではわからない「韓流ベースボール」に巻き込まれても、きっちりと我らが選手たちは勝った。  星野監督の采配は武士道ですね。たとえ負けても、日本人との矜持をどうするかということがわかっている。相手とは人種が違うんだということを示している。  いやあ、星野ジャパンのおかげで野球の話から始められてよかった。  かつてのウェブ日記からこの配信方式にかわって、どうしても政治経済の固い話になりがちなことを、ときどき自戒している。  日記なのだから、私の周囲のその日の空気や出来事をできるだけ綴っていきたい。  だんだんと顔が知られるようになるとセキリュティ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。