2007年3月10日号。<同胞の苦しみをオノレの運動に利用して敵に利する売国奴>。

2007年3月10日号。<同胞の苦しみをオノレの運動に利用して敵に利する売国奴>。  5時半起床。  今日も一日、収録をはさんで仕事場に籠城になりそうだ。本を読む時間までとれないのが、いちばん辛い。と言いつつ、明日はなんとか、一冊紹介しようと思っているのですが。  私の読書はたいがい、というか99パーセント移動中に行われているのだが、「本なんか読んでいる場合か」とズッシリと重い、別のものを持たされているのだ。  4月20日前後に光文社から刊行予定の、私の初の小説集『彼岸まで。』のゲラだ。  私はゲラをいじるのが嫌で編集者を辞めたくらいで、普段でも送られてきたゲラは斜め読み、それどころか「ゲラはいらない」と言って編集者に任せてしまうほどだが、さすがに自分の小説となると、じっくりと読み込まざるをえない。珍しくあちこち、てにをは、に手を加えたりもしている。  そういうわけで、飛行機の中でも、ラウ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。