2007年9月12日号。<大相撲の最大の理解者を言論弾圧した北の湖理事長が掘った墓穴>。

 2007年9月12日号。<大相撲の最大の理解者を言論弾圧した北の湖理事長が掘った墓穴>。  5時起床。  夜中に何度か、窓を叩く雨と風の音で目が覚めた。小さな低気圧が通過していったようだ。  来るぞ来るぞと言われてやって来る台風よりも、この方が「野分」と古人たちが言ったものに近いようにおもわれる。不意にやって来る風雨だからこそ、風の音にぞおどろかれぬる、となるのだろう。まさに、秋来ぬと目にはさやかに見えねども、と藤原敏行になった夜であった。なんだか天声人語みたいで凄く嫌な書き出しだな(笑)。  その天声人語だが、最近は皮肉る気にすらならない。純粋に、頭が悪いのである。  今日は慣用句を取り上げておられた。  http://www.asahi.com/paper/column.html  (9月13日以降にお読みの方は、12日の欄をクリックして下さい)  <首相の「職を賭す」発言を伝える新

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。