2007年4月18日号。<長崎市長銃撃に見る民主主義の手続きへの緊張感の欠如>。

 2007年4月18日号。<長崎市長銃撃に見る民主主義の手続きへの緊張感の欠如>。  6時起床。  太平洋を挟んで、銃が社会を震撼させた一日だった。  日本国においては、伊藤一長長崎市長が、選挙運動中に撃たれて亡くなった。  http://www.asahi.com/national/update/0417/SEB200704170019.html  心からご冥福をお祈りするとともに、「この国の劣化」がここまで進んだかということに、慄然とする。  いつも私が指摘している、日本国の「発展途上国化」の、これも一面だろう。  報道の第一報というのは混乱するのは仕方がないが、この事件に関しては「要素」の点でも、いくつかの混乱が見られるので整理しておいた方がいい。  まず「余計な要素」を取り除いてみよう。今回の銃撃が「特殊」である点が二つある。「長崎市長が撃たれたのが二度目」であることと、「平和運動

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。