2007年4月23日号。<お涙候補を下した長崎市長選挙に見る常民良民の良識>。

 2007年4月23日号。<お涙候補を下した長崎市長選挙に見る常民良民の良識>。  4時半起床。  統一地方選挙は、福島と沖縄は私が昨日書いた通りになりましたね。本当は長崎も、思った通り、と今日書けるように昨日予言したかったのだが、これは公選法ギリギリなので無理だった。選挙についてはあとでたっぷりと書くことにしよう。  昨日は、恩師の平岡篤頼先生の3回忌に行ってきた。  武蔵小山のお寺で法事のあと、恵比寿のウェスティンホテルで会食となった。  ほとんどがご親族でなかなか私の居場所がない中、平岡先生の後輩である、早稲田大学の教授たちのテーブルで、ようやく今の文学の状況についての話が弾んだ。  私ごときが、みなさんの前で挨拶をすることになり、『彼岸まで。』が間に合ったことを話すうちに、何だか先生に語りかけるような口調に自然になってしまった。  「先生、26年も待っていただきましたが、ようやく小

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。