2018年10月12日号。<豊洲、行ってみたい。その前に、まだ残滓の残る築地を、みんなで散歩ツアーでもしましょうか←ちょっと元気に>。

 3時起床。
 何もかもがよくわからない。退院後に、普通はご家族なのだが、ご家族がいらっしゃらない私などはヘルパーをつけた方がいいと強く言われた。身体のすべての数値がよくなったから責任を持って退院をさせていただいたわけで、それでそのあとの生活が成り立たないなどということはないだろうと、もちろん私は強気で考えた。
 成り立ちませんね(きっぱり)。今後、ご自身や家族や親しいひとたちが、私のような運命に見舞われた時には、ぜひとも考えておいて欲しい。いや、私のように大病やあるいは事故でだけではない。他の事情でも、ひとり暮らしのひとは、しばらくそこから離れたあと、もどれば、なかなかたいへんな人生が待っている。
 私の,酒でひっくりかえってから生還するまての馬鹿馬鹿しい出来事を、本にしたいという声もなくはないのだが、ぜひともこのエピローグまでいれてナンボだろう。いやエピローグになるのかエンディングになってしまうのか、それも怪しいぞ。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦のxxな日々。』

コラムニストの勝谷誠彦が、365日(1999年より実績)原則として毎朝10時までに配信する5000字におよぶ有料配信メールです。日記とはいえ、その日一番新しいニュースに対する勝谷独自の切り口によるコメントが満載です。酷い鬱のときも出し続けた「魂の日記」をぜひご購読ください。

1ヶ月以上続けてご購読頂く場合、ご入会月は無料となります。