2018年7月18日号。<被災地の ごみ見て痛む心には こんなにもモノ 買っているのだと>。

  • <災害廃棄物、想定の3倍超/自衛隊も追加投入/真備町>
  • <W杯ロシア大会 フランス代表、パリ凱旋/30万人が歓喜>
  • <トランプ外交/同盟を軽んじる危うさ>

 

 
 3時起床。
 もちろん、パソコンが危ないから少し早起きしたのである。ええ。お約束通りの狂いぶりで。また誤解を招きそうだが、私も母などを看とったことがあるので言う資格は多少はある。認知症のひとの面倒をみるというのはこういうことなのだなと。相手の振舞いに予想がつかない。
 
 厳しいのは「あっ、まともじゃん」と思わせられることだ。ひとの心はそこで平穏に着陸する。だから、そのことを裏切られた時の衝撃は大きい。ずっと「こんなもんなんだろう」とやっていくことよりも、はるかに厳しいのではないか。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦のxxな日々。』

コラムニストの勝谷誠彦が、365日(1999年より実績)原則として毎朝10時までに配信する5000字におよぶ有料配信メールです。日記とはいえ、その日一番新しいニュースに対する勝谷独自の切り口によるコメントが満載です。酷い鬱のときも出し続けた「魂の日記」をぜひご購読ください。

1ヶ月以上続けてご購読頂く場合、ご入会月は無料となります。