2007年3月31日号。<教科書が世につれる必要は一切なく古典を淡々と入れればいい>。

 2007年3月31日号。<教科書が世につれる必要は一切なく古典を淡々と入れればいい>  5時起床。  右手の腱鞘炎がえらいことになっている。重いカバンが持てずに、飛行機で荷物入れから取り出す時に、取り落としそうになる。  首をひねっていた。大量に週刊誌連載を抱えていた時には、もっと書いてことを考えると、今の本数などとるに足らないはずなのに、なんでこんなに痛いのかと。  馬鹿な話で、このメールのことをすっかり忘れていたんですね。  ♪チョット一杯のつもりで飲んで~、ではないが、ウェブ日記の時と同じつもりで始めたものの、♪いつの間にやら3倍に~。わははは。400字詰め原稿用紙2枚ちょっとだったのが、今では毎日8枚程度書いている。  ということは、月に240枚。これに加えて小説がざっと70枚。これだけで月産310枚である。  それにさまざまな連載のレギュラーを加えると、まあかなりな枚数を書いて

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。