2008年

2008年タイトル一覧(更新は不定期です)

■2008/12/31 (水)?「変」はよし、「乱」危うしや、歳の暮れ

■2008/12/30 (火)?年の瀬にこっそりと処理されようとしている自民党議員秘書の国際的醜聞

■2008/12/29 (月)?日本の戦後保守は最後にカルト宗教政党のバラまきに巻き込まれて下野したと歴史書は書くだろう

■2008/12/28 (日)?「戦争の時代による恐慌からの離脱」につながりかねないここ数日で起きている二つの出来事

■2008/12/27 (土)?ソマリアくんだりまで出かけるよりも南極海で環境海賊を撃沈せよ

■2008/12/26 (金)?麻生さんの宴席ハシゴには慣れたとはいえ昨夜の忘年会二レンチャンのお相手には仰天だあ!

■2008/12/25 (木)?景気回復3段ロケット予算だそうだが操縦者不在で、ラララ星のかな〜た〜(泣)

■2008/12/24 (水)?「うち貧乏で明日の食事にも困ってるんですよ」という奴の通帳覗いたら莫大な残高があった気分だね、企業の内部留保

■2008/12/23 (火)?「働きたい人が働けない」ことの痛切さをもっとも理解して下さっているのが首相ではなく天皇陛下であるということの不思議

■2008/12/22 (月)?私たちの血税を使って利権談合共産主義政権が維持した円安で誰が儲けていたかという恐るべき構図

■2008/12/21 (日)?利権屋が貪るための「公共事業」を良民常民が止められるということがやっとわかってきた

■2008/12/20 (土)?自動車産業の凋落は果して経済危機のせいだけだろうかという根本的疑問の序説

■2008/12/19 (金)?私が読み解くパウエル、バイデン発言と「イスラエルへ核の傘」情報の不気味な暗合

■2008/12/18 (木)?『イラクで自衛隊は何をなしとげたか』という総括的な記録を幹部自衛官のどなたかきちんと書きませんか

■2008/12/17 (水)?私も韓国の「庶民」に生れて少々の犯罪はお目こぼしをしてもらいたかったスミダ。わはははは

■2008/12/16 (火)?「あなたそれはちょっとおかしいよ」と人に言えない雰囲気がとうとう総理官邸まで達しているのではないか

■2008/12/15 (月)?「うちの業界は壊滅するかもしれない」と言いながら談合して一斉休業する馬鹿がここにいる

■2008/12/14 (日)?尼崎の自転車屋さんの話から始まり、読者のみなさんの意見でひろがった私の中の「直し屋ジャパン」構想

■2008/12/13 (土)?今後の立国の柱は「モノつくり」だけではなく「モノなおし」なのではないかというひとつの考察

■2008/12/12 (金)?雇用不安にともに対応できない労使は長年のなれあいのツケが一目瞭然

■2008/12/11 (木)?ストックホルムとシカゴの4博士と湯浅の化石少女をつなぐ好奇心という名のひとすじの道

■2008/12/10 (水)?かかる国家の危機に天皇陛下のお心を悩ませる無政府状態を許していることに日本国民として恐懼に耐えず

■2008/12/09 (火)?娘が失踪した被害者のご両親から7000万円を詐取した奴にたった10年の懲役しか打てない無念

■2008/12/08 (月)?農を貶め大和島根を投機の対象にし始めた時からこの国の没落は始まったのではないか

■2008/12/07 (日)?航空自衛隊のみなさん。イラクでの任務ご苦労さまでした。あなたたちの成果は糞祖国ではなく(残念)世界が知っている

■2008/12/06 (土)?勝谷誠彦48歳。欲しいものなし喪うものなし。役立つなら道具として良民常民のために使いたまへ

■2008/12/05 (金)?経営者が莫大なカネをガメているわけではない日本的経営の良さに今世界が注目している中でリストラをどうするかだ

■2008/12/04 (木)?国民の命にかかわるカネを削っておいてまだ利権屋や寄生虫役人にカネを回す予算を談合している外道ども

■2008/12/03 (水)?危機こそ果断な改革をやってのける好機。蛮勇振るう乱世の奸雄こそあらわれよ

■2008/12/02 (火)?クリントン国務長官と渡り合える重厚な外相を擁した新政権を夢見るのは私だけだろうか

■2008/12/01 (月)?休日、東京都の救急医療の谷間に落ちた私の貴重な体験(泣・笑)

■2008/11/30 (日)?自裁判員を「どうしよう。通知来ちゃった」と揶揄する朝日新聞。あなたや、あなたのところには来ましたか?

■2008/11/29 (土)?ボンベイのテロが教えてくれる「準戦時下の世界」でまだ丸腰で阿呆面をしているこの国家

■2008/11/28 (金)?ボート利用のムンバイのテロリストの手法を日本の治安当局は戦慄しつつ分析しているはずだ

■2008/11/27 (木)?ムンバイでテロ発生。パキスタンも含め南アジアは新たな世界の火薬庫となりつつある

■2008/11/26 (水)?田母神前空幕長のクビをとってもその精神はあまたの後輩に脈々と受け継がれていることを知った嬉しい夜

■2008/11/25 (火)?父親との音信が途絶えた10年前に小泉毅は何者かに「リクルート」されスリーパーとなった可能性は

■2008/11/24 (月)?年金問題ではなく過去のペットトラブルが動機ならばこれははたして「テロ」と言えるのだろうか

■2008/11/23 (日)?自分の手で捕まえたかった警察当局としてはもっとも嫌なカタチでの解決となった厚生省元次官「テロ」犯人の「華やかな」自首

■2008/11/22 (土)?テロは看過しがたいが厚生省がやったことがそれで免罪されるわけではないというもどかしさが良民常民の本音ではないか

■2008/11/21 (金)?浮足立つこの国の中枢から佐世保の地に来て、地に足のついた人々や店から教えられたこと

■2008/11/20 (木)?では麻生首相がウォーキングを再開した時には犯人逮捕の目星がついたと思っていいんでしょうか

■2008/11/19 (水)?国家が本当に腐敗した時に不幸なテロの季節の幕があく。これはその前奏なりや?

■2008/11/18 (火)?正義の番組『ムーブ!』来年3月で打ち切り決定。鬼畜外道どもの高笑いが鳴り響くだろう

■2008/11/17 (月)?小説にしてみて小説にすらならないと感じたマンガ太郎の給付金バラまき

■2008/11/16 (日)?G20の場で2年で57兆円の景気刺激策を呈示の支那の存在感。一方で2兆円をバラまくバカが国家をやっている(泣)

■2008/11/15 (土)?カネが言論を封殺する奥田発言を批判しない政治屋、報じない大マスコミについてこの日記の読者のあなただけは覚えておきましょう

■2008/11/14 (金)?下請けや派遣を雑巾のごとく絞り上げる企業の親玉が国民の老後の心配をして下さるそうだ(嘲)

■2008/11/13 (木)?あの「マスコミに報復」売国車屋に今年、陛下から旭日大章が手渡されたかと思うと恐懼にたえない

■2008/11/12 (水)?天声人語によると自衛隊は「武装集団」。こりゃいい田母神さんは「航空武装集団親玉」。わはははは

■2008/11/11 (火)?「政府の給付金もらった家の子は手を挙げて。はい、今のおうちが<貧しい>家庭です」。てな風景を作るのね、麻生さん

■2008/11/10 (月)?オノレでしでかした不祥事の言い訳をまた私たちの税金で広報するこいつら、どうしてくれよう

■2008/11/09 (日)?来日中のダライ・ラマ14世猊下が、聖火を拒否したあの善光寺の義僧たちにお言葉をくださったことを報告する

■2008/11/08 (土)?結局は左巻き大マスコミの寵児だった筑紫哲也さんをその大マスコミがもろ手をあげて賛美する嫌な風景

■2008/11/07 (金)?給付金も空幕長の退職金も「辞退」を強要する、ついに法治国家でなくなった日本

■2008/11/06 (木)?1929年の世界大恐慌はあまたの独裁者を生んだ。2008年の金融危機が誕生させた黒人大統領はどこへ行くのか

■2008/11/05 (水)?国民の劣情に媚びて田母神前空幕長の退職金を問題にする野党は憲法の保証する言論の自由をどう考えているのか

■2008/11/04 (火)?段取りゼロのネット生中継は真剣勝負。昔のテレビはこうで面白かったんだろうなあ

■2008/11/03 (月)?制止を振り切っても振り込む馬鹿のために良民常民の税金が使われているという悲惨な喜劇

■2008/11/02 (日)?朝日神社に祀られている御神体は憲法9条だけではなくあの丸メガネの男もそうらしい

■2008/11/01 (土)?空幕長更迭 大江が裁判勝ったから 11月1日は 朝日記念日(『素粒子』みたいだな・泣)

■2008/10/31 (金)?神田高校を立て直そうという校長先生の努力が生んだ物語にあの意外な人物が涙していた!

■2008/10/30 (木)?「見た目で選別」神田高校の淵野校長を橋下知事はぜひ大阪府教委に招聘を!

■2008/10/29 (水)?北朝鮮重油支援の日本分20万トン肩代わりの豪州は米国にとってのトンネル会社

■2008/10/28 (火)?アイスランドの銀行でサムライ債破綻。こういうところでハラキリの潔さをみせないでね(泣)

■2008/10/27 (月)?新興国救済で「とてつもない日本」発揮の絶好機に住宅ローン減税と言い出す「とてつもない」小ささ

■2008/10/26 (日)?上空から長州の海岸線をなぞりながら維新回天をした志士たちと日本国を放り投げた男のことを思う

■2008/10/25 (土)?なるほど支那としては太郎ちゃんを持ち上げて「オレオレ総理」にしておく方がいいわけね

■2008/10/24 (金)?消費税増税で「責任政党」示して解散?そりゃ「バカヤロー解散」ならぬ「バカヤローの解散」だ(爆笑)

■2008/10/23 (木)?連日呑んだくれている事実よりもそんな席で米大統領の電話をとる感覚の方をメディアはもっと追求しろよ

■2008/10/22 (水)?ハマスのハニヤ首相によると金融危機はアッラーの神がアメリカに下した天罰らしい(微苦笑)

■2008/10/21 (火)?麻生さんの頭の中にある『とてつもない日本』はどうやらバブルのころのそれらしい(苦笑)

■2008/10/20 (月)?日本国への入国許可を利権にかえている連中はフィリピンがらみだけでないはずだ

■2008/10/19 (日) 救急車をタクシーがわりに使う奴ら。「限りある資源」である医療を一部の鬼畜外道に浪費されることに良民常民はもっと怒れ!

■2008/10/18 (土) マルチ企業献金で窮地の石井一参院議員はスパッと辞めて地元兵庫8区で宿敵法華と対決してはいかが?

■2008/10/17 (金) 世界的な金融不安と山口組が後藤組を除籍したこととは関係あるやなしや

■2008/10/16 (木) 毒インゲン事件を受けて常識的に考えると支那のあらゆる食品はもう口にしない方がいいということだ

■2008/10/15 (水) リーマン社屋からダンボール抱いて出てった博打打ちどもに公金でタネ銭をまた貸してやるのかい

■2008/10/14 (火) 日本国の愚法「ハッピーマンデー」がひょっとすると世界金融恐慌「ブラックマンデー」を救ったかもしれない(笑)

■2008/10/13 (月) 本人の「三浦ケース」でロス検屍局がもう一度注目を集めるなどと誰が予想しただろう

■2008/10/12 (日) 麻生さん嬉し楽しい古巣のJC、一杯呑んでヨイヨイのところへ「ブッシュ大統領から北朝鮮テロ指定解除のお電話です」

■2008/10/11 (土) エチオピアの人々を救っている最中に拉致されソマリアで発見された医師の赤羽圭子さんの救出に私たちは全力をあげよう

■2008/10/10 (金) スクープ!(苦笑)。元『文藝春秋』アンカーマン(私・笑)が証言する麻生「冒頭解散」論文の裏側

■2008/10/09 (木) 破綻しつつある世界経済の最後の救世主となりうる日本国にふりかかったノーベル賞バブルの不思議

■2008/10/08 (水) 祝!ノーベル賞。柔道と同じでお家芸で強くてもやがてどこかがそこを侵してくることは覚悟しておきましょう

■2008/10/07 (火) 「アメリカで起きた金融恐慌は太平洋のこちら側で阻止する」と呼号してサミットを再開催すれば麻生さん選挙に勝てるんだけどな

■2008/10/06 (月) 日本でもネットの攻撃で「有名人が」死んだ時にさまざまな論議が沸き上がるのだろうか

■2008/10/05 (日) 中山国交相を押し込んだのは森喜朗。結局自民党はあの大愚物を談合で首相に選んだことが滅亡の始まりだった

■2008/10/04 (土) 八百長裁判、もし相撲協会側が負けたらどういうことが起きるのかというシミュレーションをどうして大マスコミはどこもしないのかな

■2008/10/03 (金) 光市事件のあの外道弁護団が橋下知事より正しいなどという非常識な世界で裁判員などやりたくないわ

■2008/10/02 (木) イチロー選手が見守る中で王監督から花束を受け取る清原さんに過渡期のこの国の苦悩と戸惑いが凝縮してあった

■2008/10/01 (水) 世界の中央銀行によるドル供給の輸血のあとはアメリカが信用という名の心臓にショックを与えて動かせるかだ

■2008/09/30 (火) 世界中の考えてみれば「根拠なき楽観」をくつがえした米議会の判断が今日の地球を激震させるだろう

■2008/09/29 (月) 逆に言えば米軍が世界各地の中から原子力空母の母港に選んだほど横須賀は「安全な街」なんですが

■2008/09/28 (日) 中山国交相を押し込んだのは森喜朗。結局自民党はあの大愚物を談合で首相に選んだことが滅亡の始まりだった

■2008/09/27 (土) 利権まみれで不味くて汚い成田空港を出てアジア諸国の立派な空港に打ちのめされた皆さん。中山発言は間違いですか?

■2008/09/26 (金) 小泉純一郎元首相の突然の引退理由は果して政局論議で済む内向きの事情だけだろうか

■2008/09/25 (木) 18閣僚中11人が世襲議員、うち4人が元首相の血をひくやんごとなさ。ああ、ありがたやありがたや(泣)

■2008/09/24 (水) 麻生さん、一時は考えたらしい森喜朗幹事長、安倍晋三外相という布陣でぜひ解散して欲しかったのに惜しかった!(笑)

■2008/09/23 (火) 無能、放言、無責任な大臣や次官の一方で新聞に全面告知を打った『薩摩宝山』蔵元の心意気よ

■2008/09/22 (月) ただでさえ国際社会の頭痛のタネの北朝鮮とパキスタンが両方とも核を持っているという驚愕

■2008/09/21 (日) これからの世界の注目舞台はパキスタンだ。そこでいきなり「セーフティ・ゾーン」が壊されたことの意味

■2008/09/20 (土) 社保庁や農水省の役人どもの微妙な態度の変化。しかし寄生虫の宿主乗り換えを許してはいけない

■2008/09/19 (金) 初秋の米子で出会った日本海の魚たち。淫蕩なまでの生サバの刺身や五感が打ち震えるアナゴの握りなど

■2008/09/18 (木) リーマン捨ててAIG救済。学校でも職場でも最も士気を落とすのは叱ることより「依怙贔屓」だよね

■2008/09/17 (水) 高知沖の領海侵犯潜水艦への対応は「現場」でも「後処理」でも完璧だった。ご安心を

■2008/09/16 (火) リーマン・ブラザーズの破綻は決して対岸の火事ではなく私たちの人生に直接影響を及ぼすことになるかもしれない

■2008/09/15 (月) 建国記念日の騒ぎだけで、その後金正日情報がパッタリと出なくなったことの方が気になる

■2008/09/14 (日) 秋のひと日、同窓生たちと丹波は篠山の街に行ってきた話など

■2008/09/13 (土) 近来希有なほどの内憂外患が惹起している時にそれらに一切言及せぬ自民党野総裁選の凄い風景

■2008/09/12 (金) 小手先の政策はもういい。根幹は霞ヶ関の大掃除なのに総裁選候補者どもはなぜそこを誤魔化すのか

■2008/09/11 (木) メディアの政治への当事者としての介入が自民党総裁選では更に進んでいるという恐ろしい事実

■2008/09/10 (水) 朝鮮半島情勢などに目もくれずオノレの党の都合だけで権力不在状態を続ける連中にこそ政権担当能力なし

■2008/09/09 (火) せっかく米の大統領選と日本の総裁、代表選が重なったのだ。彼我の民主主義の成熟度をなぜメディアは比較しないのか

■2008/09/08 (月) あのロシアンマフィアのデブ二人、大麻取締法で捕まえられないのなら「好もしからざる人物」として国外退去にすればいい

■2008/09/07 (日) 民主党は代表選挙を戦うべきだ。小沢さんに対抗する候補としてある人物を私は民主党の中枢に提案しているのだが

■2008/09/06 (土) 候補者粗製濫造の自民党総裁選は「くいだおれの賑わい」で「記念受験」である

■2008/09/05 (金) 総裁選で官僚組織の抜本改革をどの候補者をトップに掲げられぬのが官僚主権下の自民党の宿痾

■2008/09/04 (木) 大新聞と巨大宗教団体が一国の政権を巡ってなりふりかまわず激突する「民主国家」のお笑い

■2008/09/03 (水) 普通の企業ならこれだけ人材が払底すると外から人を招く。自民党も考えたら…あっそれが大連立か(笑)

■2008/09/02 (火) 福田首相辞任はこの国の政治が宗教政党に壟断されている現状を白日のもとにさらしたとなぜ大マスコミは言わぬのか

■2008/09/01 (月) 上質な総合月刊誌がひとつなくなることは私たちの文化のひとつが絶滅することだ

■2008/08/31 (日) 矢野喚問を阻止し法華デブを守るために有権者の意志を踏みにじる公明党の行為をなぜ大マスコミはもっと報じないのか

■2008/08/30 (土) 姫のご乱心(苦笑)。バッタもの議員たちが綱引きをする中でもわかってきた与野党の力関係

■2008/08/29 (金) 人気とりで五輪のメダリストへの国民栄誉賞と騒いだ首相よ、平和のために斃れた民間の戦士にはどう酬いるのだ

■2008/08/28 (木) カブールからジャララバードまでたった150キロを即座に駆けつけず邦人を見殺しにした外務省

■2008/08/27 (水) カルザイ政権誕生以来最悪のアフガンの惨状を羊の皮を脱ぎ捨てたロシア帝国が横目で見ている危うさ

■2008/08/26 (火) 糞役人どものいつもの手口「個別訪問要員確保」という名の天下り先作りで始まった地デジ利権漁り

■2008/08/25 (月) 恥と汚辱を残したものと愛され惜しまれ誰もが再開を願ったもの。二つの「終わり」があった夏

■2008/08/24 (日) 五輪に行く各競技団体の役員どもの生態をどこぞのメディアは密着取材しませんか

■2008/08/23 (土) この朝もラサのジョカン寺前では漢族の銃口の下でチベットの人々が黙々と五体投地をしているのだろう

■2008/08/22 (金) 支那が五輪開催中にチベット人虐殺情報。顔で笑って後ろ手で人を刺す極道国家の面目躍如

■2008/08/21 (木) 福島県立大野病院産科事件の判決をどう評価するかで今後の日本の医療崩壊の行方は変わってくる

■2008/08/20(水) 殺人暴行にクスリ。この際、北の湖は理事長ではなく組長と名乗ったらどうかね

■2008/08/19 (火) ムシャラフ辞任とパキスタン情勢流動化は日本の政治にも大きな影響を及ぼす…のがわからない福田さん

■2008/08/18 (月) 野口、土佐と二枚看板の故障を看過し補欠を用意していなかった陸連の恐るべき怠慢

■2008/08/17 (日) 今日という日に日本の最北端にソ連軍が殺到し、それを防ぎ抜いた勇士たちがいたことを知って欲しい

■2008/08/16 (土) 何十億人を騙す手口を見ていると食品の偽装なんぞは当たり前だと思うよね

■2008/08/15 (金) 福田康夫首相。今日という日はまさに天佑神助、靖国参拝の千載一遇の機会ですよ

■2008/08/14 (木) フェンシング太田選手の銀メダルは私に東京五輪柔道のヘーシンク選手を思い起こさせた

■2008/08/13(水) ニセモノ天国支那の五輪での記録は将来すべて参考記録にされたりして(苦笑)

■2008/08/12 (火) 巨躯の白人どもを撃破して世界新記録を出した北島康介のあの咆哮を靖国にお帰りの英霊よご覧下さい

■2008/08/11 (月) 内柴正人選手「これが僕の仕事ですので精一杯やりました」。久しぶりに美しい日本語を聞いた

■2008/08/10 (日) 五輪の晴れ舞台で自らの革命の「成功」を喧伝できなかった支那の惨めさよ

■2008/08/09 (土) 五輪開幕の華やかさの裏で支那に行っている福田康夫首相がしている売国に注目せよ

■2008/08/08 (金) 北京五輪開幕よりも、毒餃子について日本国政府がどう対応するかを私が見ることができない日本国の新聞は一面にしているのか

■2008/08/07 (木) 自国民が殺されかけた毒餃子事件について情報を得ながら国民に隠していた政府に存在価値ありや

■2008/08/06 (水) 靖国の英霊に謝することを拒むほど政教分離に熱心な公明党よ、では矢野さんとあのデブを国会に呼んでじっくりと話をしよう

■2008/08/05(火) 五輪まであと3日という時に大規模なテロを報じざるをえない支那の統治能力に世界中は疑問を感じるだろう

■2008/08/04 (月) 内閣改造しても入れる人材がいないような連中が政権に居すわっている大迷惑

■2008/08/03 (日) 戦前の大本営発表より酷い大手芸能プロのメディアコントロールになぜ大マスコミは口をつぐむのか

■2008/08/02 (土) 使い回しに囁き女将。福田改造内閣は名づけて「船場吉兆内閣」

■2008/08/01 (金) 府民に数倍の時間とカネの負担を強いる伊丹空港廃止を主張しはじめた橋下知事の背後にいるのは誰か

■2008/07/31 (木) 「信用できない男」自民党がとうとう「信用できない上に頼りない男」になったことを示す内閣改造の優柔不断

■2008/07/30(水) 「ラスク書簡」にもかかわらず米国地名委員会に竹島が日本領土であると明記させずに来た日本国外務省の責任を問え

■2008/07/29 (火) 熱帯化した都市の水害対策を放置して山奥に不要な巨大ダムを作り続ける国交省の無能役人

■2008/07/28 (月) 私ごときが「過激な発言」と言われるようでは過激派諸君はその名称を返上した方がいい

■2008/07/27 (日) 世界的にも珍しい、年度の真ん中にある夏休みとはいったい誰のためのものなのか

■2008/07/26 (土) そういえば昔は交番に何々さんと名前で地域で呼ばれるお巡りさんがいたものだ

■2008/07/25 (金) 竹島にはホテル、首都圏では独島博物館建設をぶち上げた韓国の出端を挫く戦略を立てよ

■2008/07/24 (木) 「対馬はウリナラのもの」と乗りこんで来て騒ぐ不逞朝鮮人を野放しにする腰抜け国家はやがて国土を蚕食されるだろう

■2008/07/23(水) そのうち「剣道でメン打ちはダメ」「柔道で投げ技は危ないから禁止」になるぞ。わははははは(泣)

■2008/07/22 (火) 昆明テロ。今後、無数にある「柔らかい脇腹」から血を吹き出しながら巨獣たる支那は斃れて行くだろう

■2008/07/21 (月) ATM前で素顔をさらすことを強要する一方で個人情報保護に狂奔する矛盾低能国家

■2008/07/20 (日) タシィさんの時のように天皇陛下のお写真を不逞朝鮮人どもが燃やした事実がテレビで話したのがきっかけで拡がるといいのだが

■2008/07/19 (土) ソウルで不逞朝鮮人が我らが天皇陛下のお姿を火にくべたが政府も大マスコミもただ見過ごしているという驚愕の事実

■2008/07/18 (金) 野茂英雄という男と同時代を走り抜けられたことをこの上ない幸せと思う。だけどお互い、これからだぜ!

■2008/07/17 (木) 好きな子とつきあうのに10万円が必要でそれを仲間からカンパする中学生を生む末期症状国家

■2008/07/16 (水) 『週刊文春』報じるところの「たけしさんが拉致問題の映画を作る発言」の現場に私はいた

■2008/07/15 (火) オノレの半島の北半分を不法占拠するテロリストの国に観光に行って射殺されながら竹島について逆上する不思議なひとたち

■2008/07/14 (月) 6者協議の切所に韓国にあまりに弱い政権があれは金豚は次々と仕掛けてくる

■2008/07/13 (日) 自らを「負け組」と決めつけることの卑劣さを教えてくれる敗れざるものたちの物語

■2008/07/12 (土) 「民間機ヲ撃墜セヨ」の命令が防衛相から出ていたかもしれないという事実を大マスコミの日和見で誰も知らない

■2008/07/11 (金) かつてダライ・ラマ14世猊下を比叡山にお迎えしようという計画があったという

■2008/07/10 (木) 海上幕僚長に招かれた黄昏の東京湾の艦上で起きたひとつの劇的な出会い

■2008/07/09 (水) 教科書に明記している北方領土ではロシアに軟化の兆しがあることを教訓にせよ

■2008/07/08 (火) 福田さん、温故創新と言うならばきちんと役所の「故き」書類を「たずね」させてよ

■2008/07/07 (月) エコごっこで今夜一斉消灯の瞬間をテロリストたちは虎視眈々と狙っている

■2008/07/06 (日) 川合俊一、ルー大柴両氏によると「勝谷は人間として何か大きなものが欠けている」のだそうです。鋭い(笑)

■2008/07/05 (土) 神州不滅ノ日本民族ニアッテハ原油高ナド精神力デ乗リ越ヘルノダと首相言い

■2008/07/04 (金) 20世紀初頭の「米騒動」は今の世界が直面する燃料食糧危機の先駆的出来事だったか

■2008/07/03 (木) モンゴル、支那、韓国で続発する暴動の底に流れる人々の「生存」への深刻な危機感

■2008/07/02 (水) サミットを狙ったロンドン同時多発テロの3周年の日にそのサミットの開会式を持ってくる福田首相の「勇気」(苦笑)

■2008/07/01 (火) 己が足るを知り余るを他に施すような日本国こそが「国際社会において名誉ある地位」を占めるだろう

■2008/06/30 (月) 地球の真裏の同胞の祝祭から戻られた皇太子殿下に心から御礼申し上げる

■2008/06/29 (日) この国の人口が減っていくということが果して悪いのだろうかという疑問を突きつけてくれる本

■2008/06/28 (土) 10歳の時から一緒だった同級生たちと今の日本を語りあった

■2008/06/27 (金) 指定解除にテロ行為に対する賠償を求めた「リビア」基準を北朝鮮にも適用するよう国際世論を喚起せよ

■2008/06/26 (木) 同胞を奪還できぬどころか隣の核を抱いたキチガイを容認した無能国家に住む悲哀

■2008/06/25 (水) 以前から言っているがパスポートの交付には試験を義務づけたらどうだろうか(苦笑)

■2008/06/24 (火) 今や食糧を獲得してくれる人々は国民の頼みの綱なのに漁船遭難報道の冷たさよ

■2008/06/23 (月) 毎日12行書くだけで高給を貰っているのも羨ましいがそこで一回分を言い訳で使うとは凄いぞ素粒子

■2008/06/22 (日) 利権談合共産主義メディアが断片的にしか伝えない、地球の裏側で皇太子殿下がなさっていること

■2008/06/21 (土) 私がずっと愉しんできた素粒子の「築地をどり」がメジャーデビューしてちょっと嫉妬の気分・笑

■2008/06/20 (金) 史上最弱の政権の時に隣に核保有国家を容認して千載に悔いを残す愚挙が進行している

■2008/06/19 (木) 『偽装国家』の「セキュリティごっこ」はやがて深刻な事故をどこかで招くと思った昨日の二つの体験

■2008/06/18 (水) 宮崎勤事件と私が向かい合ったのは綾瀬の女子高生コンクリート詰め殺人事件の実名報道のすぐあとだった

■2008/06/17 (火) 執務室に外務省高官と内閣危機管理監を呼び込みながら拉致問題担当補佐官を外して福田首相は何を策謀しているのか

■2008/06/16 (月) もはや台湾は中共支那の一部となったことを示す尖閣諸島を巡る増上慢な態度

■2008/06/15 (日) 山地に至る麓が震源とせき止め湖の発生。四川大地震と気味が悪いほど似ている今回の地震

■2008/06/14 (土) 東北さきほど大きな地震が発生しました。マグニチュードと震度は近来稀なほどだ。緊張感をもって対処したい

■2008/06/13 (金) 富山、鳥取、長崎。私が愛する街は新幹線が通っていないところばかりだなあ

■2008/06/12 (木) 秋葉原無差別殺人事件はイスラム過激派の自爆テロに通じる「神なき国のテロル」か

■2008/06/11 (水) 年金から保険料を天引きしておいてテレビのチューナーをタダで配る愚民化推進国家

■2008/06/10 (火) 「夢…ワイドショー独占」の犯人は「特別な自分」を「探し」続けた『世界で一つだけの花症候群』ではなかったか

■2008/06/09 (月) 秋葉原の殺人鬼をもっと早い段階で拳銃で制圧することはできなかったのか

■2008/06/08 (日) 休日漫談・支那を席巻している「不幸の連鎖の迷信」で最後に残った「水と魚」を巡って私が気づいてしまったこと

■2008/06/07 (土) 大阪の空の下から見るタイガース、ガソリン税、そして橋下知事の改革の八百長疑惑

■2008/06/06 (金) ついに支那人が在日外国人トップ。ここ10年間で倍増の異様をなぜメディアは問題視しない

■2008/06/05 (木) 厚労省がマヌケな計算ミスを絶妙な時期の発表で週末の沖縄県議選が面白くなったぞ

■2008/06/04 (水) あのロリコン変態男に深夜バス運転させてタクシーがわりに霞ヶ関の寄生虫どもを送らせればどうですかね。どはははは

■2008/06/03 (火) 情報統制国家支那ではひとつのニュースの変遷を追いかけると独裁政権の意図が見えてくる

■2008/06/02 (月) 明後日19周年を迎える天安門事件と今回の四川大地震の気になるいくつかの一致点

■2008/06/01 (日) 「保険がきくからマッサージ受けていかない?」とあなたは接骨院で言われたことはありませんか?それ、違法です

■2008/05/31 (土) ひととしての誇りのために生活保護費ではなく「貸与」をもっと真剣に考えてもいいのではないかと思わせる茨城県の物語

■2008/05/30 (金) 自衛隊機派遣中止。もし行くなら日の丸を消して飛ぶ可能性まで私は考えていた

■2008/05/29 (木) さあ自衛隊の悪口で食っている朝日新聞が大好きな支那へ救援に飛ぶ空自をどう報じるか楽しみだなあ

■2008/05/28 (水) 国会が「ねじれ」ているからこそ機能した公務員改革法案の与野党合意

■2008/05/27 (火) 中学高校大学と10年やっても英語が身につかないので小学校3年生から教え始めてみるんですって(嘲)

■2008/05/26 (月) 2.26事件のあの関係者の息子を通訳の御用掛に起用した『畏るべき昭和天皇』について書いた『週刊文春』は必読

■2008/05/25 (日) 小泉さんが表舞台に出て、なおかつ出し惜しみしていることの意味を本当の国家のスポンサーである国民はもっとしっかり考えよ

■2008/05/24 (土) 広島の高校生たちが自衛隊駐屯地で研修したと糾弾、久々の正当派『築地をどり』に注目(笑)

■2008/05/23 (金) 新憲法案への投票に記名をさせておいて反対票を投じた人々を弾圧するミャンマー軍政の暴虐

■2008/05/22 (木) ゆうちょ銀行ねんきん機構まさか職員が漢字書けないから平仮名じゃ…。わはははは

■2008/05/21 (水) 四川大地震が炙り出した支那政府改革派と軍との底知れぬ暗闘

■2008/05/20 (火) 「初めて一般人民のために哀悼日が設けられた」と喜ぶ国のどこが共産主義国家だ

■2008/05/19 (月) サザンオールスターズ活動休止。始まったものにはすべて終わりがあるが、終わりはすべて終わりではない

■2008/05/18 (日) 長きにわたり拘留されても私たちに感謝して去っていったタシィ・ツゥリンさん独占会見記

■2008/05/17 (土) 釈放された、長野市の聖火リレーの時に逮捕されたチベット人義士タシィ・ツゥリンさんに会ってきた

■2008/05/16 (金) ついに「テーマソング」まで流し始めた支那の体制強化のための救援活動大宣伝

■2008/05/15 (木) 四川大地震で軍でも消防でもなく武装警察が強行軍で震源地に一番乗りしたことの不気味な意味

■2008/05/14 (水) 支那でもミャンマーでも独裁者の圧政と腐敗のツケは子供たちに回されている

■2008/05/13 (火) 四川省大地震ですぐ北側のチベットの被害が伝えられないことと「核の存在」の恐怖

■2008/05/12 (月) 長野市で早稲田で奈良で支那の独裁者側に立って「民衆に銃を向けた」政府に対して私たちは何をしようか

■2008/05/11 (日) 聖徳太子の精神すらちゃんと表現できぬくせに鹿坊主に500万円も払う土地での遷都イベントなどやめちまえ

■2008/05/10 (土) 移民100周年を迎えたブラジル日系人の方々に歌の贈り物をした、義と志あるひとびとの物語

■2008/05/09 (金) フリーチベットを叫ぶ学生たちを機動隊に恣に規制させた早大は「学の独立」など校歌から外してしまえ

■2008/05/08 (木) 胡錦濤押し売りのパンダに「テンテン」「ミンミン」という餃子屋の名前つけろと関西ローカル提案が読者から・笑

■2008/05/07 (水) 晩餐会で胡錦濤にチベット餃子『モモ』を出し「閣下、これはチベット製なので安心です」と言ってやれ

■2008/05/06 (火) 「暖春の旅」とやらの胡錦濤さん、北京では春かもしれないが日本国はいま薫風香る初夏という季節ですよ

■2008/05/05 (月) 長野市の「恥の灯」を巡る不逞支那人どもの親玉を堂々と首相官邸に呼ぶ福田康夫の見識

■2008/05/04 (日) 19世紀末と20世紀初頭の今日5月4日に起きたことを振り返り現在の日支関係を考える

■2008/05/03 (土) 先客の食べ残しということもわからずに経費で何万円も払う船場吉兆の客からは消費税500%とったれ!

■2008/05/02 (金) 「値下げ」の時あんなに「混乱」の恐怖を煽ったくせに「値上げ」では口を拭っている政府の欺瞞

■2008/05/01 (木) 世界最悪の環境破壊大国が世界でもっとも人気のある希少動物を独占しているとい皮肉

■2008/04/30 (水) 売国総理の延命のために国民が支那人に殴られっぱなしを放置される国家とは何だろう

■2008/04/29 (火) 右翼でも左翼でもない良民常民の皆さんが長野市で立ち上がったことの意味の重さよ

■2008/04/28 (月) 自国民を護らず支那人どもの暴力を看過し「逮捕者なし」と外相が胸を張る政府などとっとと倒してしまえ

■2008/04/27 (日) 平成20年4月26日の長野市での光景を記憶せよ!私たちは今後さまざまな場面で思い出す必要に迫られるだろう

■2008/04/26 (土) 今日の長野市の光景を目に焼きつけよ。支那の暴虐を看過し続けるならやがてあれは東京での光景になる

■2008/04/25 (金) 日本人の伝統文化たる諧謔や皮肉はては「おたく」の精神を、いざ長野で汚れた聖火にぶつけよう

■2008/04/24 (木) BPOが光市事件報道に意見?放送倫理・番組向上(嘲)のためならば、支那の圧力に屈しているアノ番組に警告すればどうだ

■2008/04/23 (水) 光市母子殺人事件で裁判所に正しい判断をさせたのは世論という名の「裁判員」である

■2008/04/22 (火) 聖火を巡る「暴力」が「妨害」ではなく「護衛」に使われはじめた点を注意深く見守ろう

■2008/04/21 (月) なんと私自身の年金が「消えて」いた。舛添厚労相との直接対決を今日の『ムーブ!』でオンエア!

■2008/04/20 (日) 今日も読んでいただく『天国のいちばん底』の底ではなく真ん中や上に住んでいた連中と久しぶりに会ってきた・笑

■2008/04/19 (土) 世界を駆けめぐった「義の寺院」Zenkojiの名はチベットの義士たちの胸に刻まれるだろう

■2008/04/18 (金) 支那の聖火警備員受け入れを巡る、もはや国家としての統制がとれていない日本国の醜態

■2008/04/17 (木) 人権擁護法への賛否論議が高まる中、昨夜NHKが『その時、歴史が動いた』で全国水平社を扱った意図は?

■2008/04/16 (水) 鹿坊主を押し通す主催者と黒幕の代理店はかつてソニーが涅槃仏のCMを中止したのを知っているのかね

■2008/04/15 (火) 老人医療費がかさむ国というのは実に誇らしくおめでたい国家ではないのだろうか

■2008/04/14 (月) 義士たちの力で善光寺の境内に揺らいだ義の灯を全国の良民常民の手で26日までにもっと大きなものにして行こう

■2008/04/13 (日) 野茂英雄選手の人生に見る、最初の成功の果実をどう生かして「よく生きる」べきかということ

■2008/04/12 (土) 明日、日本人と信州人と僧侶としての誇りをかけたチベット虐殺追悼の催しがあの善光寺で

■2008/04/11 (金) その手をチベット人の血で2度も汚した胡錦濤を「ピンポン外交」で迎える早稲田大学の見識

■2008/04/10 (木) 今この瞬間、あなたやあなたが立つ大和島根の同じ土の上にダライ・ラマ猊下がおられます

■2008/04/09 (水) サルコジの対話要求ヒラリーの開会式出席拒否発言、支那にとってのこの大危機をなぜ日本メディアは分析しないのか

■2008/04/08 (火) 聖火リレー妨害競争は鈍重な「前近代的国家」と軽やかな「現代的批判精神」との「文明の衝突」だ

■2008/04/07 (月) こうなるとあらゆる国がどうやって支那聖火を妨害するか智恵とユーモアを競い合うだろう

■2008/04/06 (日) 書寫山圓教寺執事長・大樹玄承師、あなたは辛うじて日本国仏教徒の誇りを護って下さいました

■2008/04/05 (土) 「国家政権転覆扇動罪」がある限り支那は共産党による独裁支配が永遠に続くという理屈

■2008/04/04 (金) 熊本の『子棄て箱』に障害児が棄てられるという戦慄すべき事態と、それを報じぬ大マスコミへの重大な疑義

■2008/04/03 (木) 青森で殺された9歳の少年が遺した詩の、気になるあまりにうますぎるテクニック

■2008/04/02 (水) 「昨日の立候補宣言は四月馬鹿でした。実は兵庫県知事選に…」「いいかげんにしなさいってば」。どはははは

■2008/04/01 (火) 次期衆議院議員選挙への立候補について

■2008/03/31 (月) 聖火に独裁者どもの生家を巡らせる段階でもう五輪精神は踏みつけにされていると知れ

■2008/03/30 (日) 3月30日の日曜日「フランシーヌの場合」から読み解く、あの頃と変わったこと変わっていないこと

■2008/03/29 (土) 戦場で生死に「軍が深く関与」するのはあたりまえを知らぬ低能裁判官に左巻きは大喜び

■2008/03/28 (金) 道路財源一般財源化という福田発言は自民党ぐるみの八百長という見方

■2008/03/27 (木) 道路にタカるためならあとだしジャンケンでもなんでもあり「農道を一般道に」だって

■2008/03/26 (水) ガソリン税暫定税率撤廃は、放蕩息子から無理やり金をとりあげる父親効果を生む

■2008/03/25 (火) 金川真大にとっての「世界に一つだけの花」が大量殺人だったという恐るべき想像

■2008/03/24 (月) チベット虐殺に支那国内の知識人が命をかけて声を上げているのに隣国のコメンテイターの腰が引けてどうする

■2008/03/23 (日) 中共に妥協的で清潔なエリート」台湾新総統馬英九は果たしてそんなにわかりやすい人物か

■2008/03/22 (土) 同じ仏教徒の血で汚れた胡錦濤の手を握る人物に操られて公明党はどの口で平和を言う

■2008/03/21 (金) 「天気晴朗ナレド波高シ」江田島にて海の防人たちの門出を祝す

■2008/03/20 (木) チベットの人たちへの虐殺は今からこそ密室の中で始まるのだと知っておこう

■2008/03/19 (水) 民主党は参議院で「中国のチベット弾圧を非難する決議案」を可決し解散総選挙に追い込め

■2008/03/18 (火) 五輪が自由と平和のための祭典ならばチベットの人々を救うための武器としてこそ使われるべきだ

■2008/03/17 (月) ダライ・ラマ猊下の呼びかけに応じメディアは徹底的に真実を報道せよ

■2008/03/16 (日) いま世界中でもっとも危うい橋を渡っているのが支那の独裁者どもだと報じぬメディアの鈍感

■2008/03/15 (土) チベット蜂起!勇士たちよ、支那という独裁帝国の崩壊の引き金を君たちは引いたのだ

■2008/03/14 (金) 太平洋分割管理を持ちかけた支那のつけあがりを逆に外交利用せよ

■2008/03/13 (木) 国会会期の都合で10兆円単位の私たちの税金が丼勘定されているキチガイ国家

■2008/03/12 (水) 土井少年が感動した月面着陸の翌年のレコード大賞が岸洋子の『希望』だった

■2008/03/11 (火) 人の国でメディアを恫喝する支那の五輪でまともな報道なんて出来るのかね

■2008/03/10 (月) くだらない休日増やすなら今日という日を虐殺記念日として祝日ならぬ国民の忌日とせよ

■2008/03/09 (日) 混ぜる」という行為で政治家や役人がどれほど私たちを騙しているかについて

■2008/03/08 (土) いよっ!「環境エセ同和」シーシェパードの見事な「海の当たり屋」ぶりっ!

■2008/03/07 (金) そもそも」がわかっていない馬鹿が吐き出す空論が支那の黄砂の如く今日も世間をおおっている

■2008/03/06 (木) 三河豊田は車で持つが、尾張名古屋は城で持つ…。私の間違いから尾張三河論争勃発(笑)

■2008/03/05 (水) 航空機産業に本格参入しようという国にロクな国際空港がない政治の貧困

■2008/03/04 (火) 手錠を映せないので容疑者の生中継ができないというこの国の大マスコミの本末転倒

■2008/03/03 (月) 禁止されているので混入不可能と支那が主張のメタミドホスがトン単位で出回る笑止

■2008/03/02 (日) あなたや、あなたの子どもたちが生れた時からどれほどの借金を背負っているかをなぜかメディアは大きく報じない

■2008/03/01 (土) イージス艦の事故で国会で泣く程度の総理大臣にこの国を託していることへの途方もない不安

■2008/02/29 (金) 支那の開き直り会見を「前向き」と評価する傍観首相に日本人は毒殺される

■2008/02/28 (木) 非行の餓鬼よりもそれを叱った警官の行動が問題視される人権屋国家の本末転倒

■2008/02/27 (水) 「軍」と「警察」の役割分担の混乱を巧みについて自衛隊批判をする朝日新聞の卑劣

■2008/02/26 (火) ロス市警の「新証拠」は三浦に「一美さん殺害を持ちかけられたが実行に至らなかった男」ではないか

■2008/02/25 (月) 27年ぶりに蘇った「疑惑の銃弾」が教える当時と今のメディアの劇的変化

■2008/02/24 (日) 三浦和義アメリカで逮捕。「疑惑の銃弾」の余韻さめやらぬ文春に私は入社した

■2008/02/23 (土) お誕生日に際し、皇太子殿下が置かれているお立場を敢えて踏み込んで評し奉る

■2008/02/22 (金) 『あたご』が「何をしながら横須賀に向かっていたのか」が今後の焦点になるだろう

■2008/02/21 (木) サッカー対支那戦でわかった北京五輪で吹きまくられるであろう「中国の笛」

■2008/02/20 (水) あの漁船がテロリストの自爆ボートだったらと、自衛隊は事態を深刻に考えよ

■2008/02/19 (火) ガソリン税の「利権談合共産主義的一般財源化」はとうに全国で進んでいる

■2008/02/18 (月) おいしい小名浜ロケから帰ってきたらパソコンクラッシュのピンチ!でもお送りします!!

■2008/02/17 (日) 小名浜紀行

■2008/02/16 (土) 40年間にわたり授業時間を減らし続けて亡国の淵に追い込んだ責任は誰がとるのか

■2008/02/15 (金) 農水省取材続報。「役所天動説」と「天下り原理主義」こそが官僚組織の宿痾だ

■2008/02/14 (木) ミートホープ社元常務と突然乗り込んでいった霞が関の役所は利権談合共産主義の巣窟だった

■2008/02/13 (水) 即座に捜査員を各基地のゲートに貼り付けて強姦魔の逃げ込みを阻止した沖縄県警の勇断

■2008/02/12 (火) 「思いやり予算」で作られた租界から外に出るなら米兵は「基地外」と書かれた帽子をかぶれ!

■2008/02/11 (月) 餃子に毒物混入の支那人は工場の末端従業員ではなく幹部であるこれだけの可能性

■2008/02/10 (日) 東京や大阪で雪に悩まされても迷惑よりもどこか少し嬉しい感じがするのは人の環境に対する自然な情念なのだ

■2008/02/09 (土) 大阪市民のカネ400億円で作った施設を韓国人に26億円で売却して誰も責任をとらない異様さ

■2008/02/08 (金) 初場所が終わり北の湖が理事長4選されるのを待って前時津風逮捕の談合ぶり

■2008/02/07 (木) 赤福販売再開に夜明け前から行列を作る「行列馬鹿」を巡る一考察

■2008/02/06 (水) 2度目の混入発覚で支那の毒餃子事件は単なる衝動犯ではない複雑な展開の可能性

■2008/02/05 (火) 労働者の権利が保証されない支那の体制下では商品の安全は絶対に生れない

■2008/02/04 (月) 故意の混入の可能性が高まった毒餃子事件の裏で見逃されがちなニュースを拾う

■2008/02/03 (日) 都心大雪。久しぶりに都会に降る雪が子どものころの記憶を蘇らせるのはなぜだろう

■2008/02/02 (土) 発表のタイムラグ、パッケージの穴。支那の毒餃子事件には情報操作の匂いがする

■2008/02/01 (金) 春節前に毒餃子が出回るというのは日本で言えば雑煮に毒餅が入るようなもの

■2008/01/31 (木) 毒餃子ナンテ支那デハアタリマエネ。マズ一人ガ食ベテ死ナナカッタラ家族ミナ食ベルヨロシ

■2008/01/30 (水) 借りを作った与党に尻尾を振ってガソリン値下げ阻止に賛成の「弱者に優しい」橋下新知事

■2008/01/29 (火) 昨日初公判のミートホープ事件の真相を元常務が『SPA!』『ムーブ!』で実名告発

■2008/01/28 (月) 橋下新大阪知事が同和利権とどう向き合っていくかを全国的に注視せよ

■2008/01/27 (日)ガソリン減税は不要と平気で言い放つ北海道や北陸選出の自民党幹部の次の選挙が楽しみだ

■2008/01/26 (土) 昨日の羽田空港で即興オンエアされた『三宅勝谷のANAはそんなことで委員会』(笑)

■2008/01/25 (金) 特定」×「暫定」×「つなぎ」の偽装の三乗をしてでも役人のネコババのためにガソリン税が欲しいらしい

■2008/01/24 (木) 「読み書きそろばん」が出来る子供が高校や大学に行くという真っ当な教育の復活を

■2008/01/23 (水) 政権維持のために「偽装景気」を吹聴してきた政府与党に株式市場の冷酷な死刑宣告

■2008/01/22 (火) 日本国の大失敗をそのまんま真似したアメリカに「バブル崩壊教え隊」を派遣しては?(笑)

■2008/01/21 (月) センター試験が大きなニュースにならなくなったころからこの国は沈み始めていないだろうか

■2008/01/20 (日) 大手製紙メーカーを信じて名刺に「再生紙を利用しています」と入れていた大勢の良民常民は嘘つきにされたわけだ

■2008/01/19 (土) NHKのインサイダー取引報じながら「実はうちにもいるんだなあ」と腰が引けている大マスコミの皆様

■2008/01/18 (金) 篠山市での「イノシシ食って委員会」現場中継報告。まだ続いています(笑)

■2008/01/17 (木) 今年初めての雪を丹波篠山で見ています

■2008/01/16 (水) 環境や動物を食い物にする奴らに、またころりと騙される人が多いんだよなあ

■2008/01/15 (火) 自爆テロ船がぶつかるまで撃てない軍艦がインド洋にいることをテロリストが知る恐怖

■2008/01/14 (月) ガソリン税を巡る攻防の3月下旬の気温よ高かれと公明党は南無妙法蓮華経(笑)

■2008/01/13 (日) エロなまはげ大浴場に乱入っていう事件、もちろん良くはないけど大和ごころをくすぐるなあ

■2008/01/12 (土) 自衛隊の海外派兵は解散総選挙をへて恒久法を制定した上でというのが防人たちへの義であり礼である

■2008/01/11 (金) 「これで一件落着」ではなく、学研もクウェートもやったことの責任はきっちりとらせよう

■2008/01/10 (木) 支那に命じられて地球儀の国名表記を曲げた学研という腰抜け売国企業

■2008/01/09 (水) 酔っぱらって運転して人を轢いてしまったならまず逃亡して水を呑めと言っている外道判決。

■2008/01/08 (火) 将来的に大阪市を大阪府に吸収合併する「なにわ統合」構想は道州制の先駆けとなるか

■2008/01/07 (月) 大阪府知事選の告示前の攻防そのものが今年の中央の政治を占う縮図だ

■2008/01/06 (日) ハンドボール再予選問題の背後から読み取れる原油高騰による国際パワーバランスの変化

■2008/01/05 (土) 総理大臣が年頭会見で食品偽装がバレた会社の社長のように頭を下げ続けるまさに偽装国家

■2008/01/04 (金) 世界同時株安のスイッチが入り、ちょうど今ごろその津波が地球を走り始める

■2008/01/03 (木) 「酒呑みの神様」と昼下がりの赤坂で呑んで私の正月がやってきた・慶笑

■2008/01/02 (水) 「10年以内に世界最高の所得水準」を掲げる経団連の良民常民感覚との乖離。

■2008/01/01 (火) 私たちは坂の下に立っている。だからこそ坂の上の雲を掴みに行ける喜びを知ろうではないか。