2007年4月19日号。<長崎市長の死をどうしても平和運動と結びつけたい朝日の傲慢>。

 2007年4月19日号。<長崎市長の死をどうしても平和運動と結びつけたい朝日の傲慢>。   5時起床。  最初に訂正をひとつ。  昨日のメールでハージニア工科大乱射事件の犯人について<犯人が持っていた銃は22口径と9口径の短銃だったようだ>と書いた中で9口径は口径9ミリの間違い。そのことを指摘すべく頂戴したメールの多さに驚くと同時に嬉しくなった。  「軍事を知らずに平和は語れない」というのが私の持論だが、このメールを読んで下さっている方々の現実感というのは素晴らしい。人々に軍歴がある支那や朝鮮と、リアルな駆け引きをしていくためには、これは大切なことだ。  いつもそう言っているおまえがしょうもない間違いをするな、と言われればスミマセンというほかはない(苦笑)。  リンクを貼った東京新聞の記事の  http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。