2018年12月18日号。<勝谷嵐に振り回されながら作り続けた本たち:内山正之>。

 おはようございます。ヨロンです。 昨日の方針発表とともに、多くのメールをいただきました。問い合わせ関連は、今私がてんやわんや状態なので、迂闊屋Dに確認してもらっています。 多くの励ましや安堵のメッセージありがとうございます。中には厳しいものもありますが、『ボヘミアン・ラプソディ』でも、一部のクイーンファンからすると批判の対象となります。迷ったあげく、楽な方に流れてやめてしまうのであれば、勝谷さんの好きなことばで星飛雄馬も座右の銘としていた、竜馬の「溝の中でもいい。前のめりに倒れて死んでいけ」を思い起こしてやってみます。  ひとつ説明が足りなかったようでした。すみません。通常の「会員」に、毎日のメールを”加えた”ものが「メール会員」ですので、「メール会員」はすべてを含んでいます。よろしくお願いします。  今回は、西日本出版の内山正之社長の追悼文をお送りします。『xxな日々。』でも、よく「共

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。