2007年7月9日号。<首相も農水相も「先代」の時代はドンブリ勘定の政治資金でよかったのにね>。

 2007年7月9日号。<首相も農水相も「先代」の時代はドンブリ勘定の政治資金でよかったのにね>。  4時起床。  自民党は全員一致で「プリンス」を担いだことの怖さを、改めて感じているだろう。もはやそういう時代ではなかったのだ。  赤城徳彦農水相が、自殺した松岡さんの後任になった時、与党内には「まあいい線じゃないの」という空気が流れた。あのバタバタの中では、無難な選択肢だったのだろう。  しかし、えてしてそういう時に危険が潜んでいるのである。  赤城さんの「育ちの良さ」と「生え抜きの自民党政治屋」であることが、どんどん安倍政権の首吊りの足を引っ張っている。  お母さんは「自宅はほとんど事務所としては使っていない」と言ってしまった。「先代の時代ははともかく」だそうだ。ここでもやはり「先代」ですよ(笑)。  それに対して安倍さんは「私の父のころも、自宅は選挙などの拠点だった」と言っている。その

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。