2019年10月18日号。<ぶっ壊すことが出来ない参院選埼玉補選 / マラソンと競歩の札幌開催で「華」を失う東京 / 東須磨小学校の教諭虐め問題に勝谷誠彦知事が取り組んだら / 八ッ場ダムを治水事業を考えるきっかけに>

 おはようございます。ヨロンです。

 昨日は、珍しくスタッフ無しのノートラブルで『新・血気酒会』を配信できたのですが、全編を通じて「シャー」という音が入ってしまいました。これはT-1君のノートパソコンのファンの音で、始める前に気がついていたのですが内容に気を取られて対策を忘れてしまいました(涙)。
『新・血気酒会』第13弾
https://www.youtube.com/watch?v=O6_bGLvJp2c

 実は、最初から眠くて、顔は浮腫んでいるし、髪は寝癖のまま。KISSのドクロTシャツを着てのぞんだ割には結構キツかったのですが、後半にはおなじみの総務官僚木村敬さんも来てくれて、結局1時間強の配信となりました。
 内容は、1年前の勝谷さんの様子や、一周忌イベント、台風19号、治水事業、八ッ場ダム、ラグビー、神戸市立東須磨小学校の教諭虐め問題など、結構多岐に渡りましたが、本来であれば木村さんのような専門家を最初から呼んで突っ込んだ話をしたかったと思います。

■ぶっ壊すことが出来ない参院選埼玉補選

 現在行われている参院埼玉選挙区補欠選挙(27日投開票)は、すっかり話題も無くなってしまいましたが、情勢がほぼ決まったようです。私が顧問をしている選挙ドットコムの調査。
<参議院埼玉補選の序盤情勢は上田氏大きくリード、立花氏ネット上で一定の支持|電話調査+ネット調査【速報】>
https://go2senkyo.com/articles/2019/10/15/45260.html
<調査を分析したところ、無所属で前埼玉県知事の上田清司氏(71)が大きくリードし、NHKから国民を守る党の党首で前参議院議員の立花孝志氏(52)は大きく出遅れている状態となっています。なお、電話調査、ネット調査共に4割以上の有権者が態度をまだ決めていない状態です。県内の政党支持率は以下の通りです。>

 私は10月9日のメールで以下のように書きました。
<通常であれば、それでも上田氏が圧勝し、立花氏は泡沫的な敗け方になるのですが、意外と結果が見えないというのが、今のところの予想です。>
 まだ選挙は10日間残っていますが、ほぼこのとおりとなるでしょう。投票率も30%を割るのではないか。
 ホリエモンにはこの『××な日々。』が送られていて、おそらく読んではいないと思いますが、彼は立花氏のことを絶賛しています。確かに立花氏は恐ろしく頭の切れる人で、7月の参院選での選挙区の候補者の出し方は見事と言うしかありませんでした。
 しかし、その後の言動を見ていると、奇抜な行動でメディアの注目を集めて党勢を拡大していくという手法は、一定の支持を集められるものの自爆するな、と確信したのでした。
 結局、これはそのまま埼玉補選に反映され、上田氏圧勝となるでしょう。立花氏は敗けても次に切り替えて、衆院選か来年の東京都知事選を目指すことになると思いますが、ネットを中心に面白おかしく取り上げられる弱小政党のままでいくことになります。芸能界で言うと、坂口良子さんの娘の坂口杏里さんのような「お騒がせタレント」的なものでしょう。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。