2018年10月7日号。<深夜盛り場バス一台、少女の人生、わかれみち>。

  • <ノーベル平和賞受賞2氏、性暴力と戦う勇気示す>
  • <マンデラ氏生誕百年、オバマ氏ら演説 「不確かな時代」への警鐘も>
  • <自衛隊が救援活動開始/インドネシア地震の被災地で支援物資輸送>
  • <夜の街さまよう少女のための「巡回バス」/新宿で開始式>

 

 3時起床。まだ病室。
 半分以上は意識がなかったので私のせいではないのだが、一月以上いると、すっかり病室はどこぞのアパートみたいになっている。冷蔵庫だのタンスだの、備品なのに自分が持ってきたような気になって、引っ越し業者を…をいをい。明日は出ていかなくてはいけないので、今日中に荷物をまとめなくては。
 そう思って動き出すと、やはり身体はまだ本調子ではない。まあ、いのちひとつ持ち帰ることができただけでも、よしとしなくては。教授以下、さまざまなお世話になった方が、最後の様子見に、病室にやってくる。いずれに対しても私は最敬礼である。「いのちひとつ、持ち帰ることができました」だ。
 

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦のxxな日々。』

コラムニストの勝谷誠彦が、365日(1999年より実績)原則として毎朝10時までに配信する5000字におよぶ有料配信メールです。日記とはいえ、その日一番新しいニュースに対する勝谷独自の切り口によるコメントが満載です。酷い鬱のときも出し続けた「魂の日記」をぜひご購読ください。

1ヶ月以上続けてご購読頂く場合、ご入会月は無料となります。