2007年5月10日号。<支那の偽物根性がついにパナマの子供たち100人を殺した>。

 2007年5月10日号。<支那の偽物根性がついにパナマの子供たち100人を殺した>。  4時半起床。  いやはや、昨夜は真っ青ならぬ真っ赤になった。文字通り全身が、である。  昨日の香川での『ムーブ!』の取材は16時ごろ終わった。高松空港からのフライトは19時5分なので、移動を考えても2時間ほどある。ロケ終わりの坂出市は、瀬戸大橋のある場所なので、新幹線での帰京にしようかと少し考えたが、こういう時に私を誘導するのは、酒呑みとしての本能の方だ。  「この時間から何ぞ、地モノの旨いもの食わせるところはないですか」と、取材先に聞いて、とある店に出かけた。新幹線で弁当を食うよりは、瀬戸内海の魚を食って飛行機で帰る方を選んだのである。  瀬戸内は、肌の青い魚が旨い。目の前の漁港で獲れたものを、家庭でやるようにサッと料理したものが絶品だ。  その店では、軽くしめた鯖や、南蛮に漬けた鰺が私を誘惑した。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。