2018年7月20日号。<ダム放流で、何度か死にかけた体験があった>。

  • <東京で岡山県出身学生が募金活動/豪雨被災地への支援呼び掛け>
  • <豪雨ダム放流の検証始まる/国「適切」、住民に怒り>
  • <児童福祉司2千人増員へ/22年度、現状の1.6倍>

 

 4時起床。
 7月のこの時期になるとなんだかそわそわする。20日でしょう。私が子どものころ、夏休みは24日とか25日からではなかったか。灘校にいたころは、ろくに学校に行っていなかった…いや、皆勤賞を目指していた私は午後には行っていたのだが、それでも休みになってくれるというのは嬉しい。小学校の時はマジメに全コマ通っていたので、ますます嬉しかった。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。