2007年3月21日号。<春とともに飛び立った鴨志田穣さんの「よく生きた」人生に捧ぐ>。

 2007年3月21日号。<春とともに飛び立った鴨志田穣さんの「よく生きた」人生に捧ぐ>。  4時起床。  鴨志田穣さんが亡くなった。  http://www.asahi.com/obituaries/update/0320/005.html  鴨ちゃん、と呼ばせてもらう。ずっとそう呼んで来たからね。7、8年前に、まだ高田馬場近くに西原理恵子さんが住んでおられたころ、自宅で会ったのが最後だったかな。ここ数年は、全くの没交渉だった。  彼自身の著作、西原さんのマンガ、それから共通の知り合いなどを通じて、なんとなく様子は知っていたが、そんなに体調が悪くなっていたとは思っていなかった。  突然であった。  そういえば、出逢った時も突然だった。  鴨ちゃんは、ある時期、故・橋田信介さんのアシスタントだった。カメラマンとしてバンコクに渡り、本人によると、窮迫して、ミャンマーに渡った。そこで、また困っ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。