2018年6月8日号。<子どもを護る。子どもを育てる。いちばんのテーマがよくわかっていない政党なんて、いらんのとちゃう?私がやるか>。

  • <「パパ、ママいらん」「でも帰りたい」 亡くなった5歳児が、児相で語っていたこと>
  • <米朝会談、会場はシンガポール最高級ホテル。一泊82万円の部屋も>
  • <天声人語/時の鐘>

 

 3時起床。
 いちねんでいちばん、夜明けが早いこれからの時期。そのころに散歩するのが私の愉しみだ。いま、どこかからツッコミが入った。夜明けの街にジジイばかりが歩き回っているのはそういうことですね、と。この歳になってわかることもあるよ。

 ジジイばかりではない。この時刻の散歩で私は名前も知らない知り合いがたくさんできている。コンビニではおそらくは学生のO川君だ。「おはようございます!」と元気である。外に出るのはだいたいこの一回にしたいので、ここで何日分かのワインや焼酎を買う。「今からお寝みですか」とか満面の笑顔で言われると恥ずかしくて仕方がないのだが、テキトーにうなずいておく。
 その店はチェーンの中でも基幹店なので、新しい試みをいろいろとする。「イートイン」もそうで、店内にテーブルを作って買ったものを食べさせようということだ。今のところ、失敗している(笑)。これもすっかり顔見知りの私よりも少し先輩のおっさんが二人、いつも酒を呑んでいる。持っているカバンから突き出しているのは誘導灯で、さきほどまで近くの道路工事現場でそれを振っておられたのだろう

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦のxxな日々。』

コラムニストの勝谷誠彦が、365日(1999年より実績)原則として毎朝10時までに配信する5000字におよぶ有料配信メールです。日記とはいえ、その日一番新しいニュースに対する勝谷独自の切り口によるコメントが満載です。酷い鬱のときも出し続けた「魂の日記」をぜひご購読ください。

1ヶ月以上続けてご購読頂く場合、ご入会月は無料となります。