2018年12月7日号。<勝谷誠彦という人間の生き方が何より「小説」的だった>。

 おはようございます。ヨロンです。  東良美季さんが追悼文を送ってきてくださいました。トーラさんと勝谷さんのつながりは、ユニークかつディープなもので、それだけにいろいろと感じることも多いと思います。 「小説」的だった勝谷誠彦の生き方 東良美季(作家)

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。