2018年11月10日 都内某病院の病室内にて

勝谷誠彦が入院中の病床から語る

勝谷が入院中の都内の某病院から語ります。

※なかなか再生が始まらない場合は、アクセスが集中していることが考えられます。しばらく時間を置いてから再度再生させてみてください。

最初の話は挨拶代わり。自分が入院している病室の説明。途中で看護師さんが入ってくるまで。(3分42秒)

標準速度

1.5倍速

看護師さんが点滴の確認をして戻っていったので、続きを話し始めます。体内の臓器が悪くなっていることや脳に障害が出る「肝性脳症」になっていることなど(※:肝性脳症ではないという話もあります)。徐々に話は外れていき、人生を壊してしまうことについてや、最後は「ノブレス・オブリージュ」まで出てきます。ヨロンとの思い出話も。

標準速度(9分57秒)

無音部分を短縮(9分19秒)

さらに1.5倍速(6分13秒)

このあとは、アメリカ中間選挙について語ります。

 

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。