2007年3月30日号。<愛知県の思わぬ場所で外国人増殖と絶品のホルモン発見>。

 2007年3月30日号。<愛知県の思わぬ場所で外国人増殖と絶品のホルモン発見>。  5時起床。愛知県安城市のホテル。ようやく夜が明けてぎたが、外は嵐。ゴウゴウと風が鳴り、雨滴が窓にぶつかっている。眼下の駐車場では、白い布が巻かれるように、溜まった水が吹き上げられている。  これで桜も散ってしまうのではないだろうか。  今年は妙な開花だった。誰もが心待ちにしているところへ、満を持して咲くというのではなく、いつの間にか咲いてしまっていて、気がつくと、もう一輪、二輪と、散っている。  この国の民族が桜を愛したのは、その潔さとけじめのせいだった。それが今年は感じられないのは、桜花までもが、それを愛した民族の劣化を嘲っているようにも、思われるのである。  全室無線LANを謳っておきながら接続がスムーズに行かないにもかかわらず、聞いてみたフロントはネットの何たるかも全く把握できず、部屋のテレビは壊れ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。