2018年5月31日号。<まあ、辞めてこうして毎日みなさんとやりとりできてよかった。名前も知らないひとが、古巣の社長だもんね>。

  • <病と向き合う>
  • <越主席夫妻招き宮中晩餐会/両陛下ご主催は最後か>
  • <ロシアの「射殺」された記者、実は生きていた/ウクライナ当局が暗殺阻止の「特殊作戦」と発表>
  • <文芸春秋、松井社長が退任へ/中部常務が昇格>

 

 3時半起床。
 だるいな、と思って熱を計ると37度の手前。昨日の昼のことだ。やや、というのはこういう時は誤差を考えて2、3回ためすからである。はたして、そのたびに違う。ときどき、私はこういう熱を出す。他の症状がないので、嫌なかんじ。というのも、小学校の時に、同じようなことがあって、なんとそれが結核だったのだ。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。