2009年

2009年タイトル一覧(更新は不定期です)

■2009/12/31 (木) 石が転がり始めた年であった。その石の行く先を導くための足腰を私たちは鍛えようではないか。よいお年を!

■2009/12/30 (水) 皇軍のインドシナ進駐を知る老父を連れて訪れたベトナムで迎える歳の暮れかな

■2009/12/29 (火) 中東産油国での原発プロジェクトをみすみす韓国にさらわれた日本国のダメージははかり知れない

■2009/12/28 (月) 教育も雇用も「ただ生きる」人間よりも「善く生きる」人間の方が優先して救われるべきだと思いませんか

■2009/12/27 (日) 昨年末「派遣村」に集まって政府を恫喝した連中の多くがまだ生活保護を貰い続けていることを知っていましたか

■2009/12/26 (土) コンクリートへのばらまきから人へのばらまき」へ。修正利権談合共産主義の出現を警戒せよ

■2009/12/25 (金) これで鳩山家が破産して兄弟が「井戸塀政治家」にでもなっていれば「庶民目線」の大マスコミは満足したのだろうか

■2009/12/24 (木) 今夜の世間の馬鹿騒ぎに関係ないみなさん。政権交代100日目にお送りする19時からのストリーミングで会いましょう

■2009/12/23 (水) 日米関係が流動化する中、A級戦犯が処刑されたこの日に沖縄の核の密約文書が明らかになることの意味

■2009/12/22 (火) 未熟なのはわかっている。だからこそ「透明性」と「誠実さ」は愚直なほど見せろよ、民主党

■2009/12/21 (月) 政権への世論調査の内容がこれまでとは大きく違うことがこの国に起きている大変化を示している

■2009/12/20 (日) 日本も大雪アメリカも吹雪と報じる一方で地球温暖化でナンボ互いにカネを払うかという会議で騒ぐお笑い

■2009/12/19 (土) リアル国防論続き。日本国がもし一戦することがあればそれはどういう形であるかを考えるリアリティ

■2009/12/18 (金) 鳩山さんコペンハーゲンでは温家宝と握手。なんで支那人との友好映像ばかり毎日見なくてはいけないのか

■2009/12/17 (木) いまこの国難の一夜に自衛隊の最高幹部たちと語り明かした国防の神髄について

■2009/12/16 (水) 力で君臨する独裁者の使者が徳で象徴たる天皇陛下の前に出た時の惨めな様子の痛快さよ

■2009/12/15 (火) 天皇陛下の胸中を代弁するという狂気の僣上の沙汰をした政治家は明治以来いなかったのではないか

■2009/12/14 (月) わざわざデータ捏造しなくても環境利権屋が言っていることの矛盾はあちこちで露呈しているけどなあ

■2009/12/13 (日) 週刊誌の凋落の中でもっとも取材力のない『SPA!』が健闘しているのはゲリラという雑誌本来の存在意義を示唆している

■2009/12/12 (土) 天皇陛下に支那の要人会見強要。現政権の危うさはイデオロギーよりもむしろ無知にあるというトホホ

■2009/12/11 (金) 言葉の天才オバマさんの欠点は空気が読めないことだ。受賞を辞退して大演説をすれば歴史に残っただろう

■2009/12/10 (木) 一回きり放映10分間の映像に10カ国で海外ロケして5億円。立て全国の表現者!ふざけるなと電通と都庁におしかけよ

■2009/12/9 (水) 素人経営者がいちばん下手なのがカネの有効なまわし方だということが改めてわかる政府の経済対策

■2009/12/8 (火) 今日という開戦の日にあの戦争を振り返ることは私たちの明日の糧なのに無視を決め込む大マスコミの怠慢

■2009/12/7 (月) 世界同時乾杯をしていただきましたが世界同時に「バカが国家をやってい」たあの時代の凄まじさがわかってきた

■2009/12/6 (日) 待ちかねし 乱世の中の しじゅうくう ようやく大人に なりし心地す。わはははは。まだまだ暴れてやるがな

■2009/12/5 (土) 「あれ絶対にヘンだけど見逃されているよなあ」という感覚に慣らされてしまっていた怖さを改めて感じるなあ

■2009/12/4 (金) 日米関係よりも日本国をどうするか、バッタ連立よりも安全保障をどうするか、優先順位を考えろよ

■2009/12/3 (木) 野党として追及してきたことがいかにちっちゃいものだったかわかった」という蓮舫議員の私への呟きの重み

■2009/12/2 (水) 北朝鮮に拉致された同胞を奪還するために海外に意見広告を出す企てについてひとつの報告ができることなど

■2009/12/1 (火) 長崎の高台よりこの地が生んだ国会議員が国家のために病める同胞の明日の命を救ったことにお礼申し上げる

■2009/11/30 (月) ボクシングの切なさとはすべてを賭けることが出来ぬ卑劣な自分にかわって闘っているものの姿を見ることである

■2009/11/29 (日) 航空会社まで機内手荷物に「馬鹿基準」適用で日本国の音楽文化が殺される

■2009/11/28 (土) フツーの人が見てヘンなものはいつか破綻するんですよ。ドバイの風景見て異常だと誰もが思いましたよね

■2009/11/27 (金) 全国から交通費かけてやって来る「子棄て箱」だが地元・熊本の利用者はひとりもいないという「世間の目」の凄さ

■2009/11/26 (木) せっかく一堂に会したノーベル賞受賞者たちに、この国の学術や教育の未来像を設計してもらってはどうだろう

■2009/11/25 (水) そりゃビジネスに乗ってもいいけどさ、それを疑問に感じなかったのかJICAの職員たちに聞いてみたいね

■2009/11/24 (火) 核の使用方法について米政府と論議しているという大スクープがほとんどの大マスコミで無視されている価値観異常

■2009/11/23 (月) 国民ひとりひとりが阿呆マスコミの煽りに乗らずに「モノの適正な値段」をちゃんと判断することがデフレスパイラルからの脱却につながっていく

■2009/11/22 (日) 賛否はともかくあの事業仕分けの公開が大マスコミをして談合破ってでも書くことに走らせたことは確かだ

■2009/11/21 (土) 皇太子殿下にカミサンの歌を聞かせたあとで支那ナンバー2に乗り込まれる日本国政府の醜態と屈辱

■2009/11/20 (金) 社会に出ている大人の仕事がないのに学生が就職難なのは当たり前だとなぜ大マスコミは書かぬ

■2009/11/19 (木) 秋葉原殺傷事件の犯人が出したという手紙をさまざまにオモチャにする大マスコミの不見識

■2009/11/18 (水) 拉致議連に大量加入の民主党議員に大マスコミはどの程度の意識を持っているのかアンケートをせよ

■2009/11/17 (火) すべての改革はまず「冷酷な現実と向かい合う」ことから始まるという事実は私たちの人生にも言える

■2009/11/16 (月) 民主主義とは自覚的に民主主義であり続けることで、だから政権交代が必要だと教えてくれる一冊の本

■2009/11/15 (日) 『ムーブ!』という番組が何だったのかをむしろ終わってから教えてくれる義と志の人々

■2009/11/14 (土) 市橋告発の建設会社をパージする連中にこの国の「世間」が変わっていると知らせてやろうじゃないか

■2009/11/13 (金) オバマさん訪日を受けて。アメリカと「対等の地位」を求めるのではなく「何かを対等に創っていこう」ということを言おう

■2009/11/12 (木) 冷戦崩壊と同時に即位された天皇陛下のご在位20年のご苦労を拝察し無事迎えられた今日という日をお祝い奉る

■2009/11/11 (水) 長く指弾してきた柔整問題がようやく仕分け作業の俎上に。闘うことをあきらめてはいけないと改めて思う

■2009/11/10 (火) 整形外科医の父を持つ市橋達也と警察の情報戦はいくらでも深読み所満載だ

■2009/11/9 (月) まだ駆け出しだったがベルリンの壁の崩壊のシーンに記者としてギリギリに間に合ったのは私の幸せであった

■2009/11/8 (日) 大マスコミにもっとも叩かれている「医師」と「自衛官」がいる集まりで話をしてきました(笑)

■2009/11/7 (土) エコエコというならば新しいハコモノを作るよりも古いものを維持管理することにもっと神経を使えばどうなのか

■2009/11/6 (金) 総理大臣が国会答弁で自国の国旗国家について「いわゆる」と冠詞をつける異様な政権

■2009/11/5 (木) 大量殺人結婚詐欺女の顔と名前を出さない記者クラブ大マスコミの腰抜け談合ぶり

■2009/11/4 (水) かつての共産党のように今度は日本が文化で支那の若者の心に「浸透」しているという痛快さを描いた名文

■2009/11/3 (火) 「事業仕分け」は腐臭漂うこの国の構造を見る「窓」である。ぜひとも注目を!

■2009/11/2 (月) 拉致犯罪、金正日が直接指示が明らかならば国際刑事裁判所に訴追せよ!

■2009/11/1 (日) 医療崩壊を国や行政ではなく国民の側からくい止めようという試みがあちこちで起き始める日本国の底力よ

■2009/10/31 (土) 「21世紀のアレクサンドリア図書館を日本国に」という東大教授のまことに建設的で魅力的な提案

■2009/10/30 (金) 大マスコミの旧態依然の床屋政談は無視して行政刷新会議の事業仕分けを注視し応援しよう

■2009/10/29 (木) 手垢のついたバラエティより国会の方が面白いと気づくメディアよ現れよ

■2009/10/28 (水) 昔は砲戦の前に艦内の可燃物をすべて捨てたというのにペンキを艦首に置いちゃダメでしょう

■2009/10/27 (火) 韓国人が安重根が伊藤博文を殺した100周年を祝うイベントにやって来ました

■2009/10/26 (月) 伊藤博文が安重根に暗殺されてちょうど100年を迎えたソウルからお送りします

■2009/10/25 (日) 「相談者に名刺を渡せ」という長妻昭厚労相の指示がこの国の公務員の振る舞いを劇的に改善する可能性がある

■2009/10/24 (土) 芸能人の薬物裁判は武道館や東京ドームで入場料をとって傍聴させれば?

■2009/10/23 (金) 園遊会での天皇陛下と森光子さんの会話に出てきた『皇太子さまお生まれになつた』という歌をめぐる物語

■2009/10/22 (木) 「水と安全がタダのいい国」という言葉にだまされてどれだけのカネを抜かれてきたかということ

■2009/10/21 (水) ダムを始めとするハコもの公共事業見直しはコンクリートから人へと私たちのカネを取り戻すことでもある

■2009/10/20 (火) 新型インフル対策に見られる官僚の無能さがすべての省庁で同じだとすれればこれは相当にヤバい

■2009/10/19 (月) 長野市長選挙で見せているような頑迷さをどこまで捨てて柔軟な交渉を民主党はアメリカとできるだろうか

■2009/10/18 (日) 新政権発足1カ月。嫌なことも頼もしいこともあるが少なくともこのダイナミズムは今までなかったものだ

■2009/10/17 (土) 明治以来の大目標が実に130年ぶりに実現したのだと思えば目の前の困難など屁でもなし

■2009/10/16 (金) アメリカとスペインの「和解」が教えてくれる民主主義国家どうしの大人の関係

■2009/10/15 (木) インド洋給油で各国の海軍のトップと「現場は話をつけた」赤星慶治海幕長の海軍外交の見事さよ

■2009/10/14 (水) ここ何年間かでもっともかけにくかった一本の電話。あなたならこういう時どうします?(苦笑)

■2009/10/13 (火) 「王様は裸だ」みたいに「成田は糞だ」とようやく言えるようになった政権交代の効果を喜びたい

■2009/10/12 (月) 2度目の核実験の証拠がない中でサリン検出情報を首脳会談前に流す支那と北朝鮮の工作を読み解け

■2009/10/11 (日) ヒバクといえば無理が通って道理が引っ込むと思っている国際的田舎者の恥ずかしさよ

■2009/10/10 (土) まだ一学期が終わったばかりで首席卒業のメダルもらっちゃやりにくいよねオバマさん

■2009/10/9 (金) 創造者がつくったものが生む結果にどこまで責任をもつべきかということは人類の永遠のテーマだ

■2009/10/8 (木) 貧困は主義者が煽動に使う道具ではなくきちんとした経済的施策で解決すべき「国難」である

■2009/10/7 (水) 願っていればいつかはかなう。23年前マニラで見た夢が目の前で現実になりつつあるということ

■2009/10/6 (火) 横浜開国博失敗に見るハコモノでない公共事業の無責任体制と暗躍する代理店の闇

■2009/10/5 (月) ミンドロ島のジャングルからなんとか無事に帰ってきました。8時から日テレ系で会いましょう

■2009/10/4 (日) たとえ出稼ぎでも行ってよかったと一生の思い出になる国になりたいよね

■2009/10/3 (土) 思ったよりも世界が騒がない支那の誕生日。ニューヨークのビルを紅く染めてみたがチベットの魂は死なず

■2009/10/2 (金) 波のしぶきが飛んでくる夜明け前のミンドロ島の海岸からヘッドランプのもとお送りします(笑)

■2009/10/1 (木) 遅れてすみませんでした。フィリピンの僻地の島の小さな村より世界を眺めてお送りする。

■2009/9/30 (水) 海外在住の日本人たちがいかに祖国の政治に呆れていたかが、こちらから見るとわかります

■2009/9/29 (火) 台風で20年ぶりの被害にあったばかりの夜明けのマニラから

■2009/9/28 (月) G8よりG20が必要というのならば安保理にだって日独伊の旧枢軸を加えて戦勝国クラブからの脱却を

■2009/9/27 (日) 東シナ海に浮かぶ美しき島より支那の盗品陳列展に協賛する大マスコミの名前をお伝えする

■2009/9/26 (土) 事故調の信頼の根幹が揺らぐとなるとあの事故やあの事故の真相はどうだったのだろう

■2009/9/25 (金) 鳩山政権への世論調査結果を見て「これまでの調査がヘン」だったと感じるのは私だけだろうか

■2009/9/24 (木) 政権交代は「村山談話」を見直す絶好の機会だったのにそれを逃した民主党の愚

■2009/9/23 (水) 「しがらみを捨てて本気になった日本人」がどれほどのものか世界に見せつけてやろうではないか

■2009/9/22 (火) 日本に民主党政権が誕生したために自分たちの「リベラル」が本当かどうか試されている韓国の滑稽

■2009/9/21 (月) 「何が行われてきたか」「本当はどうなのか」を知るところからこの国の建て直しが始まるのだ

■2009/9/20 (日) 東シナ海に浮かぶ美しき島より支那の盗品陳列展に協賛する大マスコミの名前をお伝えする

■2009/9/19 (土) 侵略者・支那によるチベットからの盗品陳列、本日から上野の森美術館で開催

■2009/9/18 (金) 鳩山政権への世論調査結果を見て「これまでの調査がヘン」だったと感じるのは私だけだろうか

■2009/9/17 (木) 「普通の民主主義国家」誕生でアメリカはむしろホッとしているとの声も聞こえてくる

■2009/9/16 (水) 次なる総理が少なくとも「恥」という言葉を使える人間であるだけでもいくらかマシというものだ

■2009/9/15 (火) バラまきの反対は日本を代表する頭脳やアスリートへの集中投資だと新政権は覚醒せよ

■2009/9/14 (月) 「やめることにかかるコスト」を私たちはけっこう日常の中で払い、納得しているんだけどな

■2009/9/13 (日) インフルエンザワクチンの優先接種順位に安全保障の観点が全く抜けている平和ボケ国家

■2009/9/12 (土) 平成維新のこの時に西郷南洲翁の「覇図」の漢詩が見つかるという歴史の面白さよ

■2009/9/11 (金) 理工系出身の鳩山由紀夫さん、今日の打ち上げ成功にシブいひとこと下さいな

■2009/9/10 (木) 白人連中は絶滅危惧種というより「日本人の好物リスト」を手に意地悪してるんじゃないのかね

■2009/9/9 (水) 999。何だか行くところまで行って、しかし辛うじて踏み止まったかもしれないこの国を象徴するような今日の日付です

■2009/9/8 (火) 誰もが「そうかな」と思えるフツーの人事こそが組織の緊張感の基本なのは会社も同じですよね

■2009/9/7 (月) 国家戦略局担当相を朝日新聞がなんと略すのかが、今から楽しみで楽しみで(笑)

■2009/9/6 (日) 利権のために呟くのではなく正義のために声をあげるということを私たちも学ばねばならぬ時が来ている

■2009/9/5 (土) 全国の地方利権談合政治屋におかれましては親会社が倒産して仰天。失業者の気持ちがわかったか!

■2009/9/4 (金) 相変わらず床屋談義みたいな政局話しかできぬ大マスコミの古さが政権交代で際立ってきた

■2009/9/3 (木) 総理大臣指名投票で白票を入れる政党に税金から助成をするなんてとんでもない

■2009/9/2 (水) 政治家よりも有権者の意識の方が高いことを示した世論調査の美しき数字たちよ

■2009/9/1 (火) 「自民党再建計画」をマジメに語ることは日本国のために大切です

■2009/8/31 (月) さあ、舞台はできた。あとはどういう振る舞いをさせるか、正念場はこれからだ

■2009/8/30 (日) 外つ国に 焼かれし民の 存りし地に 覚めて大和の 革まるを待つ

■2009/8/29 (土) 私が出ていたかもしれない(爆笑)兵庫8区の応援に行ってきました

■2009/8/28 (金) 夏休みの終わりが近づいて追い込まれているあなた。読書感想文の書き方の秘訣教えます

■2009/8/27 (木) 兄弟で政治家を輩出したケネディ家と親子で地盤を継ぐ日本との違いは民主主義の底力を考えると面白い

■2009/8/26 (水) 『ムーブ!』が孤軍奮闘で追求していた柔道整復師業界の闇に、ついに司直のメスが入る!

■2009/8/25 (火) 「友愛」とか「気概」とかでこの国を導いて行くのはある意味でかつての「神州不滅」と同じだよ鳩山さん

■2009/8/24 (月) 身近に見ていて嫌なカップルっているでしょう、やめりゃいいのにくっついたり離れたり。南北朝鮮見ているとそうだなあ

■2009/8/23 (日) 今や利権と言えばエコ。金の亡者どもがひとの美しい魂をここでも貪りはじめている

■2009/8/22 (土) 昨日紹介したパンフは怪文書ではなくて自民党の正式な文書でした。お詫びして訂正して呆れます(泣・笑)

■2009/8/21 (金) 投票日に向けて悪あがきする勢力の卑劣な行為を良民常民のウェブのつながりで満天下にさらしていこう

■2009/8/20 (木) 国民を窮地に陥らせても危機を演出して票にする勢力があるならそれに鋭い対策を出して戦えばいい

■2009/8/19 (水) 北朝鮮に核を開発させノーベル賞を500億円で買い拉致犯罪解決を妨害した男を絶賛する朝日新聞の狂気

■2009/8/18 (火) 地方への権限移譲350事務の求めに対して「2」と答えた霞が関の厚顔をこの時期こそメディアは大きく報じよ

■2009/8/17 (月) 高速道路こそこの国の利権談合共産主義のショウウインドウ。それを今度の新しい政権がどう食いものにするのかも見ておこう

■2009/8/16 (日) 丹波の里の緑の底から、その中で夏の兄弟たちと会った話をお送りします

■2009/8/15 (土) 偃武の日を迎え祖国に殉じたすべての御霊のやすかれを祈り、今年は特別の御礼を申し上げる。世が、変わりますよ

■2009/8/14 (金) 東京ドームで全大マスコミ共催、論壇オールスター出席の全党党首討論会どこかイベントとして企画しませんか

■2009/8/13 (木) 「帰りには直ってますから帰省して下さい」でいまさら「ダメかも」はイケイケ詐欺だぞ、政府と中日本高速よ

■2009/8/12 (水) 土建屋と政治屋の紐帯はかくも強し!票釣り1000円のために東名突貫工事

■2009/8/11 (火) 麻生さん。あなたがお祖父さんに続いて名を残す最後の機会は8月15日の靖国神社への公式参拝だ!

■2009/8/10 (月) 芸能人報道に隠蔽されがちな政策論争やウイグル弾圧などのニュースを意識的に注視していくべし

■2009/8/9 (日) 極道の鉄砲玉真っ青の計算尽く出頭はむしろ酒井法子の背後に広がる闇を教えてくれる

■2009/8/8 (土) 弟もシャブで逮捕で浮上する酒井法子の背後に闇組織の可能性

■2009/8/7 (金) 裁判が進むにつれて裁判員の顔が露出されてくるストリップみたいなのっていったい何だ

■2009/8/6 (木) 日本国内の銃器根絶もできないのになぜ世界から核兵器をなくせると思えるのかが私にはわからない

■2009/8/5 (水) やってみたけれどダメだったたね、を日本人は裁判員制度で覚えるだろうけど、それでいいんです

■2009/8/4 (火) よっしゃあ。支那人のやりたい放題がわがうどんの世界に入って来たなら徹底的にやってやろうじゃないの(笑)

■2009/8/3 (月) 若きアスリートたちの活躍と派遣村の比較から若者たちの「魂の格差」とその処方箋を思う

■2009/8/2 (日) わが人生の初夏の日々に輝いていたコラソン・アキノに心から哀悼の意を捧げる

■2009/8/1 (土) 今の自民党がもっとも聞きたくないであろう「責任力」を選挙のキーワードにする恐るべき蛮勇(笑)

■2009/7/31 (金) 子供たちに自分の人生についてモラトリアムさせることなく早くから真剣に考えさせる国だけが将来の繁栄を約束される

■2009/7/30 (木) アメリカが日本の頭越しに支那と話すのは当たり前。日本は核を持っていないんだから

■2009/7/29 (水) 麻生さん、この際ラビア・カーディル女史と会談すれば、有終の美を飾れますよ

■2009/7/28 (火) 民主党は『平成の5策5原』(命名・勝谷・笑)だけは死守する、できなければ下野すると国民の前で誓いたまえ

■2009/7/27 (月) インドも原潜を持つ時代に軍事費を削り続ける国なんかに危なくて住んでいられねえや

■2009/7/26 (日) 利権のための砂防ダムではなく地方での就労というダムを作り都会への若年失業者の土石流を止めよ

■2009/7/25 (土) 田中康夫さん鳩山由紀夫さんとわが故郷を歩いて感じたうねるような「世がわり」の胎動

■2009/7/24 (金) 兵庫8区から私が出るか出ないかはまだわかりません。どははははははは

■2009/7/23 (木) 麻生さんの無節操なパフォーマンスを批判できない大マスコミも自民党と一緒に崩壊だな

■2009/7/22 (水) 麻生さん両院議員懇談会の冒頭で「ではぁ自民党もぉこれで解散!」と言えば祖父と並んで歴史に名を残したのになあ(笑)

■2009/7/21 (火) おじいちゃん。タローも解散やります!おじいちゃんの時のに「の」がついちゃって『バカヤロー「の」解散』だけど

■2009/7/20 (月) 政権与党が「反省と謝罪」をして解散するという世界の憲政史上類を見ない滑稽な風景は日蝕より見物ですよ

■2009/7/19 (日) ウイグル報道がたえて久しいが胡錦濤がまだマシと思える最悪の独裁者が弾圧を続けていると知れ

■2009/7/18 (土) 政権交代という「現象」でも「イデオロギー」でもなく私たちは次の「システム」に何を託そうとしているのか

■2009/7/17 (金) 兵庫8区から私が出るか出ないかはまだわかりません。どははははははは

■2009/7/16 (木) どうせ下野する政党の内紛などほっておいて私たちは来るべき世界の展望と逃亡しようとしている奴らの追及を始めよう

■2009/7/15 (水) 大決戦のために両軍対峙し開戦の直前に司令官が逃亡。大本営はそれを認めないという天下の奇観

■2009/7/14 (火) 麻生さんどうせなら解散22日にしようよ。欠けた太陽の下でバンザイ突撃解散。わははははは

■2009/7/13 (月) 民主党は都議選で「勝った」というよりも「どんな情けない候補しか立てられなかったか」を真剣に論ぜよ

■2009/7/12 (日) 確かに国家は混乱しているがいろいろな意味で『偽装国家』が崩壊して本音が出てくるのは悪いことではない

■2009/7/11 (土) これだけ「自分さがし」や自己顕示をしたい時代なのになぜ「バイ・ネーム」ということがもっと実現しないのか

■2009/7/10 (金) 私たちが知らなかった文書をどれだけ出せるか。交代した政権にはまずその「肝試し」を求めよう

■2009/7/9 (木) 世界一のPKO国家カナダでその犠牲者の記念碑に天皇皇后両陛下が献花されたことの意味

■2009/7/8 (水) やはり大阪の個室ビデオ店放火事件からまだ9ヶ月。あの時の犯人に意外な背景

■2009/7/7 (火) 他民族の文化と歴史を破壊し漢族が土地を奪っていく支那の魔手はやがて日本国にも来るだろう

■2009/7/6 (月) 兵庫県の民主党関係者は同日に行われた知事選の投票率が静岡県の半分近くしかないことを恥じるがいい

■2009/7/5 (日) その場での責任を誰もとらないために私たちはどれほどの夢を捨ててきたことだろう

■2009/7/4 (土) 日本人が核の番人に選ばれたのは「唯一の被爆国」だからではない「持てるのに持たない」からだ

■2009/7/3 (金) 天皇陛下カナダご訪問。戦後すぐにかの地を陛下が訪れられた時のお気持ちを私たちも追体験して初心を想おう

■2009/7/2 (木) 「余命1ヶ月の大臣」に担当されることになる沖縄の方々はもっと怒った方がいい

■2009/7/1 (水) 日本国内の核の有無も何もかも政権交代後にはすべて再調査してゼロからスタートだ

■2009/6/30 (火) 平和都市ヒロシマの市長は民間人の講演に対して事前検閲と言論弾圧を公文書で行う男

■2009/6/29 (月) 『たかじんのそこまで言って委員会』のスタッフがチベット奪還を闘う人々に示してくれた美しい義

■2009/6/28 (日) ものごとの理屈ではなく声の大きい馬鹿がわめくと腰抜けが狼狽するこの国を示すサンテレビでの出来事

■2009/6/27 (土) 欧米の新聞は「ポップのイコン」と見出しを打ったがマイケルはまさに「虚の時代のイコン」だったのではないか

■2009/6/26 (金) 解散時機をもてあそんでいることそのものが、あの官邸の愉快犯には愉しいんでしょうね

■2009/6/25 (木) 支那と北朝鮮とずっと仲良しだった朝日新聞が金正雲極秘訪中で誤報打つわけにいかないもんね〜

■2009/6/24 (水) 朝鮮戦争開戦記念日の明日、韓国の3大紙に日本人の意見広告が載るという、みなさんの力でなし遂げた歴史的事件

■2009/6/23 (火) 「台湾統治」に続きまたもやったNHK。沖縄戦「集団自決」をめぐりほのめかし洗脳番組の卑劣

■2009/6/22 (月) イランで起きている騒ぎを固唾を呑んで見守っているのは支那であり北朝鮮の独裁者どもだ

■2009/6/21 (日) 少しでも仕事をしたくないという職業でカネをもらって嬉しいのかね、義務を果たさぬ役人諸君

■2009/6/20 (土) 紙幣を刷っておいてあとから使える地域を決める八百長「エコポイント」でカネが降る大臣の地元はアソコ

■2009/6/19 (金) 選良が自分の意志と良心に従って投票行動をするという当たり前の光景がやっと国会で実現した

■2009/6/18 (木) 神田高校入試で茶髪を落した義の校長を処分し、カネ寄越せと言ってきた親に支払う神奈川県の没義道

■2009/6/17 (水) 財相サミット直前に会場のイタリアで起きた日本人による米国債13兆円持ち出し事件の不気味

■2009/6/16 (火) 北朝鮮のブローカーとしてちょろちょろしていたあの男が官邸に出入りしているのに国税にやられた背景とは

■2009/6/15 (月) 維新回天の直前にも空からいろいろと降ってきたが平成の政権交代前にはなぜオタマジャクシ?(笑)

■2009/6/14 (日) だから言ったこっちゃない。ウラン濃縮こそが北朝鮮の核問題の本命なのだ

■2009/6/13 (土) 「民間会社」の社長を選んで有権者の負託を受けた大臣を切る「官邸の愉快犯」のトンデモ政治

■2009/6/12 (金) 新型インフルの感染者数から新聞の部数まで私たちの日常の中に堂々たる嘘が入り込む偽装国家

■2009/6/11 (木) 韓国3大紙に拉致された同胞奪還の全面広告掲載のための募金、目標を達成!「二つ目のこと」が出来た継続力の意義に万歳

■2009/6/10 (水) 新型インフル「正式検査拒否」で感染者隠しをしてきた自治体がどれだけあるのか大マスコミはスクープ競争せよ

■2009/6/9 (火) 国家が腰抜けならば他国の個人の良心に土足で侵略して来るような国に対しては個人で防衛していこう

■2009/6/8 (月) 麻生首相とクリントン国務長官が同時に口調を揃えて北朝鮮非難を始めたことに注目

■2009/6/7 (日) ひとの国にいれば身分を明らかにして「お邪魔しています」というのが当然でしょう

■2009/6/6 (土) 「死刑になりたい」鬼畜には「いつでも辛い自殺ができる終身刑」を打ってやれ

■2009/6/5 (金) 新聞社よ。巨象が倒れていくことには同情するが嘘をついて零細な企業の広告費を騙しとっているのはいけない

■2009/6/4 (木) 天安門事件20年。自由の義士たちのひとりも受け入れていない日本という国がどの口で自由や人権を言う

■2009/6/3 (水) こちらが手詰まりの中で相手に動きあり。北朝鮮の代替わりを拉致被害者奪還にどう活かすかすぐに検討を開始せよ

■2009/6/2 (火) 金融機関ではなく製造業の破綻を政府が救うという、資本主義は私たちの知らない新しい段階に入った

■2009/6/1 (月) 1万2000円貰ったのはいいが利権屋どものために一人あたま10万円近いバラ撒きをすぐにやられて気がつかない国民はおめでたいなあ

■2009/5/31 (日) 15兆円もぶちこんで無理やり卑しい時代を再現するよりも私たちには帰る場所があるのではないだろうか

■2009/5/30 (土) 地方の金型工場を訪問され社食でカレーを召し上がる陛下は背中で政治の無能をお叱りになっているのだ

■2009/5/29 (金) 身障者団体の不正DM事件は厚労省を舞台に郵政と民主党まで巻き込んだ極めて政治的な暗闘ではないのか

■2009/5/28 (木) 私ごときが講演では一人で1時間半喋る。なんで党首討論が二人でたった45分なのさ。3時間くらいやれ

■2009/5/27 (水) 盧武鉉の死、北朝鮮の核実験、開城工業団地閉鎖をつなぐ恐怖のミッシングリンク

■2009/5/26 (火) 核実験の「気配」すら察知できないわが国のインテリジェンス能力の欠如について開会中の国会は真剣に論議せよ

■2009/5/25 (月) 利権談合記者クラブ大マスコミの世論調査よりもはるかに正直な、さいたま市長選挙の結果と投票率

■2009/5/24 (日) 前大統領の逮捕がお約束の「民主主義国家」韓国はこれからは自殺がお約束になるのでしょうか

■2009/5/23 (土) 太平洋ひいては北東アジアの覇権を巡るオーストラリアとのせめぎ合いに注目せよ

■2009/5/22 (金) かつての地震の時の恩返しと台湾の方々が神戸にマスクを送って下さっていることをご存じですか

■2009/5/21 (木) 首都圏の最初の感染者が「検査をしたがすり抜けた帰国者」であったことへ「ヘンな感じ」

■2009/5/20 (水) 長崎原爆忌が投票日?いいではないか。亡くなられた方々に託されたこの国をここまでダメにした反省を込めて一票を投じよう

■2009/5/19 (火) 休校中の子どもたちには「読書感想文」の宿題を出して、出来た余暇に本を読む楽しさを教えればいいのに

■2009/5/18 (月) 今日から大阪や兵庫の高校生たちが登校できないなどという事態をリアルに想像できていた人がどれほどいただろう

■2009/5/17 (日) 「日本人の入国拒否」という事態も起こりうるということを想像力を鍛えているこの日記の読者のみなさんは覚えておいて下さい

■2009/5/16 (土) 民主党代表選騒ぎが覆い隠す、鴻池センセイの奇妙な言動と麻生さんに関するアブない発言

■2009/5/15 (金) 自分たちの親分を選ぶ時までいちいち選挙民の顔色をうかがいに来るんじゃない、このヘタレ!

■2009/5/14 (木) なぜ鳩山なのかなぜ岡田なのか、大マスコミの扇動に惑わされずに地元の選挙区の民主党議員の発信に耳を傾けよ

■2009/5/13 (水) 来日したチベット奪還運動の若き闘士の口から出た「ZENKOJI」の言葉に思わず涙した瞬間

■2009/5/12 (火) 小沢代表辞任は「たいしたことではない」。問題はそのプロセスをちゃんと検証できるかどうかだ

■2009/5/11 (月) 今や日本国の中枢にいる同窓生たちが30年ぶりに全力でぶつかって遊んだヘンで楽しい集まりの顛末記(笑)

■2009/5/10 (日) 新型インフルエンザのような危機は危機として「軽々と」乗り越えるような心の機動性を私たちは学んでいきたい

■2009/5/9 (土) ついに成田で日本人に新型インフルエンザ感染者。水際の「塀の上」の攻防でくい止められるかどうか

■2009/5/8 (金) 発熱した人を診察拒否と騒ぐマスコミ、無事でも出社停止の企業。危機管理が出来ないのは国だけではない

■2009/5/7 (木) きちんとルールとシステムを説明せずに「受診拒否」とインフル騒ぎでも医療現場叩きに狂奔する大マスコミの異様

■2009/5/6 (水) ネパールとインドで毛沢東派パキスタンでタリバンの蜂起で南アジアは世界最悪の火薬庫に。しかも核付きの

■2009/5/5 (火) 「なりたいもの」にお笑い芸人が入っていない小学生は上の世代よりかなりマトモかもしれない(笑)

■2009/5/4 (月) 「憲法記念日」に全国一斉に憲法を語るということ自体が妙な宗教じみていると思うのは私だけだろうか

■2009/5/3 (日) 共産主義が蔓延したせいであちこちに投げだされたままの領土があると知っていましたか?

■2009/5/2 (土) 結局は罪に値せずであってもその場の司法の判断に乗ってつるし上げる大マスコミがどの口で人権を語るのか

■2009/5/1 (金) メキシコも今日から5連休ながら大統領は外出自粛を呼びかけ、日本国は能天気な行楽地賑わい情報

■2009/4/30 (木) ニーヨークタイムズに意見広告掲載!それを受けてのアメリカと北朝鮮でのさまざまな動きに注目

■2009/4/29 (水) インドネシア独立戦争に身を投じた老翁への勲章は彼と共に闘ったすべての皇軍将兵への叙勲だ

■2009/4/28 (火) 「対岸の火事」と笑っていたらこちらの方がひどかったサブプライムローンの教訓を豚インフルで生かせるか

■2009/4/27 (月) ここまで投票率が上がれば法華票など吹っ飛ぶと教えてくれた名古屋市長選の教訓

■2009/4/26 (日) 驚愕!千葉県民におかれては知事が登場するパチンコ台にカネを突っ込みに行くことになるようで(ホント・笑)

■2009/4/25 (土) 草なぎ君の扱いは建前と本音と誠意を苦しい時代にどう使い分けるかという国や企業にとっての試金石だ

■2009/4/24 (金) テレビ各局の扱いが妙に優しいのはジャニーズ遠慮ではなく地デジ移行延期の可能性に「草なぎ君よくやった」(笑)

■2009/4/23 (木) 環境利権のおまじない。エコエコアザラク、エコエコカネナル、カネホシイ、カネホシイ

■2009/4/22 (水) 4人死んでいる以上有罪なら死刑しかありえないが無罪の可能性がなくもない今回のケースで裁判員が判断できるのか

■2009/4/21 (火) 「妊婦たらい回し」の次は「飲酒医師」批判。新聞の「スクープ合戦」に関西の産科医療は潰される

■2009/4/20 (月) 次大マスコミが時の政権にすり寄り白を黒と言いくるめる卑劣さでは私たちも支那などのそれを嘲えない

■2009/4/19 (日) 作家・奥山貴宏くんの4周忌に訪ねしみちのくは最上川べりの街は、さくらばな雪崩れるがごとき花ざかりなりき

■2009/4/18 (土) さくら前線に追いつくべく北上し、今年二度目の花見なりき。大和島根に生まれ落ちた嬉しさよ

■2009/4/17 (金) 空母建造の「ドックに」5000億円をつぎ込む支那。お金持ちのすることは違いますなあ(嘲)

■2009/4/16 (木) 苦境の『週刊新潮』、ワイド特集のタイトル「柳に風」に受け流す心意気を見るのは私の買いかぶりか(苦笑)

■2009/4/15 (水) 亀田大毅と対戦予定のボクサーが亀田家が好みそうな「滝修行」で事故死することへの「嫌な感じ」

■2009/4/14 (火) 騒乱に苦しむ、良き隣人である微笑みの国に日本国として手助けできることがある気がする

■2009/4/13 (月) 次々と番組が「嫌な消え方」をする今こそ朝日新聞は「軍靴の足音」を思い出して書き立てるべきじゃないのかねえ

■2009/4/12 (日) 混乱のタイだが人々の力で無能な政府を立ち往生させるさまが少し羨ましいのは私だけだろうか

■2009/4/11 (土) 金豚の花火に目をくらまされている間に同じ「別亜」の方々がなされていたこれだけのこと

■2009/4/10 (金) 天皇皇后両陛下の金婚を心より言祝ぎ奉るとともにそのお言葉の重さを三文モノ書きとして読み解き奉る

■2009/4/9 (木) 後継者選びが取り沙汰される北朝鮮の最高人民会議直前にマカオに現われた金正男の驚くべき発言

■2009/4/8 (水) あなたの選挙区の議員が北朝鮮に対してどういうスタンスなのか今のうちに調べて机の前に貼っておきましょう。選挙のために

■2009/4/7 (火) 5日11時20分にテポドンが撃たれると日本政府が事前に知っていたと思われるこれだけの証拠

■2009/4/6 (月) 国連安保理の場ではまず「その衛星とやらから出ている音楽ををこの場で受信して聴かせろ」と言ってみてはどうだろう

■2009/4/5 (日) イルボンの指揮系統あれだけ無茶苦茶ならミサイルより本気で攻めたらいちころスミダ

■2009/4/4 (土) 国際世論を敵に回し自国への制裁を強め日本人の国防意識を高めてくれるテポドンさんよありがとう

■2009/4/3 (金) 教育、勤労、納税の「国民の3大義務」を国が果たさなくていいと言うなら憲法なんかやめちまえ

■2009/4/2 (木) 国民の高速道路料金安くするより先に自衛隊の車にカーナビをつけて下さいませ(泣)

■2009/4/1 (水) 今日から朝日新聞夕刊の1麺コラム「漱石枕流」を担当します。どうかよろしく!

■2009/3/31 (火) 国民の高速道路料金安くするより先に自衛隊の車にカーナビをつけて下さいませ(泣)

■2009/3/30 (月) 郵便局よりも先につぶすべきだった『農協』という化け物の正体を暴いた名著は必読だ

■2009/3/29 (日) 撃ってくるミサイルを迎撃するというのは実は日本がやっと「戦争」をするんだぞ。もっとみんな緊張しろよね

■2009/3/28 (土) 「高速道路が安くなるので渋滞でしょう」と「国営放送」にアナウンスされるのはどこの後進国の愚民かね。バカにするなこの野郎

■2009/3/27 (金) いまこの瞬間にもあの土で出来た家に身を潜め独裁者の歯牙から逃れようとしているチベットの義士たちがいるという現実

■2009/3/26 (木) 「貸間業」に堕して放蕩の限りを尽くしていた放送局が気がつくと空っぽの部屋だけが残っていたわけだ

■2009/3/25 (水) 1塁あいているところでイチロー勝負。「朝鮮人はそれをガマンできない」。核、テポドンと同じだよなあ

■2009/3/24 (火) 着陸失敗Fedex機が積んでいた「可燃性の液体」の正体を事故調査委員会は公表せよ

■2009/3/23 (月) アメリカ牛食っちゃ危ないと言うのに食わせるし割り箸の偽エコごっこ今頃やるし吉野家ってどういう企業だ

■2009/3/22 (日) それでも日本を代表する「有識者」が呼ばれるとたちどころに集まるんだから首相という権威はまだ生きているんだなあ

■2009/3/21 (土) 群馬の老人ホーム火災の裏に見える、福祉介護利権をも貪る政官業の利権奴どもの凄まじさ

■2009/3/20 (金) 学費を稼ぐために一時休学する苦学生から授業料を全額ぼったくる鬼畜外道大学が15もある驚愕

■2009/3/19 (木) 死刑判決を「納得」と社説で書いた朝日新聞が執行された時に批判的になるかどうか注視していよう

■2009/3/18 (水) 隣国がミサイル撃つのに空軍司令官が国民の代表の前で「安心して下さい」と直接言えない憐れな国

■2009/3/17 (火) 法華の回覧板。「今のうちに『処分してあげますよ』とご近所からアナログTVを集めて会館に持ってくるように」。わはははは

■2009/3/16 (月) 護衛艦ソマリア沖へいよいよ出動。「護る船」と「護らない船」を作ることの危うさについて

■2009/3/15 (日) 少年時代に夢見たミノス迷宮に40年を経て立つ。その間に自らの生き方の方が迷宮に迷い込んでいる皮肉よ!

■2009/3/14 (土) ソマリア行き自衛隊の海上警備行動を発令。支那の「武装警官」をこれで嘲えなくなった半端国家

■2009/3/13 (金) 少年は学校で銃を乱射、シティバンクは連続爆破、そして…(苦笑)。不況による欧州の社会不安を実体験した

■2009/3/12 (木) チベット蜂起50周年の日に世界中がZENKOJIの名を思い出す、あの聖火リレー拒絶の義挙が生んだ伝説

■2009/3/11 (水) 義金満つを ローマにて知りPCを 涙濡らすをミネルヴァのみ知る

■2009/3/10 (火) 「オフレコ」の話がバレた大マスコミさん。どうやって私たちに使い分けてきたのか説明してよ

■2009/3/9 (月) ゴネれば国が食わせてくれるとわからせた意味で派遣村は亡国の背中を見事に押してくれた

■2009/3/8 (日) クリントン国務長官が「間違ったスペル」を露外相に贈った真意すら読み解けぬ報道を読まされる私たちの悲劇

■2009/3/7 (土) 「おまえ凄いな」と言われたら「『ムーブ!』崩れですからね」とシレッと言いながら、何年かたったらまた一緒に仕事をしようね

■2009/3/6 (金) 「いままで見逃してきた」ことを「金額の多寡」で区別して捜査する検察の意図をメディアはもっとちゃんと聞け

■2009/3/5 (木) 定額給付金支給決定の直後に機関誌の全面広告で信者を刺激する法華のあざとさわかりやすさよ

■2009/3/4 (水) どういう仕掛けがあったにせよ小沢一郎代表秘書逮捕への民主党の対応は政権奪取へのテストとなる

■2009/3/3 (火) 『諸君』の廃刊の裏には保守論壇の硬直化と老齢化があることを真剣に反省した方がいい

■2009/3/2 (月) 日本人が職がなく路頭に迷っているのにコンビニのレジには支那人朝鮮人が溢れている異様さをなぜ大マスコミは指摘しないのか

■2009/3/1 (日) 日々の努力で荒れた手だけが幸運の女神の前髪を掴むことができると『おくりびと』の受賞は教えてくれる

■2009/2/28 (土) 自ら正月を祝わないことを誓ったチベットの人々に連帯するために私たちは何の奢侈を我慢すればいいのだろう

■2009/2/27 (金) 郵政民営化もブッシュとの蜜月もそんなに昔が嫌ならば麻生さん、やはりここは総選挙でしょう

■2009/2/26 (木) 大阪などよりずっと先を行っていた長野県の革命がやはり土建屋のカネで阻止されていたという泣きたくなるような事実の浮上

■2009/2/25 (水) 米新大統領との会談の冒頭でブルーリボンバッジを外して相手の胸につければ、それだけで麻生さんは記憶される総理になれたのに

■2009/2/24 (火) 拉致された同胞を取り戻すオバマ新大統領への意見広告プロジェクトを開始します。あの「給付金」を使って・笑!

■2009/2/23 (月) 10億カトリック教徒の総本山を「罰カン」と書いた朝日新聞、相手がイスラムなら自爆テロされてるよ

■2009/2/22 (日) 世界よ。これからの一カ月目を大きく見開いてチベットで何が起きるかを注視されんことを!

■2009/2/21 (土) サメの脳味噌だの山タフだの「派閥の領袖」だのが談合している風景を自然現象のように無批判に書く大マスコミの腐敗

■2009/2/20 (金) ローマごっくん事件」矛先が向いてきた役人と大マスコミの足の引っ張りあい、抱き合い心中の滑稽

■2009/2/19 (木) 給付金で麻生を叱る小泉、冷たい自民党、その裏で奇妙な北方領土問題での完璧な一致が呼ぶ重大疑惑

■2009/2/18 (水) 「お友達」ということで身体検査を怠った麻生さんはそのお友達の政治生命をも絶ってしまった

■2009/2/17 (火) 中川(酒)財務相が「酔っぱらいだ」と生放送で言った私が「勇気がある」と言われるこの国の大マスコミのヘタレぶりはどうよ

■2009/2/16 (月) 死に体首相のせいで緊張感ゼロの政権では財務相が海外で泥酔して会見をする

■2009/2/15 (日) 汚染米、かんぽの宿、キヤノン。少し前までなら揉み消されたものがそうはいかない。いい世の中になってきた

■2009/2/14 (土) 麻生さん小泉さんがロシア詣でをする直前に駐ロ大使や総領事がかわる怪しさ

■2009/2/13 (金) 稀代のケンカ師・小泉純一郎の血に火がついたのなら、ほぼ獲りかけた天下が民主党の手からするりと逃げていく

■2009/2/12 (木) W杯オーストラリア戦で流れたCMに日本軍がかの国を爆撃しているという驚くべきシーンがあった可能性

■2009/2/11 (水) 汚染米事件がようやく汚職事件へ発展の可能性。過去の食品偽装事件をすべて再調査せよ

■2009/2/10 (火) 自国の景気の良さを言いたいがために他国の経済状況を企業名まであげて貶める日本国総理大臣の「さもしさ」

■2009/2/9 (月) 今がダメというのはわかった。では私たちはどの時代に帰りたいのだろう

■2009/2/8 (日) 「円天」に騙される方々を良民常民はどう見ているのかそれこそ街頭インタビューしろよな

■2009/2/7 (土) ソマリア沖に行く前にあの南極海の狂犬に護衛艦が一発かますべきだと感じるのは私だけでしょうか

■2009/2/6 (金) 民主主義と議院内閣制を根底から否定する政権が居座り続けるこの国を、オバマさんテロ国家に指定して下さい(泣)

■2009/2/5 (木) 朝日新聞阪神支局襲撃事件声明文の書き手を「的中」させた私の戦慄と予想される深い闇

■2009/2/4 (水) ブッシュへの靴投げはただの自己満足だが温家宝へのそれはチベット弾圧に関して国際社会への注意喚起だ

■2009/2/3 (火) 世界が危機を乗り切っていくための鍵は「正義」だという詩人政治家の至言

■2009/2/2 (月) 革命やクーデターなんて起きぬ国だという洗脳教育そのものがもっとも恐ろしかったのかもしれない

■2009/2/1 (日) 弟子の大麻吸引で見せた尾車親方の言葉に相撲界が求めるべき一筋の光を見る

■2009/1/31 (土) 「シロビキ」に乗っ取られたロシアの飴と鞭にそのまんま踊らされて麻生太郎は遊びに行く

■2009/1/30 (金) 『週刊新潮』手記全体には「相違も」と言いつつ自社記者のくだりは強烈に否定せざるを得ない朝日新聞の辛さ

■2009/1/29 (木) 『週刊新潮』世紀のスクープ「朝日新聞阪神支局襲撃犯の告白」が秘める恐るべき破壊力

■2009/1/28 (水) 支持率欲しさにロシアの狡猾な外交にホイホイ騙されているわが首相の醜態

■2009/1/27 (火) モンゴル国旗を持ってパレードする悪童に首相が出向いて優勝杯を渡すおめでたい国

■2009/1/26 (月) 国に食わせてくれと言うならばあなたは国に何をしてきたのかくらいは納税者としては聞きたいものだ

■2009/1/25 (日) 若者に新聞を読ませようというサルコジさん。それにふさわしい新聞があるからだ

■2009/1/24 (土) 子供をお持ちのみなさんはH2Aロケットが打ち上げた「日本人の底力」の話を今日は子供たちにして下さい

■2009/1/23 (金) 朝から晩まで貧乏ネタばかり見させられているとそりゃあ景気も悪くなるさ

■2009/1/22 (木) オリックスへの「かんぽの宿」払い下げに反対する鳩山総務相を良民常民の力で支えよう

■2009/1/21 (水) 「率直な失敗への反省」「根拠ある楽観」。オバマ就任演説の内容は今の日本にこそ必要なものだ

■2009/1/20 (火) 浮浪者にも同じく「給付金」としてカネがばらまかれると知った時に不快になるのは私だけだろうか

■2009/1/19 (月) 相手の出身大学名を聞くことがなんとなく憚られるようになったのはいつからだろうか

■2009/1/18 (日) 目先の掴みカネに狂奔する法華はともかく日本の宗教者たちはこの「未曾有」の危機に対してなぜボーッとしておられるのでしょうか

■2009/1/17 (土) 自国の歴史について他国の記述に口をはさまねばならないような気の毒な国だ、支那は

■2009/1/16 (金) 『週刊文春』が「顔と名前」をちゃんと出して紹介した路上生活者たちの魂の叫びを読みたまえ

■2009/1/15 (木) 定額給付金交付後の創価学会の収入の変化というものをちゃんと取材するメディアはいないものか

■2009/1/14 (水) 西松建設という名前を覚えて下さい。ひょっとするとパンドラの箱になるかもしれないので

■2009/1/13 (火) イルボンのロケットのてっぺんにウリナラのアリラン衛星が鎮座するニダ〜。マンセー〜、マンセ〜

■2009/1/12 (月) 麻生さんついに支持率2割切り(朝日新聞朝刊)。どうも失言放言ではなく根本的な知識や教養がないんだね

■2009/1/11 (日) 誘拐から奪還された女性医師の振舞いに大和撫子の凛々しさを見た

■2009/1/10 (土) 全国の浮浪者のみなさ〜ん、千代田区役所に集団で押しかければ、その場でカネを貰えますよ〜

■2009/1/9 (金) えっ?田中康夫さんが兵庫8区から出馬?それでは私の立場が…。どはははは

■2009/1/8 (木)「派遣村」の方々のほとんどが「派遣切り」被害者ではなく「日雇い」だったと朝日新聞が教えてくれました(笑)

■2009/1/7 (水) 「派遣村」ついに厚労省から現金を奪取か。就活のためと言うが恐喝だろう

■2009/1/6 (火) 地震台風の被災者は顔を隠さない。「政治災害」の被害者という「派遣村」の人々はなぜ顔を出さないのか

■2009/1/5 (月) 人数が膨れ上がりながら政府を脅して放浪していく集団の落し所はどこなのか

■2009/1/4 (日) 「家賃無料、霞が関至近、食事付、生活保護支給、マスコミ出演の機会も」。さあみんな東京を目指せ!わはははは

■2009/1/3 (土) 厚労省の講堂に路上生活者を招き入れたことはこの国の衆愚政治が到達したひとつの金字塔(嘲)である

■2009/1/2 (金) 日本人どうしがお互いに助け合うところにイデオロギーを持ち込もうとする売国奴どもに注意せよ

■2009/1/1 (木) 新春を寿ぎあなたの一年の幸せをお祈り申し上げます。「乱」の年ながら、あなたにはいい年でありますように■2009/12/31 (木) 石が転がり始めた年であった。その石の行く先を導くための足腰を私たちは鍛えようではないか。よいお年を!

■2009/12/30 (水) 皇軍のインドシナ進駐を知る老父を連れて訪れたベトナムで迎える歳の暮れかな

■2009/12/29 (火) 中東産油国での原発プロジェクトをみすみす韓国にさらわれた日本国のダメージははかり知れない

■2009/12/28 (月) 教育も雇用も「ただ生きる」人間よりも「善く生きる」人間の方が優先して救われるべきだと思いませんか

■2009/12/27 (日) 昨年末「派遣村」に集まって政府を恫喝した連中の多くがまだ生活保護を貰い続けていることを知っていましたか

■2009/12/26 (土) コンクリートへのばらまきから人へのばらまき」へ。修正利権談合共産主義の出現を警戒せよ

■2009/12/25 (金) これで鳩山家が破産して兄弟が「井戸塀政治家」にでもなっていれば「庶民目線」の大マスコミは満足したのだろうか

■2009/12/24 (木) 今夜の世間の馬鹿騒ぎに関係ないみなさん。政権交代100日目にお送りする19時からのストリーミングで会いましょう

■2009/12/23 (水) 日米関係が流動化する中、A級戦犯が処刑されたこの日に沖縄の核の密約文書が明らかになることの意味

■2009/12/22 (火) 未熟なのはわかっている。だからこそ「透明性」と「誠実さ」は愚直なほど見せろよ、民主党

■2009/12/21 (月) 政権への世論調査の内容がこれまでとは大きく違うことがこの国に起きている大変化を示している

■2009/12/20 (日) 日本も大雪アメリカも吹雪と報じる一方で地球温暖化でナンボ互いにカネを払うかという会議で騒ぐお笑い

■2009/12/19 (土) リアル国防論続き。日本国がもし一戦することがあればそれはどういう形であるかを考えるリアリティ

■2009/12/18 (金) 鳩山さんコペンハーゲンでは温家宝と握手。なんで支那人との友好映像ばかり毎日見なくてはいけないのか

■2009/12/17 (木) いまこの国難の一夜に自衛隊の最高幹部たちと語り明かした国防の神髄について

■2009/12/16 (水) 力で君臨する独裁者の使者が徳で象徴たる天皇陛下の前に出た時の惨めな様子の痛快さよ

■2009/12/15 (火) 天皇陛下の胸中を代弁するという狂気の僣上の沙汰をした政治家は明治以来いなかったのではないか

■2009/12/14 (月) わざわざデータ捏造しなくても環境利権屋が言っていることの矛盾はあちこちで露呈しているけどなあ

■2009/12/13 (日) 週刊誌の凋落の中でもっとも取材力のない『SPA!』が健闘しているのはゲリラという雑誌本来の存在意義を示唆している

■2009/12/12 (土) 天皇陛下に支那の要人会見強要。現政権の危うさはイデオロギーよりもむしろ無知にあるというトホホ

■2009/12/11 (金) 言葉の天才オバマさんの欠点は空気が読めないことだ。受賞を辞退して大演説をすれば歴史に残っただろう

■2009/12/10 (木) 一回きり放映10分間の映像に10カ国で海外ロケして5億円。立て全国の表現者!ふざけるなと電通と都庁におしかけよ

■2009/12/9 (水) 素人経営者がいちばん下手なのがカネの有効なまわし方だということが改めてわかる政府の経済対策

■2009/12/8 (火) 今日という開戦の日にあの戦争を振り返ることは私たちの明日の糧なのに無視を決め込む大マスコミの怠慢

■2009/12/7 (月) 世界同時乾杯をしていただきましたが世界同時に「バカが国家をやってい」たあの時代の凄まじさがわかってきた

■2009/12/6 (日) 待ちかねし 乱世の中の しじゅうくう ようやく大人に なりし心地す。わはははは。まだまだ暴れてやるがな

■2009/12/5 (土) 「あれ絶対にヘンだけど見逃されているよなあ」という感覚に慣らされてしまっていた怖さを改めて感じるなあ

■2009/12/4 (金) 日米関係よりも日本国をどうするか、バッタ連立よりも安全保障をどうするか、優先順位を考えろよ

■2009/12/3 (木) 野党として追及してきたことがいかにちっちゃいものだったかわかった」という蓮舫議員の私への呟きの重み

■2009/12/2 (水) 北朝鮮に拉致された同胞を奪還するために海外に意見広告を出す企てについてひとつの報告ができることなど

■2009/12/1 (火) 長崎の高台よりこの地が生んだ国会議員が国家のために病める同胞の明日の命を救ったことにお礼申し上げる

■2009/11/30 (月) ボクシングの切なさとはすべてを賭けることが出来ぬ卑劣な自分にかわって闘っているものの姿を見ることである

■2009/11/29 (日) 航空会社まで機内手荷物に「馬鹿基準」適用で日本国の音楽文化が殺される

■2009/11/28 (土) フツーの人が見てヘンなものはいつか破綻するんですよ。ドバイの風景見て異常だと誰もが思いましたよね

■2009/11/27 (金) 全国から交通費かけてやって来る「子棄て箱」だが地元・熊本の利用者はひとりもいないという「世間の目」の凄さ

■2009/11/26 (木) せっかく一堂に会したノーベル賞受賞者たちに、この国の学術や教育の未来像を設計してもらってはどうだろう

■2009/11/25 (水) そりゃビジネスに乗ってもいいけどさ、それを疑問に感じなかったのかJICAの職員たちに聞いてみたいね

■2009/11/24 (火) 核の使用方法について米政府と論議しているという大スクープがほとんどの大マスコミで無視されている価値観異常

■2009/11/23 (月) 国民ひとりひとりが阿呆マスコミの煽りに乗らずに「モノの適正な値段」をちゃんと判断することがデフレスパイラルからの脱却につながっていく

■2009/11/22 (日) 賛否はともかくあの事業仕分けの公開が大マスコミをして談合破ってでも書くことに走らせたことは確かだ

■2009/11/21 (土) 皇太子殿下にカミサンの歌を聞かせたあとで支那ナンバー2に乗り込まれる日本国政府の醜態と屈辱

■2009/11/20 (金) 社会に出ている大人の仕事がないのに学生が就職難なのは当たり前だとなぜ大マスコミは書かぬ

■2009/11/19 (木) 秋葉原殺傷事件の犯人が出したという手紙をさまざまにオモチャにする大マスコミの不見識

■2009/11/18 (水) 拉致議連に大量加入の民主党議員に大マスコミはどの程度の意識を持っているのかアンケートをせよ

■2009/11/17 (火) すべての改革はまず「冷酷な現実と向かい合う」ことから始まるという事実は私たちの人生にも言える

■2009/11/16 (月) 民主主義とは自覚的に民主主義であり続けることで、だから政権交代が必要だと教えてくれる一冊の本

■2009/11/15 (日) 『ムーブ!』という番組が何だったのかをむしろ終わってから教えてくれる義と志の人々

■2009/11/14 (土) 市橋告発の建設会社をパージする連中にこの国の「世間」が変わっていると知らせてやろうじゃないか

■2009/11/13 (金) オバマさん訪日を受けて。アメリカと「対等の地位」を求めるのではなく「何かを対等に創っていこう」ということを言おう

■2009/11/12 (木) 冷戦崩壊と同時に即位された天皇陛下のご在位20年のご苦労を拝察し無事迎えられた今日という日をお祝い奉る

■2009/11/11 (水) 長く指弾してきた柔整問題がようやく仕分け作業の俎上に。闘うことをあきらめてはいけないと改めて思う

■2009/11/10 (火) 整形外科医の父を持つ市橋達也と警察の情報戦はいくらでも深読み所満載だ

■2009/11/9 (月) まだ駆け出しだったがベルリンの壁の崩壊のシーンに記者としてギリギリに間に合ったのは私の幸せであった

■2009/11/8 (日) 大マスコミにもっとも叩かれている「医師」と「自衛官」がいる集まりで話をしてきました(笑)

■2009/11/7 (土) エコエコというならば新しいハコモノを作るよりも古いものを維持管理することにもっと神経を使えばどうなのか

■2009/11/6 (金) 総理大臣が国会答弁で自国の国旗国家について「いわゆる」と冠詞をつける異様な政権

■2009/11/5 (木) 大量殺人結婚詐欺女の顔と名前を出さない記者クラブ大マスコミの腰抜け談合ぶり

■2009/11/4 (水) かつての共産党のように今度は日本が文化で支那の若者の心に「浸透」しているという痛快さを描いた名文

■2009/11/3 (火) 「事業仕分け」は腐臭漂うこの国の構造を見る「窓」である。ぜひとも注目を!

■2009/11/2 (月) 拉致犯罪、金正日が直接指示が明らかならば国際刑事裁判所に訴追せよ!

■2009/11/1 (日) 医療崩壊を国や行政ではなく国民の側からくい止めようという試みがあちこちで起き始める日本国の底力よ

■2009/10/31 (土) 「21世紀のアレクサンドリア図書館を日本国に」という東大教授のまことに建設的で魅力的な提案

■2009/10/30 (金) 大マスコミの旧態依然の床屋政談は無視して行政刷新会議の事業仕分けを注視し応援しよう

■2009/10/29 (木) 手垢のついたバラエティより国会の方が面白いと気づくメディアよ現れよ

■2009/10/28 (水) 昔は砲戦の前に艦内の可燃物をすべて捨てたというのにペンキを艦首に置いちゃダメでしょう

■2009/10/27 (火) 韓国人が安重根が伊藤博文を殺した100周年を祝うイベントにやって来ました

■2009/10/26 (月) 伊藤博文が安重根に暗殺されてちょうど100年を迎えたソウルからお送りします

■2009/10/25 (日) 「相談者に名刺を渡せ」という長妻昭厚労相の指示がこの国の公務員の振る舞いを劇的に改善する可能性がある

■2009/10/24 (土) 芸能人の薬物裁判は武道館や東京ドームで入場料をとって傍聴させれば?

■2009/10/23 (金) 園遊会での天皇陛下と森光子さんの会話に出てきた『皇太子さまお生まれになつた』という歌をめぐる物語

■2009/10/22 (木) 「水と安全がタダのいい国」という言葉にだまされてどれだけのカネを抜かれてきたかということ

■2009/10/21 (水) ダムを始めとするハコもの公共事業見直しはコンクリートから人へと私たちのカネを取り戻すことでもある

■2009/10/20 (火) 新型インフル対策に見られる官僚の無能さがすべての省庁で同じだとすれればこれは相当にヤバい

■2009/10/19 (月) 長野市長選挙で見せているような頑迷さをどこまで捨てて柔軟な交渉を民主党はアメリカとできるだろうか

■2009/10/18 (日) 新政権発足1カ月。嫌なことも頼もしいこともあるが少なくともこのダイナミズムは今までなかったものだ

■2009/10/17 (土) 明治以来の大目標が実に130年ぶりに実現したのだと思えば目の前の困難など屁でもなし

■2009/10/16 (金) アメリカとスペインの「和解」が教えてくれる民主主義国家どうしの大人の関係

■2009/10/15 (木) インド洋給油で各国の海軍のトップと「現場は話をつけた」赤星慶治海幕長の海軍外交の見事さよ

■2009/10/14 (水) ここ何年間かでもっともかけにくかった一本の電話。あなたならこういう時どうします?(苦笑)

■2009/10/13 (火) 「王様は裸だ」みたいに「成田は糞だ」とようやく言えるようになった政権交代の効果を喜びたい

■2009/10/12 (月) 2度目の核実験の証拠がない中でサリン検出情報を首脳会談前に流す支那と北朝鮮の工作を読み解け

■2009/10/11 (日) ヒバクといえば無理が通って道理が引っ込むと思っている国際的田舎者の恥ずかしさよ

■2009/10/10 (土) まだ一学期が終わったばかりで首席卒業のメダルもらっちゃやりにくいよねオバマさん

■2009/10/9 (金) 創造者がつくったものが生む結果にどこまで責任をもつべきかということは人類の永遠のテーマだ

■2009/10/8 (木) 貧困は主義者が煽動に使う道具ではなくきちんとした経済的施策で解決すべき「国難」である

■2009/10/7 (水) 願っていればいつかはかなう。23年前マニラで見た夢が目の前で現実になりつつあるということ

■2009/10/6 (火) 横浜開国博失敗に見るハコモノでない公共事業の無責任体制と暗躍する代理店の闇

■2009/10/5 (月) ミンドロ島のジャングルからなんとか無事に帰ってきました。8時から日テレ系で会いましょう

■2009/10/4 (日) たとえ出稼ぎでも行ってよかったと一生の思い出になる国になりたいよね

■2009/10/3 (土) 思ったよりも世界が騒がない支那の誕生日。ニューヨークのビルを紅く染めてみたがチベットの魂は死なず

■2009/10/2 (金) 波のしぶきが飛んでくる夜明け前のミンドロ島の海岸からヘッドランプのもとお送りします(笑)

■2009/10/1 (木) 遅れてすみませんでした。フィリピンの僻地の島の小さな村より世界を眺めてお送りする。

■2009/9/30 (水) 海外在住の日本人たちがいかに祖国の政治に呆れていたかが、こちらから見るとわかります

■2009/9/29 (火) 台風で20年ぶりの被害にあったばかりの夜明けのマニラから

■2009/9/28 (月) G8よりG20が必要というのならば安保理にだって日独伊の旧枢軸を加えて戦勝国クラブからの脱却を

■2009/9/27 (日) 東シナ海に浮かぶ美しき島より支那の盗品陳列展に協賛する大マスコミの名前をお伝えする

■2009/9/26 (土) 事故調の信頼の根幹が揺らぐとなるとあの事故やあの事故の真相はどうだったのだろう

■2009/9/25 (金) 鳩山政権への世論調査結果を見て「これまでの調査がヘン」だったと感じるのは私だけだろうか

■2009/9/24 (木) 政権交代は「村山談話」を見直す絶好の機会だったのにそれを逃した民主党の愚

■2009/9/23 (水) 「しがらみを捨てて本気になった日本人」がどれほどのものか世界に見せつけてやろうではないか

■2009/9/22 (火) 日本に民主党政権が誕生したために自分たちの「リベラル」が本当かどうか試されている韓国の滑稽

■2009/9/21 (月) 「何が行われてきたか」「本当はどうなのか」を知るところからこの国の建て直しが始まるのだ

■2009/9/20 (日) 東シナ海に浮かぶ美しき島より支那の盗品陳列展に協賛する大マスコミの名前をお伝えする

■2009/9/19 (土) 侵略者・支那によるチベットからの盗品陳列、本日から上野の森美術館で開催

■2009/9/18 (金) 鳩山政権への世論調査結果を見て「これまでの調査がヘン」だったと感じるのは私だけだろうか

■2009/9/17 (木) 「普通の民主主義国家」誕生でアメリカはむしろホッとしているとの声も聞こえてくる

■2009/9/16 (水) 次なる総理が少なくとも「恥」という言葉を使える人間であるだけでもいくらかマシというものだ

■2009/9/15 (火) バラまきの反対は日本を代表する頭脳やアスリートへの集中投資だと新政権は覚醒せよ

■2009/9/14 (月) 「やめることにかかるコスト」を私たちはけっこう日常の中で払い、納得しているんだけどな

■2009/9/13 (日) インフルエンザワクチンの優先接種順位に安全保障の観点が全く抜けている平和ボケ国家

■2009/9/12 (土) 平成維新のこの時に西郷南洲翁の「覇図」の漢詩が見つかるという歴史の面白さよ

■2009/9/11 (金) 理工系出身の鳩山由紀夫さん、今日の打ち上げ成功にシブいひとこと下さいな

■2009/9/10 (木) 白人連中は絶滅危惧種というより「日本人の好物リスト」を手に意地悪してるんじゃないのかね

■2009/9/9 (水) 999。何だか行くところまで行って、しかし辛うじて踏み止まったかもしれないこの国を象徴するような今日の日付です

■2009/9/8 (火) 誰もが「そうかな」と思えるフツーの人事こそが組織の緊張感の基本なのは会社も同じですよね

■2009/9/7 (月) 国家戦略局担当相を朝日新聞がなんと略すのかが、今から楽しみで楽しみで(笑)

■2009/9/6 (日) 利権のために呟くのではなく正義のために声をあげるということを私たちも学ばねばならぬ時が来ている

■2009/9/5 (土) 全国の地方利権談合政治屋におかれましては親会社が倒産して仰天。失業者の気持ちがわかったか!

■2009/9/4 (金) 相変わらず床屋談義みたいな政局話しかできぬ大マスコミの古さが政権交代で際立ってきた

■2009/9/3 (木) 総理大臣指名投票で白票を入れる政党に税金から助成をするなんてとんでもない

■2009/9/2 (水) 政治家よりも有権者の意識の方が高いことを示した世論調査の美しき数字たちよ

■2009/9/1 (火) 「自民党再建計画」をマジメに語ることは日本国のために大切です

■2009/8/31 (月) さあ、舞台はできた。あとはどういう振る舞いをさせるか、正念場はこれからだ

■2009/8/30 (日) 外つ国に 焼かれし民の 存りし地に 覚めて大和の 革まるを待つ

■2009/8/29 (土) 私が出ていたかもしれない(爆笑)兵庫8区の応援に行ってきました

■2009/8/28 (金) 夏休みの終わりが近づいて追い込まれているあなた。読書感想文の書き方の秘訣教えます

■2009/8/27 (木) 兄弟で政治家を輩出したケネディ家と親子で地盤を継ぐ日本との違いは民主主義の底力を考えると面白い

■2009/8/26 (水) 『ムーブ!』が孤軍奮闘で追求していた柔道整復師業界の闇に、ついに司直のメスが入る!

■2009/8/25 (火) 「友愛」とか「気概」とかでこの国を導いて行くのはある意味でかつての「神州不滅」と同じだよ鳩山さん

■2009/8/24 (月) 身近に見ていて嫌なカップルっているでしょう、やめりゃいいのにくっついたり離れたり。南北朝鮮見ているとそうだなあ

■2009/8/23 (日) 今や利権と言えばエコ。金の亡者どもがひとの美しい魂をここでも貪りはじめている

■2009/8/22 (土) 昨日紹介したパンフは怪文書ではなくて自民党の正式な文書でした。お詫びして訂正して呆れます(泣・笑)

■2009/8/21 (金) 投票日に向けて悪あがきする勢力の卑劣な行為を良民常民のウェブのつながりで満天下にさらしていこう

■2009/8/20 (木) 国民を窮地に陥らせても危機を演出して票にする勢力があるならそれに鋭い対策を出して戦えばいい

■2009/8/19 (水) 北朝鮮に核を開発させノーベル賞を500億円で買い拉致犯罪解決を妨害した男を絶賛する朝日新聞の狂気

■2009/8/18 (火) 地方への権限移譲350事務の求めに対して「2」と答えた霞が関の厚顔をこの時期こそメディアは大きく報じよ

■2009/8/17 (月) 高速道路こそこの国の利権談合共産主義のショウウインドウ。それを今度の新しい政権がどう食いものにするのかも見ておこう

■2009/8/16 (日) 丹波の里の緑の底から、その中で夏の兄弟たちと会った話をお送りします

■2009/8/15 (土) 偃武の日を迎え祖国に殉じたすべての御霊のやすかれを祈り、今年は特別の御礼を申し上げる。世が、変わりますよ

■2009/8/14 (金) 東京ドームで全大マスコミ共催、論壇オールスター出席の全党党首討論会どこかイベントとして企画しませんか

■2009/8/13 (木) 「帰りには直ってますから帰省して下さい」でいまさら「ダメかも」はイケイケ詐欺だぞ、政府と中日本高速よ

■2009/8/12 (水) 土建屋と政治屋の紐帯はかくも強し!票釣り1000円のために東名突貫工事

■2009/8/11 (火) 麻生さん。あなたがお祖父さんに続いて名を残す最後の機会は8月15日の靖国神社への公式参拝だ!

■2009/8/10 (月) 芸能人報道に隠蔽されがちな政策論争やウイグル弾圧などのニュースを意識的に注視していくべし

■2009/8/9 (日) 極道の鉄砲玉真っ青の計算尽く出頭はむしろ酒井法子の背後に広がる闇を教えてくれる

■2009/8/8 (土) 弟もシャブで逮捕で浮上する酒井法子の背後に闇組織の可能性

■2009/8/7 (金) 裁判が進むにつれて裁判員の顔が露出されてくるストリップみたいなのっていったい何だ

■2009/8/6 (木) 日本国内の銃器根絶もできないのになぜ世界から核兵器をなくせると思えるのかが私にはわからない

■2009/8/5 (水) やってみたけれどダメだったたね、を日本人は裁判員制度で覚えるだろうけど、それでいいんです

■2009/8/4 (火) よっしゃあ。支那人のやりたい放題がわがうどんの世界に入って来たなら徹底的にやってやろうじゃないの(笑)

■2009/8/3 (月) 若きアスリートたちの活躍と派遣村の比較から若者たちの「魂の格差」とその処方箋を思う

■2009/8/2 (日) わが人生の初夏の日々に輝いていたコラソン・アキノに心から哀悼の意を捧げる

■2009/8/1 (土) 今の自民党がもっとも聞きたくないであろう「責任力」を選挙のキーワードにする恐るべき蛮勇(笑)

■2009/7/31 (金) 子供たちに自分の人生についてモラトリアムさせることなく早くから真剣に考えさせる国だけが将来の繁栄を約束される

■2009/7/30 (木) アメリカが日本の頭越しに支那と話すのは当たり前。日本は核を持っていないんだから

■2009/7/29 (水) 麻生さん、この際ラビア・カーディル女史と会談すれば、有終の美を飾れますよ

■2009/7/28 (火) 民主党は『平成の5策5原』(命名・勝谷・笑)だけは死守する、できなければ下野すると国民の前で誓いたまえ

■2009/7/27 (月) インドも原潜を持つ時代に軍事費を削り続ける国なんかに危なくて住んでいられねえや

■2009/7/26 (日) 利権のための砂防ダムではなく地方での就労というダムを作り都会への若年失業者の土石流を止めよ

■2009/7/25 (土) 田中康夫さん鳩山由紀夫さんとわが故郷を歩いて感じたうねるような「世がわり」の胎動

■2009/7/24 (金) 兵庫8区から私が出るか出ないかはまだわかりません。どははははははは

■2009/7/23 (木) 麻生さんの無節操なパフォーマンスを批判できない大マスコミも自民党と一緒に崩壊だな

■2009/7/22 (水) 麻生さん両院議員懇談会の冒頭で「ではぁ自民党もぉこれで解散!」と言えば祖父と並んで歴史に名を残したのになあ(笑)

■2009/7/21 (火) おじいちゃん。タローも解散やります!おじいちゃんの時のに「の」がついちゃって『バカヤロー「の」解散』だけど

■2009/7/20 (月) 政権与党が「反省と謝罪」をして解散するという世界の憲政史上類を見ない滑稽な風景は日蝕より見物ですよ

■2009/7/19 (日) ウイグル報道がたえて久しいが胡錦濤がまだマシと思える最悪の独裁者が弾圧を続けていると知れ

■2009/7/18 (土) 政権交代という「現象」でも「イデオロギー」でもなく私たちは次の「システム」に何を託そうとしているのか

■2009/7/17 (金) 兵庫8区から私が出るか出ないかはまだわかりません。どははははははは

■2009/7/16 (木) どうせ下野する政党の内紛などほっておいて私たちは来るべき世界の展望と逃亡しようとしている奴らの追及を始めよう

■2009/7/15 (水) 大決戦のために両軍対峙し開戦の直前に司令官が逃亡。大本営はそれを認めないという天下の奇観

■2009/7/14 (火) 麻生さんどうせなら解散22日にしようよ。欠けた太陽の下でバンザイ突撃解散。わははははは

■2009/7/13 (月) 民主党は都議選で「勝った」というよりも「どんな情けない候補しか立てられなかったか」を真剣に論ぜよ

■2009/7/12 (日) 確かに国家は混乱しているがいろいろな意味で『偽装国家』が崩壊して本音が出てくるのは悪いことではない

■2009/7/11 (土) これだけ「自分さがし」や自己顕示をしたい時代なのになぜ「バイ・ネーム」ということがもっと実現しないのか

■2009/7/10 (金) 私たちが知らなかった文書をどれだけ出せるか。交代した政権にはまずその「肝試し」を求めよう

■2009/7/9 (木) 世界一のPKO国家カナダでその犠牲者の記念碑に天皇皇后両陛下が献花されたことの意味

■2009/7/8 (水) やはり大阪の個室ビデオ店放火事件からまだ9ヶ月。あの時の犯人に意外な背景

■2009/7/7 (火) 他民族の文化と歴史を破壊し漢族が土地を奪っていく支那の魔手はやがて日本国にも来るだろう

■2009/7/6 (月) 兵庫県の民主党関係者は同日に行われた知事選の投票率が静岡県の半分近くしかないことを恥じるがいい

■2009/7/5 (日) その場での責任を誰もとらないために私たちはどれほどの夢を捨ててきたことだろう

■2009/7/4 (土) 日本人が核の番人に選ばれたのは「唯一の被爆国」だからではない「持てるのに持たない」からだ

■2009/7/3 (金) 天皇陛下カナダご訪問。戦後すぐにかの地を陛下が訪れられた時のお気持ちを私たちも追体験して初心を想おう

■2009/7/2 (木) 「余命1ヶ月の大臣」に担当されることになる沖縄の方々はもっと怒った方がいい

■2009/7/1 (水) 日本国内の核の有無も何もかも政権交代後にはすべて再調査してゼロからスタートだ

■2009/6/30 (火) 平和都市ヒロシマの市長は民間人の講演に対して事前検閲と言論弾圧を公文書で行う男

■2009/6/29 (月) 『たかじんのそこまで言って委員会』のスタッフがチベット奪還を闘う人々に示してくれた美しい義

■2009/6/28 (日) ものごとの理屈ではなく声の大きい馬鹿がわめくと腰抜けが狼狽するこの国を示すサンテレビでの出来事

■2009/6/27 (土) 欧米の新聞は「ポップのイコン」と見出しを打ったがマイケルはまさに「虚の時代のイコン」だったのではないか

■2009/6/26 (金) 解散時機をもてあそんでいることそのものが、あの官邸の愉快犯には愉しいんでしょうね

■2009/6/25 (木) 支那と北朝鮮とずっと仲良しだった朝日新聞が金正雲極秘訪中で誤報打つわけにいかないもんね〜

■2009/6/24 (水) 朝鮮戦争開戦記念日の明日、韓国の3大紙に日本人の意見広告が載るという、みなさんの力でなし遂げた歴史的事件

■2009/6/23 (火) 「台湾統治」に続きまたもやったNHK。沖縄戦「集団自決」をめぐりほのめかし洗脳番組の卑劣

■2009/6/22 (月) イランで起きている騒ぎを固唾を呑んで見守っているのは支那であり北朝鮮の独裁者どもだ

■2009/6/21 (日) 少しでも仕事をしたくないという職業でカネをもらって嬉しいのかね、義務を果たさぬ役人諸君

■2009/6/20 (土) 紙幣を刷っておいてあとから使える地域を決める八百長「エコポイント」でカネが降る大臣の地元はアソコ

■2009/6/19 (金) 選良が自分の意志と良心に従って投票行動をするという当たり前の光景がやっと国会で実現した

■2009/6/18 (木) 神田高校入試で茶髪を落した義の校長を処分し、カネ寄越せと言ってきた親に支払う神奈川県の没義道

■2009/6/17 (水) 財相サミット直前に会場のイタリアで起きた日本人による米国債13兆円持ち出し事件の不気味

■2009/6/16 (火) 北朝鮮のブローカーとしてちょろちょろしていたあの男が官邸に出入りしているのに国税にやられた背景とは

■2009/6/15 (月) 維新回天の直前にも空からいろいろと降ってきたが平成の政権交代前にはなぜオタマジャクシ?(笑)

■2009/6/14 (日) だから言ったこっちゃない。ウラン濃縮こそが北朝鮮の核問題の本命なのだ

■2009/6/13 (土) 「民間会社」の社長を選んで有権者の負託を受けた大臣を切る「官邸の愉快犯」のトンデモ政治

■2009/6/12 (金) 新型インフルの感染者数から新聞の部数まで私たちの日常の中に堂々たる嘘が入り込む偽装国家

■2009/6/11 (木) 韓国3大紙に拉致された同胞奪還の全面広告掲載のための募金、目標を達成!「二つ目のこと」が出来た継続力の意義に万歳

■2009/6/10 (水) 新型インフル「正式検査拒否」で感染者隠しをしてきた自治体がどれだけあるのか大マスコミはスクープ競争せよ

■2009/6/9 (火) 国家が腰抜けならば他国の個人の良心に土足で侵略して来るような国に対しては個人で防衛していこう

■2009/6/8 (月) 麻生首相とクリントン国務長官が同時に口調を揃えて北朝鮮非難を始めたことに注目

■2009/6/7 (日) ひとの国にいれば身分を明らかにして「お邪魔しています」というのが当然でしょう

■2009/6/6 (土) 「死刑になりたい」鬼畜には「いつでも辛い自殺ができる終身刑」を打ってやれ

■2009/6/5 (金) 新聞社よ。巨象が倒れていくことには同情するが嘘をついて零細な企業の広告費を騙しとっているのはいけない

■2009/6/4 (木) 天安門事件20年。自由の義士たちのひとりも受け入れていない日本という国がどの口で自由や人権を言う

■2009/6/3 (水) こちらが手詰まりの中で相手に動きあり。北朝鮮の代替わりを拉致被害者奪還にどう活かすかすぐに検討を開始せよ

■2009/6/2 (火) 金融機関ではなく製造業の破綻を政府が救うという、資本主義は私たちの知らない新しい段階に入った

■2009/6/1 (月) 1万2000円貰ったのはいいが利権屋どものために一人あたま10万円近いバラ撒きをすぐにやられて気がつかない国民はおめでたいなあ

■2009/5/31 (日) 15兆円もぶちこんで無理やり卑しい時代を再現するよりも私たちには帰る場所があるのではないだろうか

■2009/5/30 (土) 地方の金型工場を訪問され社食でカレーを召し上がる陛下は背中で政治の無能をお叱りになっているのだ

■2009/5/29 (金) 身障者団体の不正DM事件は厚労省を舞台に郵政と民主党まで巻き込んだ極めて政治的な暗闘ではないのか

■2009/5/28 (木) 私ごときが講演では一人で1時間半喋る。なんで党首討論が二人でたった45分なのさ。3時間くらいやれ

■2009/5/27 (水) 盧武鉉の死、北朝鮮の核実験、開城工業団地閉鎖をつなぐ恐怖のミッシングリンク

■2009/5/26 (火) 核実験の「気配」すら察知できないわが国のインテリジェンス能力の欠如について開会中の国会は真剣に論議せよ

■2009/5/25 (月) 利権談合記者クラブ大マスコミの世論調査よりもはるかに正直な、さいたま市長選挙の結果と投票率

■2009/5/24 (日) 前大統領の逮捕がお約束の「民主主義国家」韓国はこれからは自殺がお約束になるのでしょうか

■2009/5/23 (土) 太平洋ひいては北東アジアの覇権を巡るオーストラリアとのせめぎ合いに注目せよ

■2009/5/22 (金) かつての地震の時の恩返しと台湾の方々が神戸にマスクを送って下さっていることをご存じですか

■2009/5/21 (木) 首都圏の最初の感染者が「検査をしたがすり抜けた帰国者」であったことへ「ヘンな感じ」

■2009/5/20 (水) 長崎原爆忌が投票日?いいではないか。亡くなられた方々に託されたこの国をここまでダメにした反省を込めて一票を投じよう

■2009/5/19 (火) 休校中の子どもたちには「読書感想文」の宿題を出して、出来た余暇に本を読む楽しさを教えればいいのに

■2009/5/18 (月) 今日から大阪や兵庫の高校生たちが登校できないなどという事態をリアルに想像できていた人がどれほどいただろう

■2009/5/17 (日) 「日本人の入国拒否」という事態も起こりうるということを想像力を鍛えているこの日記の読者のみなさんは覚えておいて下さい

■2009/5/16 (土) 民主党代表選騒ぎが覆い隠す、鴻池センセイの奇妙な言動と麻生さんに関するアブない発言

■2009/5/15 (金) 自分たちの親分を選ぶ時までいちいち選挙民の顔色をうかがいに来るんじゃない、このヘタレ!

■2009/5/14 (木) なぜ鳩山なのかなぜ岡田なのか、大マスコミの扇動に惑わされずに地元の選挙区の民主党議員の発信に耳を傾けよ

■2009/5/13 (水) 来日したチベット奪還運動の若き闘士の口から出た「ZENKOJI」の言葉に思わず涙した瞬間

■2009/5/12 (火) 小沢代表辞任は「たいしたことではない」。問題はそのプロセスをちゃんと検証できるかどうかだ

■2009/5/11 (月) 今や日本国の中枢にいる同窓生たちが30年ぶりに全力でぶつかって遊んだヘンで楽しい集まりの顛末記(笑)

■2009/5/10 (日) 新型インフルエンザのような危機は危機として「軽々と」乗り越えるような心の機動性を私たちは学んでいきたい

■2009/5/9 (土) ついに成田で日本人に新型インフルエンザ感染者。水際の「塀の上」の攻防でくい止められるかどうか

■2009/5/8 (金) 発熱した人を診察拒否と騒ぐマスコミ、無事でも出社停止の企業。危機管理が出来ないのは国だけではない

■2009/5/7 (木) きちんとルールとシステムを説明せずに「受診拒否」とインフル騒ぎでも医療現場叩きに狂奔する大マスコミの異様

■2009/5/6 (水) ネパールとインドで毛沢東派パキスタンでタリバンの蜂起で南アジアは世界最悪の火薬庫に。しかも核付きの

■2009/5/5 (火) 「なりたいもの」にお笑い芸人が入っていない小学生は上の世代よりかなりマトモかもしれない(笑)

■2009/5/4 (月) 「憲法記念日」に全国一斉に憲法を語るということ自体が妙な宗教じみていると思うのは私だけだろうか

■2009/5/3 (日) 共産主義が蔓延したせいであちこちに投げだされたままの領土があると知っていましたか?

■2009/5/2 (土) 結局は罪に値せずであってもその場の司法の判断に乗ってつるし上げる大マスコミがどの口で人権を語るのか

■2009/5/1 (金) メキシコも今日から5連休ながら大統領は外出自粛を呼びかけ、日本国は能天気な行楽地賑わい情報

■2009/4/30 (木) ニーヨークタイムズに意見広告掲載!それを受けてのアメリカと北朝鮮でのさまざまな動きに注目

■2009/4/29 (水) インドネシア独立戦争に身を投じた老翁への勲章は彼と共に闘ったすべての皇軍将兵への叙勲だ

■2009/4/28 (火) 「対岸の火事」と笑っていたらこちらの方がひどかったサブプライムローンの教訓を豚インフルで生かせるか

■2009/4/27 (月) ここまで投票率が上がれば法華票など吹っ飛ぶと教えてくれた名古屋市長選の教訓

■2009/4/26 (日) 驚愕!千葉県民におかれては知事が登場するパチンコ台にカネを突っ込みに行くことになるようで(ホント・笑)

■2009/4/25 (土) 草なぎ君の扱いは建前と本音と誠意を苦しい時代にどう使い分けるかという国や企業にとっての試金石だ

■2009/4/24 (金) テレビ各局の扱いが妙に優しいのはジャニーズ遠慮ではなく地デジ移行延期の可能性に「草なぎ君よくやった」(笑)

■2009/4/23 (木) 環境利権のおまじない。エコエコアザラク、エコエコカネナル、カネホシイ、カネホシイ

■2009/4/22 (水) 4人死んでいる以上有罪なら死刑しかありえないが無罪の可能性がなくもない今回のケースで裁判員が判断できるのか

■2009/4/21 (火) 「妊婦たらい回し」の次は「飲酒医師」批判。新聞の「スクープ合戦」に関西の産科医療は潰される

■2009/4/20 (月) 次大マスコミが時の政権にすり寄り白を黒と言いくるめる卑劣さでは私たちも支那などのそれを嘲えない

■2009/4/19 (日) 作家・奥山貴宏くんの4周忌に訪ねしみちのくは最上川べりの街は、さくらばな雪崩れるがごとき花ざかりなりき

■2009/4/18 (土) さくら前線に追いつくべく北上し、今年二度目の花見なりき。大和島根に生まれ落ちた嬉しさよ

■2009/4/17 (金) 空母建造の「ドックに」5000億円をつぎ込む支那。お金持ちのすることは違いますなあ(嘲)

■2009/4/16 (木) 苦境の『週刊新潮』、ワイド特集のタイトル「柳に風」に受け流す心意気を見るのは私の買いかぶりか(苦笑)

■2009/4/15 (水) 亀田大毅と対戦予定のボクサーが亀田家が好みそうな「滝修行」で事故死することへの「嫌な感じ」

■2009/4/14 (火) 騒乱に苦しむ、良き隣人である微笑みの国に日本国として手助けできることがある気がする

■2009/4/13 (月) 次々と番組が「嫌な消え方」をする今こそ朝日新聞は「軍靴の足音」を思い出して書き立てるべきじゃないのかねえ

■2009/4/12 (日) 混乱のタイだが人々の力で無能な政府を立ち往生させるさまが少し羨ましいのは私だけだろうか

■2009/4/11 (土) 金豚の花火に目をくらまされている間に同じ「別亜」の方々がなされていたこれだけのこと

■2009/4/10 (金) 天皇皇后両陛下の金婚を心より言祝ぎ奉るとともにそのお言葉の重さを三文モノ書きとして読み解き奉る

■2009/4/9 (木) 後継者選びが取り沙汰される北朝鮮の最高人民会議直前にマカオに現われた金正男の驚くべき発言

■2009/4/8 (水) あなたの選挙区の議員が北朝鮮に対してどういうスタンスなのか今のうちに調べて机の前に貼っておきましょう。選挙のために

■2009/4/7 (火) 5日11時20分にテポドンが撃たれると日本政府が事前に知っていたと思われるこれだけの証拠

■2009/4/6 (月) 国連安保理の場ではまず「その衛星とやらから出ている音楽ををこの場で受信して聴かせろ」と言ってみてはどうだろう

■2009/4/5 (日) イルボンの指揮系統あれだけ無茶苦茶ならミサイルより本気で攻めたらいちころスミダ

■2009/4/4 (土) 国際世論を敵に回し自国への制裁を強め日本人の国防意識を高めてくれるテポドンさんよありがとう

■2009/4/3 (金) 教育、勤労、納税の「国民の3大義務」を国が果たさなくていいと言うなら憲法なんかやめちまえ

■2009/4/2 (木) 国民の高速道路料金安くするより先に自衛隊の車にカーナビをつけて下さいませ(泣)

■2009/4/1 (水) 今日から朝日新聞夕刊の1麺コラム「漱石枕流」を担当します。どうかよろしく!

■2009/3/31 (火) 国民の高速道路料金安くするより先に自衛隊の車にカーナビをつけて下さいませ(泣)

■2009/3/30 (月) 郵便局よりも先につぶすべきだった『農協』という化け物の正体を暴いた名著は必読だ

■2009/3/29 (日) 撃ってくるミサイルを迎撃するというのは実は日本がやっと「戦争」をするんだぞ。もっとみんな緊張しろよね

■2009/3/28 (土) 「高速道路が安くなるので渋滞でしょう」と「国営放送」にアナウンスされるのはどこの後進国の愚民かね。バカにするなこの野郎

■2009/3/27 (金) いまこの瞬間にもあの土で出来た家に身を潜め独裁者の歯牙から逃れようとしているチベットの義士たちがいるという現実

■2009/3/26 (木) 「貸間業」に堕して放蕩の限りを尽くしていた放送局が気がつくと空っぽの部屋だけが残っていたわけだ

■2009/3/25 (水) 1塁あいているところでイチロー勝負。「朝鮮人はそれをガマンできない」。核、テポドンと同じだよなあ

■2009/3/24 (火) 着陸失敗Fedex機が積んでいた「可燃性の液体」の正体を事故調査委員会は公表せよ

■2009/3/23 (月) アメリカ牛食っちゃ危ないと言うのに食わせるし割り箸の偽エコごっこ今頃やるし吉野家ってどういう企業だ

■2009/3/22 (日) それでも日本を代表する「有識者」が呼ばれるとたちどころに集まるんだから首相という権威はまだ生きているんだなあ

■2009/3/21 (土) 群馬の老人ホーム火災の裏に見える、福祉介護利権をも貪る政官業の利権奴どもの凄まじさ

■2009/3/20 (金) 学費を稼ぐために一時休学する苦学生から授業料を全額ぼったくる鬼畜外道大学が15もある驚愕

■2009/3/19 (木) 死刑判決を「納得」と社説で書いた朝日新聞が執行された時に批判的になるかどうか注視していよう

■2009/3/18 (水) 隣国がミサイル撃つのに空軍司令官が国民の代表の前で「安心して下さい」と直接言えない憐れな国

■2009/3/17 (火) 法華の回覧板。「今のうちに『処分してあげますよ』とご近所からアナログTVを集めて会館に持ってくるように」。わはははは

■2009/3/16 (月) 護衛艦ソマリア沖へいよいよ出動。「護る船」と「護らない船」を作ることの危うさについて

■2009/3/15 (日) 少年時代に夢見たミノス迷宮に40年を経て立つ。その間に自らの生き方の方が迷宮に迷い込んでいる皮肉よ!

■2009/3/14 (土) ソマリア行き自衛隊の海上警備行動を発令。支那の「武装警官」をこれで嘲えなくなった半端国家

■2009/3/13 (金) 少年は学校で銃を乱射、シティバンクは連続爆破、そして…(苦笑)。不況による欧州の社会不安を実体験した

■2009/3/12 (木) チベット蜂起50周年の日に世界中がZENKOJIの名を思い出す、あの聖火リレー拒絶の義挙が生んだ伝説

■2009/3/11 (水) 義金満つを ローマにて知りPCを 涙濡らすをミネルヴァのみ知る

■2009/3/10 (火) 「オフレコ」の話がバレた大マスコミさん。どうやって私たちに使い分けてきたのか説明してよ

■2009/3/9 (月) ゴネれば国が食わせてくれるとわからせた意味で派遣村は亡国の背中を見事に押してくれた

■2009/3/8 (日) クリントン国務長官が「間違ったスペル」を露外相に贈った真意すら読み解けぬ報道を読まされる私たちの悲劇

■2009/3/7 (土) 「おまえ凄いな」と言われたら「『ムーブ!』崩れですからね」とシレッと言いながら、何年かたったらまた一緒に仕事をしようね

■2009/3/6 (金) 「いままで見逃してきた」ことを「金額の多寡」で区別して捜査する検察の意図をメディアはもっとちゃんと聞け

■2009/3/5 (木) 定額給付金支給決定の直後に機関誌の全面広告で信者を刺激する法華のあざとさわかりやすさよ

■2009/3/4 (水) どういう仕掛けがあったにせよ小沢一郎代表秘書逮捕への民主党の対応は政権奪取へのテストとなる

■2009/3/3 (火) 『諸君』の廃刊の裏には保守論壇の硬直化と老齢化があることを真剣に反省した方がいい

■2009/3/2 (月) 日本人が職がなく路頭に迷っているのにコンビニのレジには支那人朝鮮人が溢れている異様さをなぜ大マスコミは指摘しないのか

■2009/3/1 (日) 日々の努力で荒れた手だけが幸運の女神の前髪を掴むことができると『おくりびと』の受賞は教えてくれる

■2009/2/28 (土) 自ら正月を祝わないことを誓ったチベットの人々に連帯するために私たちは何の奢侈を我慢すればいいのだろう

■2009/2/27 (金) 郵政民営化もブッシュとの蜜月もそんなに昔が嫌ならば麻生さん、やはりここは総選挙でしょう

■2009/2/26 (木) 大阪などよりずっと先を行っていた長野県の革命がやはり土建屋のカネで阻止されていたという泣きたくなるような事実の浮上

■2009/2/25 (水) 米新大統領との会談の冒頭でブルーリボンバッジを外して相手の胸につければ、それだけで麻生さんは記憶される総理になれたのに

■2009/2/24 (火) 拉致された同胞を取り戻すオバマ新大統領への意見広告プロジェクトを開始します。あの「給付金」を使って・笑!

■2009/2/23 (月) 10億カトリック教徒の総本山を「罰カン」と書いた朝日新聞、相手がイスラムなら自爆テロされてるよ

■2009/2/22 (日) 世界よ。これからの一カ月目を大きく見開いてチベットで何が起きるかを注視されんことを!

■2009/2/21 (土) サメの脳味噌だの山タフだの「派閥の領袖」だのが談合している風景を自然現象のように無批判に書く大マスコミの腐敗

■2009/2/20 (金) ローマごっくん事件」矛先が向いてきた役人と大マスコミの足の引っ張りあい、抱き合い心中の滑稽

■2009/2/19 (木) 給付金で麻生を叱る小泉、冷たい自民党、その裏で奇妙な北方領土問題での完璧な一致が呼ぶ重大疑惑

■2009/2/18 (水) 「お友達」ということで身体検査を怠った麻生さんはそのお友達の政治生命をも絶ってしまった

■2009/2/17 (火) 中川(酒)財務相が「酔っぱらいだ」と生放送で言った私が「勇気がある」と言われるこの国の大マスコミのヘタレぶりはどうよ

■2009/2/16 (月) 死に体首相のせいで緊張感ゼロの政権では財務相が海外で泥酔して会見をする

■2009/2/15 (日) 汚染米、かんぽの宿、キヤノン。少し前までなら揉み消されたものがそうはいかない。いい世の中になってきた

■2009/2/14 (土) 麻生さん小泉さんがロシア詣でをする直前に駐ロ大使や総領事がかわる怪しさ

■2009/2/13 (金) 稀代のケンカ師・小泉純一郎の血に火がついたのなら、ほぼ獲りかけた天下が民主党の手からするりと逃げていく

■2009/2/12 (木) W杯オーストラリア戦で流れたCMに日本軍がかの国を爆撃しているという驚くべきシーンがあった可能性

■2009/2/11 (水) 汚染米事件がようやく汚職事件へ発展の可能性。過去の食品偽装事件をすべて再調査せよ

■2009/2/10 (火) 自国の景気の良さを言いたいがために他国の経済状況を企業名まであげて貶める日本国総理大臣の「さもしさ」

■2009/2/9 (月) 今がダメというのはわかった。では私たちはどの時代に帰りたいのだろう

■2009/2/8 (日) 「円天」に騙される方々を良民常民はどう見ているのかそれこそ街頭インタビューしろよな

■2009/2/7 (土) ソマリア沖に行く前にあの南極海の狂犬に護衛艦が一発かますべきだと感じるのは私だけでしょうか

■2009/2/6 (金) 民主主義と議院内閣制を根底から否定する政権が居座り続けるこの国を、オバマさんテロ国家に指定して下さい(泣)

■2009/2/5 (木) 朝日新聞阪神支局襲撃事件声明文の書き手を「的中」させた私の戦慄と予想される深い闇

■2009/2/4 (水) ブッシュへの靴投げはただの自己満足だが温家宝へのそれはチベット弾圧に関して国際社会への注意喚起だ

■2009/2/3 (火) 世界が危機を乗り切っていくための鍵は「正義」だという詩人政治家の至言

■2009/2/2 (月) 革命やクーデターなんて起きぬ国だという洗脳教育そのものがもっとも恐ろしかったのかもしれない

■2009/2/1 (日) 弟子の大麻吸引で見せた尾車親方の言葉に相撲界が求めるべき一筋の光を見る

■2009/1/31 (土) 「シロビキ」に乗っ取られたロシアの飴と鞭にそのまんま踊らされて麻生太郎は遊びに行く

■2009/1/30 (金) 『週刊新潮』手記全体には「相違も」と言いつつ自社記者のくだりは強烈に否定せざるを得ない朝日新聞の辛さ

■2009/1/29 (木) 『週刊新潮』世紀のスクープ「朝日新聞阪神支局襲撃犯の告白」が秘める恐るべき破壊力

■2009/1/28 (水) 支持率欲しさにロシアの狡猾な外交にホイホイ騙されているわが首相の醜態

■2009/1/27 (火) モンゴル国旗を持ってパレードする悪童に首相が出向いて優勝杯を渡すおめでたい国

■2009/1/26 (月) 国に食わせてくれと言うならばあなたは国に何をしてきたのかくらいは納税者としては聞きたいものだ

■2009/1/25 (日) 若者に新聞を読ませようというサルコジさん。それにふさわしい新聞があるからだ

■2009/1/24 (土) 子供をお持ちのみなさんはH2Aロケットが打ち上げた「日本人の底力」の話を今日は子供たちにして下さい

■2009/1/23 (金) 朝から晩まで貧乏ネタばかり見させられているとそりゃあ景気も悪くなるさ

■2009/1/22 (木) オリックスへの「かんぽの宿」払い下げに反対する鳩山総務相を良民常民の力で支えよう

■2009/1/21 (水) 「率直な失敗への反省」「根拠ある楽観」。オバマ就任演説の内容は今の日本にこそ必要なものだ

■2009/1/20 (火) 浮浪者にも同じく「給付金」としてカネがばらまかれると知った時に不快になるのは私だけだろうか

■2009/1/19 (月) 相手の出身大学名を聞くことがなんとなく憚られるようになったのはいつからだろうか

■2009/1/18 (日) 目先の掴みカネに狂奔する法華はともかく日本の宗教者たちはこの「未曾有」の危機に対してなぜボーッとしておられるのでしょうか

■2009/1/17 (土) 自国の歴史について他国の記述に口をはさまねばならないような気の毒な国だ、支那は

■2009/1/16 (金) 『週刊文春』が「顔と名前」をちゃんと出して紹介した路上生活者たちの魂の叫びを読みたまえ

■2009/1/15 (木) 定額給付金交付後の創価学会の収入の変化というものをちゃんと取材するメディアはいないものか

■2009/1/14 (水) 西松建設という名前を覚えて下さい。ひょっとするとパンドラの箱になるかもしれないので

■2009/1/13 (火) イルボンのロケットのてっぺんにウリナラのアリラン衛星が鎮座するニダ〜。マンセー〜、マンセ〜

■2009/1/12 (月) 麻生さんついに支持率2割切り(朝日新聞朝刊)。どうも失言放言ではなく根本的な知識や教養がないんだね

■2009/1/11 (日) 誘拐から奪還された女性医師の振舞いに大和撫子の凛々しさを見た

■2009/1/10 (土) 全国の浮浪者のみなさ〜ん、千代田区役所に集団で押しかければ、その場でカネを貰えますよ〜

■2009/1/9 (金) えっ?田中康夫さんが兵庫8区から出馬?それでは私の立場が…。どはははは

■2009/1/8 (木)「派遣村」の方々のほとんどが「派遣切り」被害者ではなく「日雇い」だったと朝日新聞が教えてくれました(笑)

■2009/1/7 (水) 「派遣村」ついに厚労省から現金を奪取か。就活のためと言うが恐喝だろう

■2009/1/6 (火) 地震台風の被災者は顔を隠さない。「政治災害」の被害者という「派遣村」の人々はなぜ顔を出さないのか

■2009/1/5 (月) 人数が膨れ上がりながら政府を脅して放浪していく集団の落し所はどこなのか

■2009/1/4 (日) 「家賃無料、霞が関至近、食事付、生活保護支給、マスコミ出演の機会も」。さあみんな東京を目指せ!わはははは

■2009/1/3 (土) 厚労省の講堂に路上生活者を招き入れたことはこの国の衆愚政治が到達したひとつの金字塔(嘲)である

■2009/1/2 (金) 日本人どうしがお互いに助け合うところにイデオロギーを持ち込もうとする売国奴どもに注意せよ

■2009/1/1 (木) 新春を寿ぎあなたの一年の幸せをお祈り申し上げます。「乱」の年ながら、あなたにはいい年でありますように