2019年4月5日号。<5Gって何?/忖度副大臣は選挙の責任まで取らされる>

 おはようございます。ヨロンです。

 さらにやってしまいました。昨夜、帰宅しようと半蔵門駅の階段を降りてきたところ、停まっていた電車にギリギリ間に合いそうだったので、グッと踏み出した瞬間「バチン!」と。正確にはふくらはぎの肉が骨からねじれながら剥がれた感じ。「グリュっ!」。
 そこからは激痛に耐え、びっこ引きながらいつもの倍の時間をかけて帰ってきました。
 せっかく良くなりかけてきたのに……。じっとしていると痛みは無いので、2011年に「バッチーン!」と肉離れしたときよりは良いようです。
 2011年も今くらいの時期でした。震災後で「計画停電」の最中。エスカレータやエレベータが停まっているところも多く、松葉杖をつきながら途方に暮れたことを思い出します。

 松葉杖をつきながら電車に乗ると、席を譲ってもらえるのですが、どうにもそれが恥ずかしくて、一週間も使いませんでした。ゆっくりなら杖を使わなくても歩けたということもありますが。

 それにしても、自分のバカさ加減には呆れます。よく勝谷さんが、家の中で転んだとか躓いたとかで怪我をしていたのを見て「ばっかじゃねーの?」と笑っていましたが、自分もあまり変わりません。少なくとも一週間は走れないな。

 呆れると言えば、自分の見通しの甘さにも呆れます。 昨日ご紹介した水島二圭先生による「令和」ですが、最初に設定した販売数30枚があっという間に売り切れて、多くの問い合わせが来てしまいました。
 作品は、和紙風の用紙に印刷したものなので、制限をもうけなくても良かったのですが、先生も「まったく要望がなかったらどうしよう」と心配されていたので、それほど多くは来ないと思ってしまいました。
 問い合わせをいただいた分には再開したことをお知らせしましたが、携帯(特にドコモ)からの問い合わせに返事してもエラーで返ってきてしまったり、売り切れていて諦めた方も多いと思うので、もう一度紹介させていただきます。
https://seironkai.thebase.in/items/19003856

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。