2007年1月19日号。<朝鮮学校卒業生を玉川大へ押し込もうとする人々>。

 2007年1月19日号。<朝鮮学校卒業生を玉川大へ押し込もうとする人々>。  5時起床。  それにしても、ずいぶん昔のことのように思われる。文藝春秋の社屋を、朝鮮総連の連中が取り巻いて嫌がらせをしていたのは。  『週刊文春』がパチンコ業界と社会党と北朝鮮という、今となっては誰が見ても「そりゃそうだろう」と頷く関係について、書いた時だった。  この国では、朝鮮人が無理を通せば、道理はたちどころに引っ込んでいたのである。突っ張った『週刊文春』に追随するメディアはほとんどなかった。声を揃えて、北朝鮮批判を始めたのは、実に拉致犯罪が明るみに出てからである。新聞もテレビも、そんなことなかったような顔をしているけどね。  そんな、やっといくらか真っ当になってきた時代にあって、久しぶりに、無理を通そうとする連中と、それに乗っかるメディアを見た。  <玉川大、朝鮮学校生の受験を拒否>  http://w

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。