2013年

2013年タイトル一覧(更新は不定期です)

■2013/12/31 (火) 自分の頭で考えて、自分の声をあげられた、日本人にとっては良い年だったと思います。来年も、正義の年を!

■2013/12/30 (月) 安倍さんの参拝に抗議どころか、支那饅頭を食いに行かねばならない習さんにちょと同情するよ

■2013/12/29 (日) 日光猿軍団も解散なんだから、国連のパン君も馬鹿言ってないで、あの気の毒なおうちに帰りなさい

■2013/12/28 (土) 外に支那韓国を切り、返す刀で内に公明党を切る…となればいいんだけど

■2013/12/27 (金) 支那、韓国、アメリカ。靖国参拝に至る安倍晋三首相の精緻な戦略を分析する

■2013/12/26 (木) 長く続いた「日本人の粗雑な言葉の時代」がようやく終わりを告げたような気がします

■2013/12/25 (水) さあ、朝日新聞。あんたがたの大切な「憲法」の精神と「戦争しない」のとどっちを選ぶのかな、スーダンの踏み絵

■2013/12/24 (火) 悪口を言って回っている相手からタマをもらった段階で、韓国軍は歴史的な嘲いもの。大統領、さあ、どうお礼言うかね。「儒教の国」は(嘲)

■2013/12/23 (月) 天長節。天皇陛下の傘寿を心よりお祝い申し上げる

■2013/12/22 (日) 逝かれた教頭先生を偲ぶ会に出て、なぜ自分がモノ書きになったのかを改めて知る。人の出会いとはそういうものだ

■2013/12/21 (土) 光あふれる師走の街と、連続する銃声。漠然たるテロルの時代への不安

■2013/12/20 (金) 「王将」の社長、射殺。餃子の庶民的イメージや社長の人柄だけで、背後を見誤ってはいけない

■2013/12/19 (木) ロビー活動という名の買収で日本を貶める朝鮮人どもに、こちらは民主的な署名で対抗しようではないか

■2013/12/18 (水) 久しぶりに帰宅。満月の日の家からの眺めなど

■2013/12/17 (火) なぜ猪瀬都知事は「八十二銀行」というあまり知られない銀行を使ったかのかについて朝日新聞よりも少しだけ(笑)深い考察

■2013/12/16 (月) かの国に対して「バカじゃねえの」を通り越して呆然とさせる名著『呆韓論』

■2013/12/15 (日) 軍事の現場で当たり屋めいたことをする極道国家に対して憂えるカタギ国家の対策会議が東京で

■2013/12/14 (土) 我らが防人が命をかける銃の性能を「偽装」した売国企業に、ただの「指名停止」はないでしょう

■2013/12/13 (金) 速報。北朝鮮が張成沢を処刑!天安門近くで集団自殺。大陸で動乱が始まる予感

■2013/12/12 (木) 不祥事を起こした監督が「私塾」で指導するのが『偽装国家』ではこれから流行ったりして(笑)

■2013/12/11 (水) 猪瀬知事に「ストレート」を投げられへんで追い込めない無能な都議の名前を、それぞれの選挙区でおぼえておこうね

■2013/12/10 (火) こんな日記でも何かが動くこともあるのかなあ。「瀬戸芸」がようやく吐いたホントの数字

■2013/12/9 (月) 一瞬の東京、悠久の京都

■2013/12/8 (日) 「反対」から入った不幸な法律、私たちのものとなった以上はどう役立てるか、ダメならちゃんと捨てる道をきちんと勉強しよう

■2013/12/7 (土) ガンジー、マンデラという系譜が殿堂に列せられることに、まだしも人類の希望を見る

■2013/12/6 (金) 自民党、そんなに「一人勝ち」が好きなら本当の「政党ひとり」にしてあげようか、という名案を野党に提案する

■2013/12/5 (木) あのお、大マスコミのみなさま、記者クラブという「特定秘密」の保護もこのさいおやめになったらいかがでしょう

■2013/12/4 (水) 張成沢失脚!ケツモチをしてきた二次団体の若頭を切られる「本家」支那の指導部はどうなってんの?

■2013/12/3 (火) 駐日支那大使は創価大卒。尖閣の最前線を護る海保の管轄大臣は公明党。何が秘密保護だ(嘲)

■2013/12/2 (月) 本日、米副大統領が来日し、天皇皇后両陛下はインドで歓待されている。イラくつ支那の仕掛けに用心

■2013/12/1 (日) 紅白歌合戦の審査員の人事に東京都知事の醜聞が影響を及ぼし、サプライズゲストにもかかわってくるふか〜い話(笑)

■2013/11/30 (土) 福島から来た新米を「自分たちも少しいただこうか」。これは誰の言の葉でしょう

■2013/11/29 (金) 堤清二さん逝く。偏屈なこの私でさえ「彼が創ったあの時代」に巻き込まれていたっけ

■2013/11/28 (木) 「どれを秘密とするか」という頭の悪い議論よりも「公開させるための魔法の鍵」を担保する方が大切だと思うんですが

■2013/11/27 (水) 「天下大乱の秋(とき)という私のカン、意外と当たるんだよなあ

■2013/11/26 (火) 大マスコミだけだと馬鹿になるので、大きな出来事が次々と起きていることは、この日記で認識しておきましょう(笑)?

■2013/11/25 (月) 日支米「昔なら戦争だ」というこの危機感、わかりますか?

■2013/11/24 (日) 漫画家がはじめて大学の学長に就任するという、世界の最先端を行く日本国の成熟について

■2013/11/23 (土) 台風30号が「南洋神社」を今でも護ってくれているパラオにも大きな被害を与えていたと、恥ずかしながらようやく知りました

■2013/11/22 (金) 今日で暗殺から50年。支那の侵略でケネディ大統領の冷戦時代に驚くほど似ているアジア

■2013/11/21 (木) 他国の独裁者に逮捕状を出すスペインの裁判所に比べ、自国の国民の権利も守れない日本国の裁判所のトホホ

■2013/11/20 (水) 発信する官邸、土下座する財界。日本国の現状は「政毅経辱」だね

■2013/11/19 (火) 何もかも隠したり逃げたりしていれば責任をとらずに済むことを繰り返していると、どこかでドカンとツケが来るよ

■2013/11/18 (月) 支那という名の極道に家を占拠されているのにわざわざ土下座に行く財界という名の売国奴ども。一緒に沈没シナ

■2013/11/17 (日) 「人類史上」初めて、遷宮という秘められた行いを映像にとどめた三好和義さんの偉業をぜひ体験してください

■2013/11/16 (土) われらが防人たちの到着前に、「被災地の大和魂」がもうフィリピンで活躍しているよ

■2013/11/15 (金) 物資輸送が最大のネックになっている被災地で、見せよオスプレイの底力

■2013/11/14 (木) なんという運命的な!先代の「伊勢」が奮戦したレイテ沖へと我らが「いせ」出撃す!式年遷宮のこの年に

■2013/11/13 (水) ちょっと新しいバージョンで配信してみて、さっそく知ったJRグループの「恐怖。うわあああ

■2013/11/12 (火) 国内ボランティアに熱心なみんな!フィリピンに応援に行こうぜ。そこから次が始まると思うよ

■2013/11/11 (月) フィリピンに、奄美に。私が愛する地へ、想いひろがる今朝

■2013/11/10 (日) 「一人前の日本人として認めるためのさまざまな条件」についてなど、休日の思考実験を

■2013/11/9 (土) 花田師匠の守護霊を降ろしてくださったエル・カンターレ様に感謝。おかげで良書の紹介が(笑)

■2013/11/8 (金) 願わくば「秘密保護法」による逮捕者第一号になりたいものよ

■2013/11/7 (木) 山西省での共産党ビル爆破事件の前に入稿された『週刊新潮』の記事と今回の事件に驚くべき暗合を見る

■2013/11/6 (水) もうシステムそのものが崩壊しているんだから「チルドゆうパック」は放置できる冬だけの季節商品にすればどうでしょう(笑)

■2013/11/5 (火) 原発の重大事故を「前提」とした記事が、無批判に1面を飾るこの国は凄いなあ

■2013/11/4 (月) 「日本人でいてよかった」という高倉健さんと天皇陛下が一緒にいる映像。今朝はそれだけでいい…おっと「楽天」もある贅沢

■2013/11/3 (日) 打たれてこそ1面を飾る田中将大の姿に、東北の地に残る英雄譚「弁慶の立ち往生」が重ねて

■2013/11/2 (土) ♪誰もがみんな知っている「日展入選カネ次第」。伝統芸能なんだからそっとしておいてもよかったけどね(笑)

■2013/11/1 (金) そもそも山本太郎なる「不浄物」を両陛下の前に立たせた役人は責任をとれ

■2013/10/31 (木) 「生活のため」ではなく65歳でコンビニで働く往年のスターは現役のころよりも美しい

■2013/10/30 (水) オヤジが辞めて「お上」はムスコを「カンベンしてやる」。日本的な、あまりに愚劣な日本的な

■2013/10/29 (火) 「ボクらテレビ人だも〜ん。と思っている方々が騒ぐ「みのもんた騒動」の滑稽。ど〜でもいいじゃん

■2013/10/28 (月) 「竹島ウリのもの」動画がNHKのパクリだった韓国。「NHKもともと韓国がルーツ」と開き直るかと思ったが(笑)

■2013/10/27 (日) 自分の「ものづくり論」などまだまだ浅薄だったと痛感する本当のものづくりの現場を、北陸の街より

■2013/10/26 (土) 相次ぐアメリカの盗聴騒ぎは「戦後秩序」の終焉かもしれない。そこで日本国は?

■2013/10/25 (金) クールでなかった宅急便。蔵が精根込めて造り、呑み手が大切に受け取る日本酒に途中でこんなことしやがって。酒呑み怒らせると怖いよ

■2013/10/24 (木) 中越地震9周年の日、被災地で「国土強靱化」の馬鹿騒ぎニュースを聞きつつ眺める、列島改造角栄の像よ

■2013/10/23 (水) 「笑っていいとも」よりこっちだろう、というニュースをこの日記では(笑)

■2013/10/22 (火) 極道に甘く、良民常民は疑う。普通の業界ならそんな企業はとうに退場だぜ

■2013/10/21 (月) この国の「弱いところ」にタカる「悪い奴ら」を集中的にあぶりだそうぜ

■2013/10/20 (日) 地久節。皇后さまのお言葉から見える、いまの日本の課題とは

■2013/10/19 (土) 高額訴訟で文春を追い込む「岡田イオン」。批判すべき大マスコミには広告ジャブジャブ、朝日読売はイオンモールで大イベント

■2013/10/18 (金) 朝鮮総連本部を落札した企業が遊牧民族の名前を持つことで、また細い糸がつながった

■2013/10/17 (木) 「状況が存在を規定する」ことと「自分を客観的に俯瞰する」ことは実は同じなんです

■2013/10/16 (水) 『アンパンマン』はルネッサンス的巨人、やなせたかしという氷山の海面に出たごくごく一角にすぎない

■2013/10/15 (火) 大朝日の「特別」編集委員殿、おフランスで「10世紀先を想う」前に『週刊朝日』編集長の「1性器先」を心配して下さい。朝から失礼

■2013/10/14 (月) 「面接を重視」で馬鹿再生産の日本国、いち大学の設立に2兆円を投じるサウジ。将来の国力はどうなるでしょう

■2013/10/13 (日) 自衛隊に機動戦闘車デビュー。ヒトマル式戦車がデカ過ぎることにようやく気づいた…つるかめつるかめ(笑)

■2013/10/12 (土) 化学兵器禁止機関へのノーベル平和賞授与、わが精強なる自衛隊もある意味で受賞したことになるってご存じですか?

■2013/10/11 (金) 同じ不祥事でも「常軌を逸した」ことを連発の『週刊朝日』。このさい『週刊誌ネタ朝日』に名前かえたら?

■2013/10/10 (木) 5日前にここで触れた、安倍さんの実弟起用と私邸会談。そこでの大胆な予想に呼応するようなニュースが…

■2013/10/9 (水) 「ミナマタ」の名を冠する条約の大切な場から逃げようとした環境相が変心。ちょっとこの日記効果もあるかも(笑)

■2013/10/8 (火) 京都より。「いろものあつかい」されているモノ書きが「いろものあつかい」になって欲しくない作家の会に駆けつけました

■2013/10/7 (月) メキシコの詩人が言っている「グローバル化の怖さ」を読んで安倍さんが今日から行ったTPPの危うさを識ってください

■2013/10/6 (日) 安倍さんがいてオバマさんがおらずにひらかれるTPP協議についての、本質的な私の考え方など

■2013/10/5 (土) 実弟の外務副大臣起用、モンゴル大統領を私邸での歓待。安倍晋三首相の「異例」の先にあるものは

■2013/10/4 (金) 「ナナメにおいたら汚染水こぼれちゃった」馬鹿の実態を活写した『モーニング』の衝撃のマンガを見よ!

■2013/10/3 (木) 厳かなる遷御の儀。20年という「ひとめぐり」に日本民族の知恵を思う。次の時に私たちは何をしているだろうか

■2013/10/2 (水) 最高司令官が「今」と増税を決めたのならば、もはや後退せずに「前へ!」の、突撃ならぬ「共働」を私たちはしようではないか。みんなの明日のために

■2013/10/1 (火) 山崎豊子さん逝く。司馬遼太郎さんとはひとつ違い。二人を地元の新聞社が生んだ、大阪の文化が豊かだった時代

■2013/9/30 (月) 「おまえは既に死んでいる」東電を存続させるために原発を動かすって、究極の「本末転倒」でしょうが

■2013/9/29 (日) 事実がどうであったかはともかく「外交的センス」から言えば、歴史的米イラン会談の直前に安倍さんがいたことは賛嘆の対象だろう

■2013/9/28 (土) ついさきほどオバマ、ロハニ電話会談が実現。安倍さんの「露払い」の成果か。日本国、外交舞台の主要プレーヤーに復活へ

■2013/9/27 (金) 二つの震災と二つの優勝。そして生まれた二人の驚異的なヒーロー。日本民族の持つある底力の法則を見る

■2013/9/26 (木) 人の思い込みは怖い。50歳を過ぎて実は自分は「体育会系の理系」だったのではないかと驚愕する私

■2013/9/25 (水) 「反転学習」って面白い試みだけど、それで見事に落ちこぼれた実験台がここにおります(泣)

■2013/9/24 (火) 「カッとする」ことを自覚して悩む民族の「北の方」が核とミサイル持っているんだから、困ったもんだわなあ(泣)

■2013/9/23 (月) 「失われた20年」が作ってしまったもっとも大きな負債は膨大な数の「引きこもり」だということをやがて知るだろう

■2013/9/22 (日) みのさん息子不祥事。それを育てた大マスコミの体質そのものにやはり大マスコミは触れないね。みのさんを切ってでも

■2013/9/21 (土) 核とミサイルからエロと銃殺へ。もはやバイオレンスAV国家、北朝鮮はどうなってんの(愕)

■2013/9/20 (金) やっと辞めた「下等良三」の次のコミッショナーは本塁打記録の呪縛から解き放たれた王貞治さんで決まりでしょ!

■2013/9/19 (木) 行政が数字を誤魔化すことでは天下一品の香川ではとうとう得票数まで消えるらしい

■2013/9/18 (水) 台風一過。日本人がいまもっとも気になることのひとつ「気象」を語る楽しい本を紹介しよう

■2013/9/17 (火) 京都の被害状況に心痛めながらも、女性客を背負って水の中を行く嵐山の板前の姿に「おもてなし」を見る

■2013/9/16 (月) さて、秋篠宮さまが総裁の研究所によるアホウドリ保護のための尖閣上陸調査に、支那はインネンをつけられるかな

■2013/9/15 (日) TPPでアメリカにフリーハンドを与えると、私たちの心の中まで「占領」されかねないことを教えてくれる戦慄の署

■2013/9/14 (土) ずっと応援してきた日本酒が尖兵となって利権権号共産主義を壊しているという、個人的な快感です

■2013/9/13 (金) 13日の金曜日。耶蘇の迷信にはいささかも揺らがぬが愛子さまがスマホをずっといじっていることには心配な神戸から

■2013/9/12 (木) 「世界の警察官」が「逮捕基準」を上げたり下げたりすると、今後もっと大泥棒が出た時に大変だよ

■2013/9/11 (水) 震災から2年半。「五輪準備の締め切り」2020年を「復興のゴール」にも!

■2013/9/10 (火) 7年後、日本国に来てくれた海外からのお客さんに、わが国の歴史や文化についてちゃんと説明できる勉強を始めましょう

■2013/9/9 (月) 五輪まであと7年。自分の締め切りを作って「善く生きる」ことをしてみませんか

■2013/9/8 (日) 祝!東京五輪。いろいろ言ったけど勝ち負けで言えば勝つのはいいことだね。あとはどんどんカッコよく!

■2013/9/7 (土) なるほど「アスリートとしての宮崎駿」ならば引退会見はあって当然だと思わせた彼の言葉

■2013/9/6 (金) 五輪招致会場で喋れば喋るほどドツボに落ちていく。日本国の発信力はこの程度だとまずは自覚しよう

■2013/9/5 (木) M6.9の震源が、はるか遠い鳥島でしかも超大深度だったという幸運をもっとメディアは報じた方がいいですよ

■2013/9/4 (水) 提案。原発の運転に関してはIAEAの「免許制」にすればどうでしょうか。当然わが国は汚染水のカタがつくまで少なくとも「免停」(笑)

■2013/9/3 (火) 原子力規制委員会委員長が世界に向かって言い放ったこの発言はマズいんじゃないの

■2013/9/2 (月) 化学兵器を巡ってもっとも「当事者」に近いのが日本国なんだけど平和ボケの大マスコミは触れないなあ

■2013/9/1 (日) 消費増税。「だいたい7割が賛成」に、この国の大マスコミと政府は談合してどうやら持っていきたいらしいですね

■2013/8/31 (土) 1万5000円をケチる新聞に、支那の言い分をそのまま垂れ流す新聞。あなたやあなた、今朝もでもとってますよね(泣)

■2013/8/30 (金) 子どもが銃を体験することを忌避する国。しかし米軍は嫌いだという。じゃあ、誰が護ってくれるのかな?

■2013/8/29 (木) 人口減?この美しい国のひとりアタマの取り分が増えるのだから、喜びましょうよ

■2013/8/28 (水) 中東がホットないま、安倍晋三首相がかの地にいるのは「偶然」ではないと考えるのが外交の常識である

■2013/8/27 (火) 「東日本大震災戦」の時の「3軍の連合艦隊司令長官」であられた君塚栄治閣下。栄誉ある退役に敬礼!

■2013/8/26 (月) あのビルの会議室にこもり、エンピツで原稿用紙を埋めていた20歳を出たばかりの私だった

■2013/8/25 (日) 政党の離合集散、企業の興亡を見るにつけ、自分が30年前に創った組織がまだ存続していることの不思議さよ

■2013/8/24 (土) 秘密保護法批判と国税の情報漏洩の記事が仲良く1面に並ぶ、大阪のお笑い朝日新聞

■2013/8/23 (金) 誰もが人生でイチローになれるわけではない。しかしイチローのように打席に立つことはできる

■2013/8/22 (木) 高野連のクズの陰湿なイヤガラセに泣いた花巻東高の小兵選手「平成の殿馬」千葉君をプロ野球で見たいなあ

■2013/8/21 (水) 売られたケンカに「オロオロしたあとちょこっと殴ってみな」と言うような連中が歴代内閣に「助言」してきたのかあ(泣)

■2013/8/20 (火) 日米プロ野球のポスティングシステム失効を黙っているような奴が駐米大使やっていたのかよ(泣)

■2013/8/19 (月) ほとんど「カルデラの中の活火山の隣」に住んでおられる鹿児島の人々は凄いというほかはない

■2013/8/18 (日) 図書館とは自由の最初にして最後の牙城だ。混乱のエジプトのアレキサンドリアでそれは誕生した

■2013/8/17 (土) 「うどん」で余生安泰やったはずなのに今や地元の「権威」をカサにきる卑怯者や詐欺師に立ち向かう田尾さんに拍手を!

■2013/8/16 (金) 靖国神社を侮辱しに来た朝鮮人議員ども、少なくとも「今後は入国拒否」にしていいんじゃないの

■2013/8/15 (木) 8月15日に考える。私たちはいつまで「戦後」と呼び続けるのだろう、と

■2013/8/14 (水) どうせお盆で仕事ないんだし、駐韓大使をもう召還しちゃっても日本国としては何の問題もないんじゃないの

■2013/8/13 (火) 「トモダチ作戦」で同胞を救ってくれていたかも知れぬマーク・A・スミス技術軍曹に日本国民として哀悼の意を捧げたい

■2013/8/12 (月) 人の子に対しても言っていいよ。「ここがどこなのかわきまえなさい」と。「カツヤがそう言ってんだよ」でいいから(笑)

■2013/8/11 (日) この時期の移動で泣く子どもを私たちが容認するのは子どもそのものの態度ではなく親の「振る舞い」によってなのである

■2013/8/10 (土) 竹島土足蹂躙から今日で1周年。ずいぶんと「いい関係」になったと思うよ。これホント。馬鹿とは「つきあいかた」がある

■2013/8/9 (金) 原爆の日。「落とされていたかも知れない」小倉でも長崎に祈りを捧げるのを知っていましたか?

■2013/8/8 (木) 発見された慰安婦世話係の日記が伝える真実と、さっそくそこからの「捏造」でわかる韓国紙の腐れぶり

■2013/8/7 (水) 祝!進水。竹島を沖に抱く「いずも」は「大和」の大きさに匹敵する、だけど空母ではなく護衛艦(笑)

■2013/8/6 (火) ヘリが老朽化してヤバいからオスプレンイを配備するのに、墜落したから延期と喜んでいる馬鹿をアメリカは嘲っているよ(泣)

■2013/8/5 (月) 靖国の社に鎮まりたまう19歳たちよ。この時のあなたがたの歳の日本人を見て下さい

■2013/8/4 (日) 麻生さんの大マスコミ言うところの「ナチス発言」について、私なりに語ってみようか

■2013/8/3 (土) 企業では「抜擢」を囃す大マスコミが役所では「異例な人事」と批判するのは記者クラブが役人べったりの何よりの証拠

■2013/8/2 (金) 自らの足で天空の果てに立ち私と交信した写真家が帰国した、バーチャルに溺れる国の街での邂逅について

■2013/8/1 (木) 毒ギョーザ事件被告の「父親に取材が出来た」ことに秘められた、支那からわが国へのメッセージ

■2013/7/31 (水) 「上」と「村」の順番が反対なだけで、世界に誇りと国辱の白ハルキ、黒ハルキ

■2013/7/30 (火) 「業界から干された」と公言する山本太郎議員の背後に「なぜ」と突っ込めれば朝日新聞もホンモノなんだけどね

■2013/7/29 (月) 近代国家の枠をもはや外れて暴走する韓国という国の落としどころは国際社会で考えてやらなくちゃいけないんでしょうか(涙)

■2013/7/28 (日) この日記が届く時、私は生きている…よね。「日本のシカゴ」でまったくセキュティ感覚のないホテルに泊まっているのよ(笑)

■2013/7/27 (土) 今日で朝鮮戦争が終わって60周年。原爆落とされてから8年でアメリカの背中支えて勝たせた日本は、ある意味で凄えな(苦笑)

■2013/7/26 (金) 「痛み」と称する大マスコミの愚民への媚びは無視して、社会保障の設計図を玩味すべし

■2013/7/25 (木) 終戦直後、武装解除を振り切り暴虐なるソ連軍戦車隊に突っ込んだ「神州不滅特攻隊」を知っていますか

■2013/7/24 (水) 「美白」化粧品で大騒ぎのカネボウが小麦色に美しい夏目雅子さんを起用していたあの時代

■2013/7/23 (火) 『築地をどり』観劇記者のウォッチが追いつかないほど「新作」を上演してくれる朝日新聞はまさに「あっぱれ!」

■2013/7/22 (月) 予想通りの選挙結果。しかし「何も得るものもない」民主党の惨めな負けっぷりはどうよ

■2013/7/21 (日) 「人品骨柄」。これ、きょうの投票の意外なキーワードかもね

■2013/7/20 (土) とうとうauには「検閲の対象」にされてしまったらしいこの日記を読んで下さっているあなたに「身の危険」が及ばぬように願う(笑)

■2013/7/19 (金) 零戦を生んだ堀越二郎技師を描く「風立ちぬ」も公開だし、政府専用機くらい国産で作ろうよ

■2013/7/18 (木) アナログな投票制度をいちど崩壊させるために、いっそみんなで期日前投票しませんか(笑)

■2013/7/17 (水) 原発を巡る本当の「除染」は周囲を汚染し尽くしてきた利権の闇に対して行われるべきだ

■2013/7/16 (火) 日本農業の見直し構想の中に「藻産業」がもうそろそろ入ってきてもいい

■2013/7/15 (月) 宝塚市役所放火事件が教えてくれる「データ保存は自治体だけにまかせていいのか」という問題

■2013/7/14 (日) 「こんな小国」と思って支那が手を伸ばす周辺国が毅然としてそれを振り払う勇気を私たちは応援しよう

■2013/7/13 (土) 「売春婦を記念する都市がどこにあるか」。炎の正論を吐く在米同胞の意気地を見よ!

■2013/7/12 (金) 参院選の真っ只中にぶち上げられた韓流施設建設。場所は大阪、市が喜び、日韓の御用メディアが囃す、この怪しさよ

■2013/7/11 (木) 日韓協定無視の判決で日本企業が身ぐるみはがれそうな国に対して、外務省は「退避勧告」出しましょう

■2013/7/10 (水) 私たちの命を救ってくれた「フクシマ50の司令官」に国民的感謝をこめて名誉の遺贈を!

■2013/7/9 (火) 自分の腕に人生を賭ける若者たちの栄誉をもっとちゃんと報じようよ

■2013/7/8 (月) 大人になってもさまざまな関わり方を夢見させてくれますね、ドリトル先生

■2013/7/7 (日) 私が人生の多くをその上でを過ごしているB777も墜ちるんだあ。サンフランシスコの事故を注視する朝

■2013/7/6 (土) すめらぎと たみくさの肩ともどもに 濡らして降るは ひのもとの雨

■2013/7/5 (金) 政権与党の選挙期間中の取材拒否という暴挙に対して全メディアが共闘して闘わないと、今のエジプトと同じだぜ

■2013/7/4 (木) エジプトとトルコで起きていることには聖俗と貧富の葛藤という共通点がある

■2013/7/3 (水) 嘘が嘘を呼ぶこの国の大マスコミの凄さをじっと黙って体感させていただきました。兵庫県知事選出馬馬鹿騒ぎ

■2013/7/2 (火) ソウルの日本大使館前で日の丸を焼く連中が、どの口でひとの国のデモについて言う

■2013/7/1 (月) そもそも愚劣なメタボ治療薬の「治験」をデッチあげるという「利権」でメタボな国の悲しさ

■2013/6/30 (日) 京都は嫌らしいとこやけど、まだまだボクらも行けるんちゃうか、と思わせてくれるんが偉いんや。それが都いうもんやね

■2013/6/29 (土) ビンラディンの銅像を建てさせろと言う国とも諒承した国ともアメリカなら戦争だ。朴槿恵は日本なら大丈夫とナメているのか

■2013/6/28 (金) 支那韓国首脳会談は闇金からひっぱり過ぎた会社にこっちも危ない取引先が慌てて飛んで行ったの図(笑)

■2013/6/27 (木) 高齢者売春は売防法の適用外にすれば老人のカネは出て来るし、雇用はできるし、医療費もきっと減るよ。わははははは

■2013/6/26 (水) 小学校一年生に読ませた「へいわなにほん」をすっ飛ばした詩を巧みに天声人語で宣伝する支那の手先、朝日新聞の老獪

■2013/6/25 (火) 祝!サザン復活!日本国も復活へ向けた、これは「第4の矢」だ!

■2013/6/24 (月) 復興予算流用「やったもん勝ち」はないんじゃないの

■2013/6/23 (日) 「富士はにっぽんいちの山」ってみんな知ってるじゃん。バッタ他国人どもの称賛がそんなに必要か?

■2013/6/22 (土) 辛坊さんよかったね!「この国の国民で良かった」は今年の流行語大賞だ

■2013/6/21 (金) 皇室記事で飛ばし続ける『週刊新潮』と宮内庁の「控えめな抗議」『週刊文春』の「1ページだけの対抗記事」の意味は

■2013/6/20 (木) 増加するニート対策、うまくいっていないことを「強化」してもダメだろ、ふつう

■2013/6/19 (水) 小泉進次郎の人気の根っこには「今風の怪しげなものへの懐疑」があるのかも知れないな

■2013/6/18 (火) 「メディアの祭典」五輪を呼ぶのに、各国のプレスと喧嘩していちゃもうダメでしょう、エルドアンさん

■2013/6/17 (月) 腹心が恥の上塗りに行くようでは、橋下さんには国政は無理。しかしなぜそれを大マスコミは指定しないかなあ

■2013/6/16(日) 盟友・水道橋博士も降りたかあ。『委員会』と同じ会社が作っているアノ番組

■2013/6/15 (土) そういえば『委員会』でも外務省OBの信じがたい低能ぶりに声を荒らげたことがありましたっけ

■2013/6/14 (金) クーデター?GJ!世間に対して嘘をついていたトップをまず解任して謝った川崎重工をNPBは見習いなさい

■2013/6/13 (木) 統一球に「めくら判」を押すような男が駐米大使やっていたのかあ

■2013/6/12 (水) さまざまな意味で「恥を知れと言いたい」を私は今年の流行語大賞に推したい(笑)

■2013/6/11 (火) 「シリア反政府勢力を支援」は日本国にとって実は歴史的なニュースなんだが、大マスコミは気付くかなあ

■2013/6/10 (月) 「事故の顛末」(泣)。これは時刻通りに行ってますよね

■2013/6/9 (日) 「米支」がコソコソやっている時こそ「間にある棘」として日本国と同盟アジア諸国の存在感があるんだよ

■2013/6/8 (土) シーギリアという地名をニュースで見て思う。私だってずっとタフだったわけではない

■2013/6/7 (金) 大学入試制度改革なら共通一次試験第一世代の私たちにぜひ経験を聞いてくださいよ。特に私の悲劇を(爆笑)

■2013/6/6 (木) 最大の規制緩和は「日本国は地球は温暖化していないと思う宣言」。これで株価暴騰間違いなし。わははははは

■2013/6/5 (水) アジアの色分け「真のアジア」と「特殊アジア」にはっきりと「差別」もとい(笑)「区別」されだして、めでたいかぎり

■2013/6/4 (火) パンツにカネをかけようと思い始めて、50歳過ぎてようやく大人になった気分(笑)

■2013/6/3 (月) 復興予算のネコババでゆるキャラ作ったならせめて「フッコちゃん」とかの名前にしましょう(怒)

■2013/6/2 (日) 「地方の疲弊」の最大要因は「地元大マスコミ」の怠惰と腐敗と無能だという証拠を申し訳ないが香川県の例から

■2013/6/1 (土) 京都マラソンで宗教者駅伝。千日回峰行満大阿闍梨を擁する天台宗の圧勝でしょう(笑)

■2013/5/31 (金) 崇高なる「靖国」という言葉と不逞なる朝鮮人がやらかしたことを同じ文字列でタイトルにすることが私にはできない。本文を見て下さい

■2013/5/30 (木) 北朝鮮による原発テロ計画判明!あの狂気国家にやられていたのは拉致被害者だけでなくあなただったかも知れないと銘記せよ

■2013/5/29 (水) 人々の不安を煽ることでカネにしてきた連中の尻尾が見えるニュース2題

■2013/5/28 (火) 支那がいかに「死者に鞭打つ」愚劣な文化の国とはいえ、私たちの英霊に対する冒涜だけは許してはいけない

■2013/5/27 (月) 「水に落ちた」橋下徹大阪市長からも逃げ出さざるをえなかった自称元朝鮮人売春婦の「頭が悪すぎる嘘」

■2013/5/26 (日) 今朝は「本当に個人的な日記」(笑)を許して下さい。大マスコミが報じてもいいような面白さだと思うので

■2013/5/25 (土) 元従軍慰安婦さんとやらよ、自らの運命の悲惨さをアピールするなら「今でしょ?」。なんで橋下さんから逃げるのさ

■2013/5/24 (金) 「原爆は神の罰」と書く三流記者に賞をくれてやる程度の国だと思っていればいいんですよ

■2013/5/23 (木) ついに起きた韓国人による「日本人なら何人も殺そうと思った」という事件の重大性をなぜ大マスコミはもっと認識しないのか

■2013/5/22 (水) かくも長き世界不況の理由を解きあかす、目からウロコの「もうひとつの原因」

■2013/5/21 (火) さあみんなで「一歩前へ、正しい方へ」。「正しい方」がわからない愚劣国家と、そこが日本が違う底力だ

■2013/5/20 (月) 大マスコミは一方では西村眞悟さん言うところの「うようよいる韓国人売春婦」の元締め逮捕を報じているじゃないのさ

■2013/5/19 (日) 久しぶりにクレームをつけた先との「真っ当なやりとり」ができて気持ちがいいです

■2013/5/18 (土) 京都の悠久と匠の技に浸っていると、支那朝鮮のいいがかりなどどうでも良くなってくる。そうだ、京都、行こう!だよ(笑)

■2013/5/17 (金) 最近の韓国のインネンが常軌を逸しているのは奴らの「焦り」の裏返しです

■2013/5/16 (木) アベノミクスのとりあえずの本質は「何もしないで文句だけ垂れてきた」ことへのアンチテーゼである

■2013/5/15 (水) 飯島参与訪朝。拉致犯罪を巡り「これまでと明らかに性質が違う動き」が出てきた

■2013/5/14 (火) 「オオサカのメイヤー、普天間基地司令官に風俗通いのススメ」。アメリカのメディアも轟くだろうなあ(泣)

■2013/5/13 (月) 戦車の次は戦闘機。安倍さん、潜水艦にも乗って海の防人を鼓舞してやって下さい

■2013/5/12 (日) 日の丸君が代に敬意を表すると抗議するくせに「オスプレイ反対」と子どもたちに言わせる左巻きの阿呆よ、出るとこに出て私と論理的な対決をしようぜ

■2013/5/11 (土) 昨日に続いて東京では報じられぬ「自称弱者」のタカリについてなど博多から。納税者、怒ろうぜ

■2013/5/10 (金) 日本人の誰もが信じた「異国でご両親と感動の対面」が「作られたもの」だと、もはや知った大マスコミはなぜもっと報じない

■2013/5/9 (木) ささいな「失言」で大臣のクビをとり続けてきた大マスコミが完全に黙殺した環境相の熊本での「不誠実な振舞い」を暴露する

■2013/5/8 (水) ブラジル沖の沈める大陸。「ありえないものを見つけた時の興奮」で地学というものにはハマって行くんたよなあ

■2013/5/7 (火) 先輩が50過ぎてももクロにはまったかと思えば、母校の文化委員長「村田あ〜りん」の「艶姿ピンク娘」

■2013/5/6 (月) 阪神ファンにとっては何重にも不快なイベントなのに最後に笑顔にさせる長嶋さん松井さん安倍さんの人間力

■2013/5/5 (日) インドで生まれたものは支那を通じてやってきた。その過程での語られることがなかった闇を明かす麻生演説

■2013/5/4 (土) 「羊頭狗肉」から「羊頭鼠肉」へ。ああ素晴らしき支那の「改革開放」

■2013/5/3 (金) 9条カルト信者の皆さん、改憲論議にぜひ参加して「現行のままでいい」という信仰の正しさを証明して下さい

■2013/5/2 (木) 世界遺産登録への鎌倉の「あまりに冷たい落選」の理由をめぐる、これはスクープ…かも知れない(笑)

■2013/5/1 (水) そりゃあ「汚染迷惑の相手」九州での環境会議に支那から出席はしにくいよねえ

■2013/4/30 (火) 石原さんも猪瀬さんも文筆の徒なのにどこか言葉の脇が甘いなあ

■2013/4/29 (月) 閣僚の外遊を嫉妬ぶくみで批判しつつ同乗していい思いをする大マスコミの方々

■2013/4/28 (日) 主権を回復した日を祝うというまことにもっともなイベントに因縁をつける朝日新聞の陰湿な工作

■2013/4/27 (土) 支那がいきりたつほどわが国の冷静な外交が際立ってくるさまを、博多から眺める土曜日の夜明け前

■2013/4/26 (金) 少年だった当時に私が実名で報じた鬼畜が42歳にもなって再逮捕されたのに匿名にする同じ『週刊文春』はどうなっちゃったの

■2013/4/25 (木) わが(笑)オーランチオキトリウム、仙台市での実証実験始まる!

■2013/4/24 (水) 尖閣諸島の領海侵犯の支那公船も靖国神社集団参拝の国会議員も「過去最多」なんだって(苦笑)

■2013/4/23 (火) 支那の核兵器先制使用と日本への不使用への言及、オスプレイの出動。北朝鮮包囲網、狭まる

■2013/4/22 (月) こんな微妙なタイミンクでこんな微妙な場所での大地震。支那の新政権の隠しきれぬ狼狽ぶり

■2013/4/21 (日) 私たちはこの一瞬の「たたずまい」に過ぎないということを、今日もお送りする小説などで私は書いていきたい

■2013/4/20 (土) 急な対話モードは「田植え」が原因。戦国時代に生きる北朝鮮のバカ殿3代目を相手にするトホホ(泣)

■2013/4/19 (金) 「やるやる詐欺」の最中にホントにテロが起きてしまって焦りまくっている金正恩の馬鹿

■2013/4/18 (木) 余命告げて訴えられる医師、ストレス障害でカネよこせの裁判員、子どもに録音機持たせて教室に送り込む親

■2013/4/17 (水) 政治や行政の怠惰と腐敗に司法のダメ出しが続く日本国は「発展途上国」かも

■2013/4/16 (火) 『ザ・ボイス』での証言と事故現場の状況を重ねてわかること。東電の原発処理はもう破綻しているのではないか

■2013/4/15 (月) 人生の前半まったく放棄してきた努力と結果というものの妙味を、50歳を過ぎてようやく知ったという馬鹿です、私は

■2013/4/14 (日) 朝日新聞『声』欄。老電気技術者が基本中の基本を引いて指摘する「東電の嘘」の迫力

■2013/4/13 (土) 夜明けに襲った大きな揺れ。関西のみなさん、大事ありませんか?

■2013/4/12 (金) 皇太子殿下、ご結婚をお決めになられた時のあの果敢さをお持ちではないですか

■2013/4/11 (木) 自衛隊にイヤガラセを繰り返す「市民団体」に「有事には私を護らないで下さい」バッジをプレゼントしよう

■2013/4/10 (水) 事実上の宣戦布告しながらマラソン大会。北朝鮮の統治機能に重大な懸念

■2013/4/9 (火) ソ連にかわる「悪の帝国」が台頭の今こそ、亡くなったサッチャー元首相的なものの再検討が私たちには求められる

■2013/4/8 (月) 環境とかもいいけど「MS超えるソフト作ってみい」「北朝鮮のバッタ核無力化するアイディアだせ」的なことを子どもたちにけしかけたい

■2013/4/7 (日) 「医療厚生利権のためにはデブを敵視だ!」という役人の言い分をそのまま垂れ流す大スマコミの今日も元気なクラブ活動

■2013/4/6 (土) 「瀬戸内国際芸祭」の見ものはアートだけでなく大マスコミと、とりわけ地方御用マスコミのみじめさですよ!

■2013/4/5 (金) 帝国陸海軍以来の宿痾「戦力の逐次投入」に陥らないと宣言した日銀総裁が放つ「バズーカ砲」よ命中せよ!

■2013/4/4 (木) 人類にとって画期的な国連での条約採択があぶり出した「私たちの普遍の価値観を共有していない国々」

■2013/4/3 (水) さくら花咲きそめる三陸の海岸を、砂漠の国が贈ってくれた列車がきょう、走りはじめます

■2013/4/2 (火) 小沢一郎さんの側から「取材される風景」を見る面白さよ

■2013/4/1 (月) 新番組、その名は『ぬるぬるワイド』。しかし内容はぬるくないですよ

■2013/3/31 (日) みんなのポジションがかわる季節。ひとに決められた、とずっと思ってしまう決心はやめようぜ

■2013/3/30 (土) ライター、カメラマンという自由な魂の持ち主たちがこの国からどんどん消えているのを知っていますか

■2013/3/29 (金) 「一緒に戦おう」文書に署名の米韓軍。なぜ尖閣について日米はこれができないのだろう

■2013/3/28 (木) 警告!朝鮮人の捏造プロパガンダが海外のみならず国内自治体にも影響を開始

■2013/3/27 (水) 純国産の新哨戒機「P1」初号機誕生!征け、尖閣へ竹島へ!

■2013/3/26 (火) 選挙無効判決。「ええかげんにせえよ」は国でも家庭でも学校でも企業でも、同じです

■2013/3/25 (月) 広告をむさぼる大マスコミの誰もが本心では「ヤバい」と思っていた「借金おまとめ業界」がそろそろハジけそうです

■2013/3/24 (日) 「たかだか腰痛記事」だが、あなたやあなたの保険料の無駄遣いにつながることなので要注目。某暗黒業界は震撼だろうね

■2013/3/23 (土) 日本民族のリズムとずれた今年の花見が「荒れる」という予想への民俗学的考察など(笑)

■2013/3/22 (金) 南海トラフ地震の被害予測に日本国か震撼する中、よりによって浜岡原発の広告を打つ電力会社の度し難い神経

■2013/3/21 (木) 日本国を護ろうと進出するわが防人たちに対して「迷惑料」の請求とは、貴様らそれでも日本人か

■2013/3/20 (水) 人の国を識るためには自分の国のありようを「大マスコミの目」を捨てて客観的に勉強する時代。それにはこの日記だね(笑)

■2013/3/19 (火) 韓国に「亡命」した若宮啓文・元「築地をどり」大名取があっちのメディアで吠えているのを発見(笑)

■2013/3/18 (月) 歴史は激流に入りつつある。日支双方のトップが「戦争」について言及する日が来ると誰が予想しただろう

■2013/3/17 (日) 博多に行かれたなら「陸軍墓地」へぜひお参りしてください。これからの桜の季節ならなおさら

■2013/3/16 (土) TPP参加を決めた以上は「3月15日は平成の12月8日なり」くらいの覚悟をもって闘うべし!

■2013/3/15 (金) 死に物狂いの練習に耐え抜いてきた者こそが、勝利に必要な一オンスの勇気を持ってくることができる−モハメド・アリ

■2013/3/14 (木) パチンコメーカー、石原ファミリー、カジノ、フィリピン、日本維新の会、をつなぐ一本のライン

■2013/3/13 (水) 儀式たけなわの「お水取り」と古代ぺルシアの関係を知っていましたか?

■2013/3/12 (火) 追悼の日の清と汚。天皇陛下の美しき言霊と、隣家の法事を足蹴にする「礼が第一のはずの儒教の国」ども

■2013/3/11 (月) 3.11。今日という日に、被災地の東北は日本人にとってどれほど大切な場所なのかを再確認したい

■2013/3/10 (日) 追悼の日の前日。台湾の人々の厚意を足蹴にした連中がいなくなって、ようやく真っ当なお礼ができるとの報を祝いたい

■2013/3/9 (土) あの時代の、夏休み40日間の記憶の残滓が、いまの私の多くを形作っているのだ

■2013/3/8 (金) 外交文書公開。戦後すぐに政府が体罰のことを「国民的欠陥」と認めていたとはおもしろい

■2013/3/7 (木) 国権の最高機関について「事情判決」がまかり通る、ああうるわしき「放置国家」よ!

■2013/3/6 (水) ホントにどうでもいいことだと、この日記の読者のあなたや、あなたは思っている。だけど世間が騒ぐの面白いねえ。読者の特権だぁ(笑)

■2013/3/5 (火) 『たかじんのそこまで言って委員会』辞めます

■2013/3/4 (月) 地吹雪というのは本当に自分の居場所がわからなくなるのです。亡くなったお父さん、頑張ったね

■2013/3/3 (日) 本日12時、軽井沢ベースから生中継の『血気酒会』をひとりでも多くの方に見てもらって下さい。もう呑んでます。わはははは

■2013/3/2 (土) 臆病な役人どものために大切な卒業式を混乱させられた相模原市の公立高校生の諸君、申し訳ないね

■2013/3/1 (金) 施政方針演説に「フォークランド紛争」を持ちだした安倍首相の「支那への鮮やかな一撃」はここを読まなきゃわかりません(笑)

■2013/2/28 (木) 大朗報!南鳥島近海の海底で、ほぼ無尽蔵の高濃度レアアースを発見!

■2013/2/27 (水) 「改革政党」への絶望。間隙をぬっての「タレント政党」の躍進。驚くほどわが国と似ていた、イタリアの総選挙の結果

■2013/2/26 (火) 77年前の今日、雪であった帝都の空は紺碧なり

■2013/2/25 (月) 下柳剛44歳。メジャーを目指して海を渡る。やったれ!

■2013/2/24 (日) ランタン祭りの長崎で泊まるところもなき「大使」はよぼよぼと嘆くのです

■2013/2/23 (土) ヤラセのグルメや温泉?すべて断ってきた私がそのオファーを全部話そうか?ただの売れないライターだと思ってもちかけてきたよなあ(笑)

■2013/2/22 (金) 米紙インタビューで安倍首相に国家としての正統性そのものに疑問符をつけられた支那。ホントだから怒るわなあ。わはははは

■2013/2/21 (木) 農協御用メディアから発注されたものの「修正」を要求されて引き上げたTPP論を全文公開する

■2013/2/20 (水) 逝去と事故調査報告の報を受けて読み返す昨年の日記。歳月は早いようで濃密だと感じられて

■2013/2/19 (火) 阪大が開発した「製造コスト10万分の1の太陽電池」は世界を変えるかも知れない。オーランちゃんもよろしく(笑)

■2013/2/18 (月) せっかく開いている国会で、自衛隊の手足を縛っている愚劣な鎖を一刻も早く切ってしまえ

■2013/2/17 (日) G20で嫌われる国?オッケーですよ。それが「経済強国日本」のありうべき姿だ

■2013/2/16 (土) 美酒佳肴美女の博多の地に、空から汚物を降らせてくる支那に呪いあれ

■2013/2/15 (金) 制服で整列する異国より凱旋の防人たちと、天皇皇后両陛下。日本人の誇りに胸熱くなる光景よ

■2013/2/14 (木) 邪馬台国わかるか!?頑なに陵墓の調査を拒否してきた宮内庁がなんと箸墓古墳の調査を許すという画期的転換

■2013/2/13 (水) 隣の国で核実験の不意打ち食って威力も型もわからないんじゃマズいだろう(泣)

■2013/2/12 (火) バチカンの正常な状況下では実は「史上初」。ローマ法王ベネディクト16世の退位宣言に11億カトリック教徒たちの震撼

■2013/2/11 (月) 爆竹でまた空気を汚すどこぞの春節ではなく、大和なでしこたちの大活躍で祝う紀元節のめでたさよ

■2013/2/10 (日) 自衛隊の迷彩服通勤に因縁をつける馬鹿。おまえら真っ赤なシャツでも着て出勤しなさい。文句いわないから

■2013/2/9 (土) 江副浩正さん逝く。私もまたある意味で「江副チルドレン」のひとりであった

■2013/2/8 (金) 橋下さん、まずお膝元の関西圏で腐れ公務員の徹底粛清ができたら、あんたを信じるで

■2013/2/7 (木) 今日「北方領土の日」。今こそ注視しなくてはいけないのに、あっさり無視する大マスコミの見識よ

■2013/2/6 (水) 支那艦船、レーダーで攻撃。今ただちに尖閣に派兵しても国際社会は完全に納得するはずだ。好機逸するべからず!

■2013/2/5 (火) オノレの実家が売国商売で稼いでいる支那の領空侵犯機への警告射撃を阻止したジャスコ岡田副総理(当時・笑)

■2013/2/4 (月) 祝!若宮啓文前朝日新聞主筆、池田大作センセイと同じ称号を朝鮮人から授与!

■2013/2/3 (日) 「丸刈り動画」をいまごろ削除しても遅い。国際的なスキャンダルをあなたたちは引き起こしたのだよ

■2013/2/2 (土) これからの一週間は拉致された同胞を奪還するための正念場だという海外からの指摘

■2013/2/1 (金) 体罰といじめで国論が沸騰する中、丸坊主になった女の子を世界中にさらすAKB48の運営者の神経を疑う

■2013/1/31 (木) かつての上司ふたりとかつて3人が通ったバアにいた美しいひとの行方をたずねて歩く六本木の夜

■2013/1/30 (水) 政権が交代すると橋下徹という人の本質が見えることがいろいろ起きる面白さよ

■2013/1/29 (火) 朝日新聞がけなす安倍さんの所信表明は簡潔でわかりやすい。子供たちでも読めるはずですよ

■2013/1/28 (月) 防衛予算を倍増して支那にメッセージを送るくらいの根性を見せろよ

■2013/1/27 (日) 500人ものインドネシアの青年たちが日本国のために唄ってくれた歌を、休日のひとひ愛する誰かと聴いてください

■2013/1/26 (土) カルト教団のダミー政党が開戦間近の敵国で教祖の宣伝をして、それを大マスコミが批判しないという異常国家

■2013/1/25 (金) アルジェリアの惨劇のために読まれることがなかった安倍晋三首相の感動的なインドネシアでの演説の原稿

■2013/1/24 (木) 日揮とBP社の最高幹部が居合わせる瞬間を狙った襲撃への狼狽を隠したいアルジェリア政府のその後の「不親切」

■2013/1/23 (水) 「日銀の独立性」を重んじるあまりデフレで毎年3万人も殺してきたのは「9条守って国滅ぶ」と同じ本末転倒だった

■2013/1/22 (火) アルジェリア人質事件でもひそかに示されていた天皇陛下のお心遣いについて

■2013/1/21 (月) さてそろそろ、日本人を殺すとどういう報復を受けるか、教えてやろうではないか

■2013/1/20 (日) 大鵬逝く。ああ、そういう歳に私もなったか

■2013/1/19 (土) ノーベル経済学賞受賞者が評価する、日本が「どこもやったことがない手を打ったこと」での今後の景気上昇への予感

■2013/1/18 (金) アルジェリア軍、施設を急襲。旧植民地国家のトラウマとプライドを見誤ったか

■2013/1/17 (木) 日本人が人質。かつてサハラの奥に入った私が危惧するかの地での作戦行動について

■2013/1/16 (水) 誰かこの時機に支那の招待で南京の反日施設にわざわざ出かける元首相を止めてくれぇ

■2013/1/15 (火) 支那の「戦争ムード煽動」はどこかで自分でも止められなくなるかも知れない。覚悟せよ

■2013/1/14 (月) あなたや、あなたの子弟が、明日、戦場にに行く。フランスに学ぶ「普通の国」とはそういうことである。私はいいと思うけどね。

■2013/1/13 (日) 本日オンエア『たかじんのそこまで言って委員会』現職首相、安倍晋三さん登場!

■2013/1/12 (土) 内閣総理大臣、国会ではなくこっちの『委員会』にきたる!

■2013/1/11 (金) 中卒高卒が尊ばれないのは、大マスコミにとって大学生の「就活」が大きなメシのタネだからである

■2013/1/10 (木) 復興庁に行くことがキャリア官僚たちの最大の名誉であるという価値観を構築せよ

■2013/1/9 (水) 大学の先端研究に予算。ぜひともオーランチオキトリウムをよろしく!

■2013/1/8 (火) 支那の『南方週末』の言論弾圧は政権内部の抗争が終わっていないことを示している

■2013/1/7 (月) 「現代の初鰹」たる1億5000万円のマグロに庶民ぶってケチをつける大新聞の野暮

■2013/1/6 (日) 伊勢参拝の次に三宅久之さんの墓参りに行くことに安倍晋三という人物の誠実さを思う。特にあの外道どものあとだけに

■2013/1/5 (土) 支那を睨んでのつばぜり合い。安倍外交は手堅いスタートだ

■2013/1/4 (金) 除染という名のもとに放射性物質のバラまきが行われている驚愕の事実

■2013/1/3 (木) みんながまた被災地に義援金を出す「気持ち」から「景気」も良くなるんじゃないかな

■2013/1/2 (水) それぞれに沖縄を詠まれた天皇皇后両陛下の想いの、届かんことを願う

■2013/1/1 (火) ゆっくりと、しかし確実に、いい国になりますように。いや、なれるよね。