2007年10月13日号。<波田陽区くんの起死回生の一発は内藤大助さんのモノマネか(笑)>。

 2007年10月13日号。<波田陽区くんの起死回生の一発は内藤大助さんのモノマネか(笑)>。  5時起床。尼崎市の実家。  雲ひとつない秋天に、窓をあける。都心のビルにしては味わえない、人々の営みを含んだ音と匂いが流れ込んでくる。私が生まれ育った街の空気だ。  7時になると、間延びしたような音がかすかに伝わってきた。どこかの工場の操業開始のサイレンなのだろう。私は一瞬にして、小学生のころの自分になる。  あのころは、もっとサイレンの音は大きく、頻繁に鳴った。いま、サイレンを鳴らすような工場は減り、海辺の工業地帯と私の実家との間には建物も増え、かすかな音がひとつだけ聞こえるようになったのだろう。  今日は窓をあけて小説を書くことにしよう。この家にいた日々を綴っている『天国のいちばん底』なのだから。  昨日はさすがにヘロヘロになった。この日記を送って、8時に都心を出て大阪へ。収録を3本終えて

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。